こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)コンフォートホテル神戸三宮 新築工事 

comforthotel09.jpg

雲井通4丁目の朝日パーキング跡に建設中である(仮称)コンフォートホテル神戸三宮。鉄骨建方が完了し、建物全体が足場と養生ネットに覆われたので、もう竣工間近のお盆から9月位まではベールに包まれて工事の進捗が分からないので取材不要と思っていたのですが、ちょっと様子を見に行ってみると、すでに足場は撤去されていてネットも中が透けて見える薄いタイプに変わっていました。

comforthotel11.jpg

すでに外装材の取り付けが全て完了しており、窓枠も嵌め込まれ、一部の窓にはガラスもすでに入っています。PC部材をかなり多用しており、工期の大幅な短縮が図られているようです。

comforthotel10.jpg

低層部周りの仕上げ工事は作業用エレベーターの撤去後、1番最後です。

comforthotel12.jpg

求人媒体によるとこのホテルの開業予定は9月のようです。昨日、取り上げた7月開業の神戸ルミナスホテル三宮、北野で8月にオープン予定のピーナッツホテルに続き、コンフォートホテルが開業します。今秋にはレイアホテル神戸元町も開業予定なのでもし10月だと、7〜10月の4ヶ月連続で毎月1ホテルが新規開業する事になりますが、レイアホテルの建設は遅れ気味なので年内のオープンは難しいのではと思っています。

読者の方から日本政府観光局(JNTO)が主催するインバウンド商談会「VISIT JAPAN Travel Mart ASEAN・INDIA 」の神戸誘致に成功したという神戸市記者発表についての情報を頂きました。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2018/04/20180413142001.html

この商談会は東南アジア・インドの計7カ国から旅行会社のキーパーソンを招請し、全国の自治体や観光関連企業・団体が参加して、より多くの訪日旅行者を呼び込むために各都市のPRを行うものとの事です。神戸てむの開催により、これらのキーパーソンに対して神戸の魅力をアピールできる格好の機会となります。

訪日客の爆買いが沈静化し日用品への購買にシフトしているのはリピート客が増加している事の裏返しかと思います。最初の訪問地に神戸が選ばれる事は困難ですが、訪日リピート客の神戸訪問増加を増やしていきたいところですね。
関連記事

category: 雲井通4丁目ホテル計画

2018/04/20 Fri. 06:38 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)神戸市中央区江戸町計画新築工事 神戸ルミナスホテル三宮 

luminous139.jpg

いよいよ6月末の竣工があと2ヶ月に迫る神戸ルミナスホテル三宮。三宮の大規模再開発プロジェクトを除いては当ブログで追跡中計画の中で最古参となりました。旧市庁舎4号館の土地建物の譲渡から5年の歳月を経てようやく完成が近づいてきました。

luminous140.jpg

ホテル階の外観はほぼ工事が終わっているものと思われます。すでに楽天トラベル等でホテル情報は閲覧できますが、予約はまだ受け付けていません。公式サイトでは7月オープン予定とされています。

luminous142.jpg

この建物の特長である石造りの低層部構築の工事も始まりました。柱のあるピロティ空間と2階テラス席のあるレストラン等が整備されます。

luminous01.jpg

旧居留地に相応しい重厚な佇まいを携える低層部になる予定です。

luminous138.jpg

完成予想パースにかなり現実が近づいてきました。江戸町筋はオフィス街のど真ん中ですが、昼夜問わず静かで落ち着いた環境です。ホテルの立地としては抜群の環境が整っていますが、もう少し通りに賑わいが欲しいところです。この建物の低層部のレストランカフェが新たな賑わい創出に効果をもたらす事を期待しています。

luminous141.jpg

今年に入り、ユニゾイン神戸三宮、ブレンザホテル、カンデオホテルズ神戸トアロードの三軒がすでに開業し、この神戸ルミナスホテルが4番目となります。旧居留地内としてもヴィアマーレ、オリエンタルホテル、トラスティに次ぐ4ヶ所目です。居留地は神戸を代表するビジネス街ですが、もっとホテルも立地して良いのではないかと思います。まだ東側を中心にコインパーキングが点在しますので、新規のホテル計画にも期待したいですね。まだ神戸未進出のホテルチェーンが複数存在します。神戸空港の規制緩和が実現すれば、現在の流れは加速度を上げていく事でしょう。関西自治体との懇話会の早期開催が望まれます。

関連記事

category: 市役所4号館跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/19 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

