こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画 いよいよ着工! 

familia67.jpg

子供服のファミリア本社及びファミリアホールとして使用されていた近代建築の旧三菱銀行神戸支店ビル跡地に建設されるのは三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、三菱倉庫、安田不動産が計画する地上33階 地下1階 延床面積 39,581.92平方メートル 高さ116.95m 総戸数352戸の超高層マンションです。「ザ・パークハウス」を冠したタワーとなる模様です。低層部には解体時に保存された旧三菱銀行の外壁を活用して復元します。

familia66.jpg

前回、既存建物の解体が完了した模様をお伝えしました。NHKの朝の連ドラ「べっぴんさん」も終了し、いよいよ再開発がスタートします。

familia63.jpg

更地化された敷地内には3点式パイルドライバーが1台投入されました。

familia68.jpg

大林組が施行するこの現場も仮囲いの一部がポリカーボネート化されています。3点式パイルドライバーの他にセメントミルクプラントが運び込まれました。山留壁構築が開始されるものと思われます。工法は地中連続壁/ソイルセメント壁となる模様です。壁構築の終わった所から掘削が始まります。

familia64.jpg

大阪都心では数十棟のタワーマンションが建設中ですが、神戸では100mを越えるのはこの1棟のみです。三宮の再開発が本格化し始めたら、周辺部を中心に再びタワーマンションプロジェクトも増えるでしょうか。ただ足元では首都圏を中心に価格高騰によるマンション需要の急速な冷え込みが始まっています。関西圏や地方圏はまだそこまで深刻化していません。人口減が止まらない神戸に対し、大阪市への人口流入はタワーマンションの急増が主な要因です。市はタワーを規制するのではなく、エリアを限定して誘導する施策に切り替えるべきです。JR神戸駅の東側や南側は受け皿となる種地が多く存在した為、民間開発によって大型マンションが急増しました。今後は三宮は磯上通地区やJR神戸駅北口をその受け皿とし、生活利便性の向上を含めて地区のガイドラインを策定して、計画的に居住人口を増やすべきです。

関連記事

category: ファミリア本社跡

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/25 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

スターバックスコーヒー 神戸メリケンパーク店が開業 

starbucks12.jpg

4月21日(金)に待望のスターバックスコーヒー 神戸メリケンパーク店が開業しました。メリケンパークリニューアル計画の中核をなす集客の要となる施設の誕生に寄せられた期待は大きいです。早速、この新店の様子を取材してきました。

starbucks13.jpg

西日本最大級の店舗面積を誇り、関西初の公園内店舗として注目度の非常に高い店舗ビルは建築としても非常に興味深い建物です。鉄骨造の地上2階建て。大きな開口部によって1階は3面をガラス張りとして、店外の風景を楽しむ事に主眼を置いた造りです。

starbucks16.jpg

「KOBE HARBOR COFFEE CRUISE」をコンセプトとして設計された建物はコーヒーを飲みながら神戸港をクルージングしている気分を演出。クルーズ船を模したデザインの建物の2階部分は船首をイメージしています。

starbucks15.jpg

外壁材も単なる塗装にせず、チェックのパターンを組み合わせた凝った造りになっています。2階壁面の一部にはコーヒーの豆かすを再利用した建材を採用。盛り土をした地盤の上に建設されたので実質の高さは3階に近いです。

starbucks14.jpg

もう今はスターバックスの通常店が開店しても話題にも上りませんが、この新店については、開店後の最初の週末とあって行列ができました。しばらくすれば開業直後の殺到も落ち着いて、ゆっくりと時間を楽しめる空間になるといいですね。

starbucks18.jpg

個性を主張もしつつ、港・神戸の風景にも溶け込む新しい風景が誕生しました。

starbucks19.jpg

さて、それでは店内の様子を見ていきましょう。

starbucks20.jpg

1階にはまず中央にカウンターを設置。

starbucks21.jpg

カウンターの形状は船首をイメージした2階部分と同様に変形した半円形です。カウンター下のフロントパネルに六甲山の間伐材を採用しています。チェックパターンの外壁材は店内にも連続しています。

starbucks22.jpg

窓際に沿ってテーブルとイスが配置されています。

starbucks23.jpg

3面の開口部から降り注ぐ光によって店内は非常に明るいです。真夏も西側の陽光は避ける造りになっていますので、暑さは凌げます。

starbucks24.jpg

階段を上がると、2階です。想像より狭い印象でした。窓に面したカウンター席がメインとなっています。眼下には眺望が開けています。店内では最も人気を集める席となるでしょう。席数が限られているだけに競争は激しいです。

starbucks25.jpg

テーブル席もあり、西側にはテラス席も用意されています。

starbucks26.jpg

窓の外には神戸港とポートアイランドが広がっています。

starbucks27.jpg

2階の屋上は緑化されています。この屋上にもテラス席ができるのかと思っていました。北側は三宮のビル群が綺麗に望めます。夜景も綺麗に見える事でしょう。

starbucks28.jpg

庇のある店外のテラス席も気持ちの良い空間が広がっています。盛り土をしているので、1階からも海がよく見えます。

starbucks17.jpg

北野異人館店と同様に観光客にも人気を誇る名物店になることは間違いないでしょう。このスタバの為にメリケンパークを訪れる人も増えることになるかと思われます。また夜の様子もレポートしてみたいですね。今後はメリケンパークがモザイク同様に神戸に来た際には「必ず行ってみたい場所」になるのではないでしょうか。これでひと通りのメリケンパークリニューアルは完成を迎えました。今後は海洋博物館のリニューアルが控えることになります。

starbucks32.jpg

6月まで養生中の芝生広場ですが、一部は開放されています。すでに家族連れが青空の下で心地よい季節を堪能。なぜなら、なぜかこの角地だけ人工芝になっているのです。実験的措置でしょうか。

starbucks33.jpg

相変わらず「BE KOBE」モニュメント前は記念撮影で人気です。

starbucks29.jpg

ポートタワーの足元で建設の開始されたカフェレストランの様子です。

starbucks30.jpg

基礎のコンクリート打設が終わりました。上下水道の配管や電気設備の配線も行われています。建物の躯体はコンテナを組み合わせた2階建てになる予定です。

starbucks31.jpg

スターバックスコーヒー 神戸メリケンパーク店は目と鼻の先の距離にあります。すでに公園北側に開業しているTOOTH TOOTHのカフェ、スターバックスと並んで、メリケンパークの周辺に飲食店が次々と開業し、集客性や魅力が高まることは非常に好ましい限りです。新レストランは6月下旬にオープン予定です。

関連記事

category: メリケンパークリニューアル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/24 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

(仮称)神戸アイセンター新築工事 鉄骨建方進む 

eyecenter48.jpg

iPS細胞を活用した目の再生医療の研究と治療を目的とした神戸アイセンター。建設工程は鉄骨立方に移行しました。すでにデッキの前まで鉄骨が組まれ始めています。

eyecenter51.jpg

建物のスケール感が分かるようになってきました。奥行きがある建物です。目の前にデッキとポートライナーの高架軌道が立ちはだかるので建物の全体像を収めるのは困難です。

eyecenter52.jpg

すてに6階部分の鉄骨が姿を現しています。建物は7階建てです。予定では鉄骨立方作業は5月末までとされていますが、そんなに掛からないのではないかと思います。ゴールデンウィークの作業予定次第ですが。

eyecenter53.jpg

敷地西側は各種鉄骨の準備加工と資材置場として使われています。L字型の建物の下横棒の飛び出た部分です。まずは縦棒の部分の鉄骨立方を完了させ、その後、この部分の作業を行う2段階工程となる模様です。

eyecenter50.jpg

キメックセンタービルから眺めると全体像を捉える事が出来ます。5-6階の側面の鉄骨はブレス状に組まれています。筋交いとして、耐震構造補強の役割を担っているものと思われます。

eyecenter49.jpg

iPS細胞を活用した網膜再生治療は理研が世界をリードして神戸で研究成果を生み出しています。神戸アイセンターはこの研究成果を活かして、治療の実用化を担う先端医療機関となる事でしょう。

eyecenter55.jpg

建設中のアイセンターからポートライナーの軌道を挟んで正面にある旧KIFMEC神戸国際フロンティアメディカルセンター。昨年の病院破綻以降、閉鎖状態にありました。期待値の高かった施設だけに残念な形で閉鎖されましたが、この建屋を新たに有効活用する術が予想以上に早期に決まりました。神戸大学医学部病院の「国際がん医療研究センター」として開院。

eyecenter54.jpg

シスメックスが同院に寄付を行うようです。がんの先進的外科的治療を実施する他、次世代医療や医療機器の研究開発、国際的な医療研究・教育の拠点としても活用される予定とのことです。医療産業都市の中心エリアに真新しい幽霊ビルがあるというのは今後の企業や医療機関誘致や進出にも水を差しかねない可能性があっただけに、早期に解決した事は幸いでした。