姫路駅前の空間整備 

himeji149.jpg

キャスティ21と呼ばれる姫路駅周辺整備計画は駅前エリアのエントランスゾーンとして隣接するコアゾーンの開発が完了しました。現在はこの2つのゾーンに存在する建物全てを歩行者デッキで連結する工事が進められています。

himeji153.jpg

デッキの全長は1km程にも及ぶでしょうか。駅西側の姫路ターミナルスクエアから駅ビルのピオレを経由して、マルイト姫路ビル、テラッソ姫路と続きます。

himeji150.jpg

デッキは更に東に延伸されています。デッキ越しに見える白亜の建物は開校したばかりの姫路医療専門学校です。コアゾーンCブロックは「健康生きがい開発プロジェクト」として、専門学校の他、フィットネスクラブや専用駐車場棟が完成し、尚も高齢者介護施設が建設中です。

himeji154.jpg

そしてこちらがデッキの東端です。

himeji157.jpg

駅ビルピオレとマルイト姫路ビルを連結したデッキです。マルイトビルの竣工に合わせて新設されました。地上階へのエスカレーターやエレベーターも併設されています。

himeji158.jpg

デッキ上の様子です。

himeji156.jpg

現在、すでに整備済デッキと新設デッキの連結及び全区間の屋根の取り付けが進行中です。

himeji160.jpg

大規模な整備を進めてきた駅北側に対し、人通りも少なく裏口感が強い駅南側についても姫路市は再整備を開始しました。駅前広場の再編と再整備に着手中です。

himeji159.jpg

駅中央出口に接して屋根が構築されています。最近の流行りとなっている透過性のある幕素材の屋根を鉄骨フレームで支える構造です。荒天時や日差しの強い時季でも快適な歩行ができると共に自然光を取り入れて明るい空間を目指します。また一般車とタクシーやバス等の公共交通機関を分離し、混雑解消を図ります。

神戸新聞が昨日報じたところによると、姫路市が2018年の住宅を購入して住みたい街近畿ランキングトップになったそうです。西宮北口、桃山台等の並居る強豪相手の快挙です。姫路城という圧倒的なランドマークに牽引をされた事は間違いありませんが、駅前再開発によるイメージアップも多大な貢献をしているのではないでしょうか。ランキングには他に香里園、明石、高槻等、駅前再開発によって利便性や高度利用が進んだ街が勢揃いしています。姫路の都市戦略が奏功した結果が表れているのではないでしょうか。

関連記事

category: 姫路

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/18 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

大丸松坂屋が大丸神戸店と旧居留地の開発に意欲 

daimaru07.jpg

神戸地区の地域一番店である大丸神戸店。直近の年商は824.5億円と前期比微増となり、インバウンド需要で好調な大丸心斎橋店に大丸の店舗におけるトップの座を譲り渡しました。心斎橋店は本館の建て替えによって北館のみを営業中ですが、旧そごう心斎橋本店を買い取って改装した北館は延床面積58,000平方メートルとそれだけで神戸店本館の規模を上回ります。

震災後の震災による店舗再建以降、神戸店は大丸のトップとして君臨してきた旗艦店でしたが、心斎橋店に北館が加わってからは物量で神戸店を圧倒しました。

インバウンド需要をさほど取り込めていない神戸において、百貨店の売上は大阪や京都程ふるいません。大阪では高島屋も大阪店が東京・日本橋を上回ってトップに立つなど西日本においてインバウンド効果がてきめんです。

daimaru05.jpg

大丸神戸店は店舗再建以降、フロアの改装や同店の飛躍の原動力となった旧居留地内にある保有物件やオフィスビル低層部の活用を積極的に進めてきました。その実績はしっかりと積み上げられており、大丸や他百貨店の成功ビジネスモデルとして模範とされていますが、神戸店のこれ以上の成長にはもっと大規模な投資が必要です。

大丸松坂屋社長の好本氏は以前より神戸店は集中的に投資をする対象としていました。最近のコメントでは「震災以降、大型投資をしてこなかったが、旧居留地の開発を含め、積極的に打って出たい」という方針を示しました。

daimaru06.jpg

旧居留地内での開発とは具体的にどういった案件が考えられるでしょうか。大丸は百貨店の建物以外に居留地内に複数の建物と土地を所有しているものと思われます。中でも最も大きいのが大丸カーポートビル。1階をテナント店舗、上階が駐車場になっています。大丸の公式パーキングとして週末はいつも車列ができる人気駐車場です。

daimaru09.jpg

車での来店にはかなりの需要がある大丸ですが、この建物を建て替えて百貨店の売上に貢献させる大型投資が1つのパターンです。継続してパーキング機能は必須ですが、店舗面積を拡大すると共に、建物の高層化と複合ビル化による不動産収益を上げられる建物へと再開発します。上層階はオフィスやホテルとしての用途が考えられるでしょう。松坂屋上野店の再開発でも店舗の一部高層化でパルコへの転換とオフィスの開設を行なっています。

ginsen05.jpg

私の期待と希望を書くとすると、以前から述べているようにGSパークとなっている大丸の南側斜向かいの用地をJフロントが土地の保有者である銀泉と共同で再開発に乗り出す事です。こちらの方が敷地面積が大きくビルの規模も拡大します。大丸の別館としてだけでなく、Jフロント傘下であるパルコの進出先受け皿としても検討が可能です。

sogo-hankyu17.jpg

大丸が神戸店への大型投資を進めたい理由としてその背景にあるのはそごう神戸店の存在と三宮再開発です。大丸は震災後にそごうから地域1番店の座を奪いましたが、昨年、そごうを取得したエイチ・ツー・オーが阪急に建て替える様相が強まっています。またJRによるターミナルビルの建て替え、バスターミナルビルの整備、市役所建て替え、神戸阪急ビル建て替え等、三宮に大型開発が一極集中。大丸が立地する元町の相対的地位の低下と高級感を強みとする阪急への顧客シフトをかなり警戒しているものと思われます。

daimaru08.jpg

大阪の百貨店戦争はJR駅ビルに三越伊勢丹が進出する事で一気に勃発しました。過大投資の消耗戦になると思われていましたが、結果的にはインバウンドの需要を享受する適正で魅力的な受け皿を各店が整備した事になりました。三越伊勢丹という黒船来襲・外圧によって大阪の再開発が大きく動きましたが、神戸でも阪急の三宮進出という言わば外圧に近い形での出店が元町・居留地への再開発を進める事に繋がる可能性が高まりつつあります。

daimaru10.jpg

もう1つおまけとして個人的に大丸に期待したい事があります。それは大丸の北側にある三角地の再開発です。90年代に再開発の機運が高まり、構想が練られたものの地権者合意に至らず、断念された過去があります。Jフロントの力を借りて再度の再開発に挑戦して欲しいですね。船をモチーフとした複合商業ビルとし、1-2階を店舗、3-8階をオフィス、セットバックして9階をレストランとスカイガーデン、ホテルのレセプションホール、10-14階をホテルの構成です。元町交差点の新しいランドマークとする優良再開発として進んでくれたらと思います。

さて、大丸の三宮対抗策がどういう形で表れていくのか今後の動きに要注目です。
関連記事

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/17 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)ドーミーイン神戸元町 新築工事 

dormyinn22.jpg

昨年、解体された神戸りそなビル跡地で計画されているビジネスホテル「(仮称)ドーミーイン神戸元町」。既存ビル解体後、暫く更地の状態でしたが、建設工事に向けて準備が始まった模様を前回の記事でお伝えしていました。

dormyinn21.jpg

工事名称が掲示されました。労災関係成立票によると工期は平成32年5月末までのようです。よって開業は2020年6月頃となり、オリンピック直前です。

dormyinn23.jpg

現場にはアタッチメントのハンマーグラブを付けたクローラークレーンが稼働中でした。仮囲いの中は確認できていませんが、恐らくオールケーシング工法が用いられて、神戸りそなビルの既存杭の解体撤去を行なっているものと思われます。太い鋼管(ケーシングチューブ)を地面に圧入し、ハンマーグラブで解体した既存杭を排出します。

dormyinn25.jpg

作業予定です。障害撤去工事となっています。正確には地中障害物解体撤去で、通常は地中にある既存ビルの地下階や基礎躯体、基礎杭が該当します。

dormyinn24.jpg

従ってまだ暫くの間は既存ビルの解体工事が継続されます。解体が終わると間髪入れずに新築ビルの建設が開始されるものと推測します。ドーミーイン神戸元町は延床面積が約1万平方メートルと現在、建設・具体的に計画されているホテルでは単体として最大規模を誇る建物になります。今後の工事の進捗が楽しみなプロジェクトの1つです。

関連記事

category: りそな銀行ビル跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/16 Mon. 06:26 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