関連記事

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/23 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili23.jpg

磯上通5丁目で着工したオフィスビルプロジェクト「(仮称)磯上オフィス計画」。地上10階 延床面積23,560.37平方メートルの規模となる大型オフィスビルを地場デベロッパーの建隆マネジメントが計画しています。竣工後は三宮プラザビルから米国製薬大手の日本法人である日本イーライリリーの本社が移転します。1階には店舗も開業予定で界隈の賑わい創出に寄与しそうです。

lili22.jpg

この竹中工務店が施工を行っているこの現場の仮囲いも一部がポリカーボネート製に付け替えられており、内部の様子を伺う事ができます。

lili25.jpg

山留壁が構築され、掘削が進んでいます。

lili26.jpg

重機が入れるよう乗り入れ構台もすでに構築されました。今回の建物はこうしたオフィスビルには珍しく地下階がありません。地下通路や地下街からは距離がある為、地下階を設けるメリットがあまりなかったからでしょうか。

lili21.jpg

南側のゲートの横に何か構造物を作っているような気配がありました。現物大のモックアップでしょうか。神戸の建設工事現場でモックアップが登場するプロジェクトを見たことがありません。モックアップとは建物の一部を再現した実物大の模型です。唯一、阿波銀行神戸支店の建え替えくらいでしょうか。明石駅前のパピオスでもモックアップの展示がありました。

三宮ビル北館、磯上オフィス計画と地場デベロッパーと在神戸の外資系企業本社のコラボで誕生する大型オフィスプロジェクトが続きますが、この調子で第三、第四弾の計画も後を追ってほしいですね。三ノ宮駅前エリアはまとまった空室が無いので、オフィス需要は非常に高いです。第三弾はアイング三宮パーキングに超高層オフィスxネスレ新本社+アシックス新本社でどうでしょうか。三宮ビル南館にもまとまった空室が出ますので、移転を考える企業は多いはずです。できれば市外からの企業進出が望ましいですね。
関連記事

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/22 Sat. 08:02 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

DUO神戸地下街浜の手改修工事 その3 

duokobe137.jpg

これまで3期に渡って冬から年度末までに工事を実施してきたJR神戸駅南側の地下街であるDUO神戸浜の手のリニューアル。通路の天井、壁、柱、一部床材の改修、照明設備の更新、店舗の再配置や新規テナントの誘致から始まり、メインエントランスである大階段とエスカレーター周りの改修と続き、最後の総仕上げとしてイベント広場としても活用されているDUOドームのリニューアルが実施されました。

duokobe135.jpg

ドームを囲む4本の柱は内部に電灯を設置してガラスで覆った光柱へと化粧直し。三宮地下通路ですでに実績のある手法が採用されました。柱に照明設備や案内表示等の複数機能を与えつつ、洗練感も生み出します。

duokobe139.jpg

ドーム自体には手が入った訳ではありませんが、何だか明るくなった印象です。

duokobe134.jpg

ドーム内の改修内容は小規模に留まりました。

duokobe132.jpg

ドームのシンボルだった潜水艦のオブジェが姿を消して看板が取り付けられました。もっと何とかならなかったのでしょうか、正直ダサい。壁のキワに取り付けられていた照明は撤去されて波型のパネルで覆われました。これも何だか取って付けた感があります。看板上には新たな照明設備が複数設置されています。

duokobe138.jpg

広場を囲むようにして天井に段差がありますが、この縁にブルーのLED照明がグルリと張り巡らされました。これはなかなか良い感じです。

duokobe133.jpg

ドームの周りはシンプルながらも垢抜けた感があって良いのですが、肝心のドーム改修はもう少し何とかならなかったのかと思います。夜間の照明点灯時はまた印象が変わるのでしょうか。これで一連の改修工事は完了を迎えました。I期工事のその1はumie(ウミエ)の成功がまだ盤石かどうか判断がつかず、賑わいの連続性を生み出す為に知恵を絞って、店舗の再配置を行い、お金もそこそこ使った本格的なリニューアルでしたが、II期以降はumieの集客力が確かである事が明確となった為か、もう予算はそんなに割いて改修しなくても人は来ると踏み、お茶濁し程度の改修に留めた感が否めません。これから三宮やウォーターフロントに集中投資を行わなくてはならないので、一定規模で予算を絞る必要性は理解できますが、尻すぼみ感が残念です。
関連記事

category: DUO神戸

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/21 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)イオンモール神戸南新築工事 