BRENZA HOTELが開業 

brenza01.jpg

うっかりしていましたが、今月初日に雲井通6丁目で建設されていたBRENZA HOTELが開業しました。地上13階 延床面積4,048.08平方メートル 客室数147室のデザイナーズホテルです。段々と業界スタンダードにはなってきていますが、全室にシモンズのベッドを用意し、単に寝る為のビジネスホテルからの脱却をテーマとします。

brenza04.jpg

「グリーン」をコンセプトにしている為、建物の1-2階壁面フレーム部は緑化されました。植栽されたツタ葉は当初はまだ茶色でしたが、気候が良くなるにつれて緑になってきました。

brenza03.jpg

しかしながら地産地消やオーガニック食材を使う肝心の2階の名物カフェは開業が遅れています。内装工事は完了している模様です。またホテルの公式ウェブサイトもまだ存在せず、トラベルサイト等で朝食サービス無しの素泊まりのみウェブ予約を受け付けています。

brenza05.jpg

少し心許ない立ち上がりを迎えたこの新ホテル。カフェの早期オープンが待たれます。これでユニゾイン神戸三宮に次いで今年二軒目の新規ホテルの開業です。これから明日開業予定のカンデオホテルズ神戸トアロード、5月開業予定のリブマックス神戸三宮のオープンが控えており、今年前半は合計4軒のホテルが誕生します。その後も年内に神戸ルミナスホテル三宮、ピーナッツホテル、レイアホテル神戸元町、コンフォートホテル神戸三宮がオープンを予定しています。
関連記事

category: 雲井通6丁目計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/15 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

マルイト姫路ビル・ホテルモントレ姫路が開業 

himeji139.jpg

再び約1年ぶりに姫路を訪れました。意図してそうしている訳ではないのですが、1年周期で春が訪れると姫路に行きます。もっと頻繁に行きたいのですが、気がつくともう1年も経っている!といった具合です。

この春、姫路駅前に大きな変化が訪れました。着工が遅れたマルイト姫路ビルが約2年の工期を経て、ようやく竣工・開業しました。

himeji140.jpg

マルイト姫路ビルの建設されたAブロックは姫路駅前再整備計画「キャスティ21」地区コアゾーンにおいて、敷地面積約1ヘクタールの最大の開発用地であり、同ビルも地上14階 地下1階 延床面積32,182.07平方メートルと駅前開発ビルで最大規模を誇ります。それでも当初の計画では地上21階 高さ100mの姫路初の超高層ビルになる予定でした。その後、二度の規模縮小を経て今の64.11mの高さでようやく着工しました。

完成した建物を見るとやはり高さは100mあっても良かったのではないかと思います。マルイトの規模縮小の判断は姫路のホテル需要の評価を厳しく見たからでしょうか。

himeji144.jpg

建物の中核をなすのはマルイトグループの根幹であるホテルモントレ。播磨地区に初進出となるホテルモントレ姫路は289室と姫路市内最大規模のホテルが開業しました。

himeji147.jpg

低層部は商業施設となります。1-2階の2フロアで店舗面積は5,260平方メートル。

himeji142.jpg

これまでに家電量販店のエディオン、いきなりステーキ、スギ薬局、ローソンが出店。

himeji141.jpg

当初の計画ではホテルの入る高層棟が手前に配置されていましたが、奥側にレイアウトを変更。姫路城への景観的な配慮でしょうか。高さ64mは姫路市内最高層の建物です。

himeji143.jpg

姫路駅高架とマルイト姫路ビルの間の通路は拡大された広場として整備されました。2階部分の通路はキャスティ21地区の建物全てを連結する空中回廊の一部を構成しています。

himeji146.jpg

商業区画のフロア図です。2階はテナントがほぼ埋まっていますが、逆に1階はモントレのブライダルサロン以外はほぼ空室です。

himeji145.jpg

既存の駅周辺の商業施設に加えて駅ビルのピオレ、姫路ターミナルスクエア、テラッソ姫路、キュエル姫路と次々に新しい商業施設が誕生し、流石にオーバーストア感が出始めたのか、満室稼働にはならなかったようです。

himeji148.jpg

集客が絶好調なピオレはホテルモントレ姫路の開業日同日にリニューアルオープン。新店18店舗を含む29店がリニューアルを実施し、高い集客力に更なる磨きを掛けた形です。

himeji138.jpg

マルイトビルの竣工によってキャスティ21のコアゾーンはほぼ完成しました。駅前地区ではまだ広場の整備や空中デッキの工事が進められていますが、姫路市がこの10年で進めてきた駅前再整備がひと段落を迎えます。播磨地区の中心都市として、県都に次ぐ第2都市として、世界遺産姫路城を有する観光文化都市として、これらに相応しい風格と賑わいを兼ね揃えた姫路。再開発の遅れる神戸を尻目にインバウンドを含めた需要を先取りします。今後はキャスティ21東地区のイベントゾーンにて文化コンベンションセンターの整備等にも着手予定です。大ホールの規模は2000席と三宮の新バスターミナルビルに整備が予定されている大ホールの規模を大きく上回ります。積極的な都心再整備を進めてきた姫路は今後の人口減社会で埋もれない地方都市への本気度を示しています。

関連記事

category: 姫路

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/14 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top