ionmall206.jpg

食品スーパーのイオンスタイル等、施設の一部を今夏に先行開業させ、全面オープンは今秋を予定しているイオンモール神戸南。6月末という当初の開業予定に間に合うのかどうかは定かではないですが、工事の進捗は見てとれます。

ionmall207.jpg

新川沿いに整備されているプロムナード。新たなコンクリートの護岸構築と柵の設置が完了しています。

ionmall208.jpg

建物の外壁に沿って植樹も進んでいます。外構整備が本格化してきました。

ionmall210.jpg

壁面に軽量鉄骨のフレーム設置も進んでいます。

ionmall211.jpg

フレームの付いた場所はすでに完成形となった南面のように壁面緑化が行われる模様です。

ionmall209.jpg

ドアの取り付けも完了して、プロムナード-モール間の出入口が完成しました。

ionmall203.jpg

今回はこれまであまり取材してこなかった南面の様子もレポートします。こちらはほぼ完成しており、壁面緑化まで終わっています。

ionmall204.jpg

こうやって見ると、駐車場棟もかなりの規模がありそうです。

ionmall205.jpg

II期地区もかなり広大な敷地です。モールと連携して集客や人口増加に繋がる開発を進めて欲しいと思います。JR尼崎駅前の緑遊新都心のように大型ショッピングモールと複数の大規模マンション及び緑地のある街となれば、若い世代の流入を促し、高齢化が加速する兵庫区に活力を与えると共に人口減に歯止めを掛ける要素になります。こんな所に歴史資料館を建てても閑古鳥が鳴くのは火を見るよりも明らかです。デベロッパーを募るコンペを開くべきです。

ionmall212.jpg

現在の所、イオンスタイル以外に同モールに出店予定で求人を出しているテナントは以下の通りです。

果汁工房果琳
伝説のすた丼屋/名物すた丼の店・デンバープレミアム

関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/20 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)ユニゾイン神戸三宮新築工事及び周辺開発 

unizo25.jpg

新神戸サンホテル跡地で建設が開始されたユニゾイン神戸三宮。ユニゾグルーブのビジネスホテルとして数年前か三宮の進出が計画されていましたが、ようやくプロジェクトが実行されました。計画では地上11階 地下1階 延床面積3,954平方メートル 客室数191室の宿泊施設となります。

unizo23.jpg

既存建物の地中障害物撤去及び基礎工事が続いていましたが、いよいよ地上部の躯体の鉄骨建方が開始されました。

unizo22.jpg

前回、着工の模様をお伝えしたのが昨年9月だったので、半年以上が経過していました。今後、数週間で鉄骨が一気に組み上げられていくでしょう。

unizo24.jpg

労災保険関連成立票によると竣工は10月末のようです。新ホテルは年内に開業するものと思われます。新神戸サンホテルの閉館後、4年を経て再度、この場所に新築のホテルが復活します。

unizo26.jpg

新ホテルが開業し、新たなビジネス客や観光客が増えるのは良い事ですが、ホテル開業予定地周辺の加納町交差点付近はお世辞にも景観的に美しい環境が整っている訳ではありません。雑然と更地や狭小な駐車場等が目立ちます。

写真のソーラービルの手前に広がる角地ですが、再開発計画があり、店舗の立ち退きが進みましたが、イスズベーカリー本店が営業を続けており、周りの土地にはぺんぺん草が生えています。しかしここに来てようやく同ベーカリーが仮店舗への移転を決めたようですので、プロジェクトが動くかもしれません。

unizo21.jpg

以前、計画されていたのは地上13階建ての共同住宅でコーナー部を円筒形にしたランドマーク性の高いデザインの建物でした。この計画がこのまま遂行されるのでしょうか。1階は店舗としてイスズベーカリー本店が戻って来ることを期待したいですね。向かいの本社ビル兼工場も老朽化がかなり進んでいるので、そろそろ建て替えも検討して欲しいです。

unizo27.jpg

加納町交差点付近は色々と動きがあります。つい最近も交差点に程近い中山手通り沿いに信和不動産が賃貸マンションを建設。

unizo28.jpg

交差点付近には老朽化した建物も多いです。イスズベーカリーの仮店舗移転先の建物も長屋のような構造が一体化した古いビルですが、角部の建物は上階が剥き出しになっている有様です。閉鎖されているので、いずれは一体的に建て替えられるのでしょうか。将来的に交差点の地下化構想が検討されていますので、神戸を代表する大通りの交差に相応しい風格を持ち合わせて欲しいと思います。
関連記事

category: ユニゾイン神戸三宮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/19 Wed. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top