こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

クレヴィア神戸ポートアイランド 

creviapi01.jpg

ポートアイランドにも分譲マンションの建設計画が複数進んでいます。利便性があまり良くないイメージがありますが、三宮からはポートライナーで直通ですし、大きな公園も多く、I期地区の中央エリアは静かな住環境が整い、イメージ程の不便さはないようです。伊藤忠都市開発が進めている「クレヴィア神戸ポートアイランド」はIKEA神戸店のすぐ西側に隣接し、ポートライナー南公園駅前という立地です。

creviapi04.jpg

現地仮囲いに掲示されている建物の完成予想パースです。設計施工を担当している長谷工コーポレーションの得意な板状マンションとなります。地上15階 延床面積14,341.93平方メートル 総戸数166戸の分譲マンションです。

creviapi03.jpg

躯体工事は7階まで完了し、これから8階に着手する段階まで進行しています。

creviapi02.jpg

南北に連なる敷地です。西側には駐車場やエントランスアプローチが整備される敷地計画です。目の前には南公園が広がるので開けた眺望や日当たりは確保されています。

creviapi05.jpg

南公園駅前の造成工事も始まっています。駅直結の歩行者デッキが整備され、県立こども病院と繋がる予定です。

関連記事

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/17 Fri. 07:37 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

市庁舎3号館跡地に総合庁舎 中央区役所・勤労会館を移転へ 

3gokan.jpg

神戸市が雲井通5丁目のバスターミナル計画予定地内にある中央区役所と三宮勤労会館を市庁舎3号館跡地に建設する総合庁舎に移転させる方針を固めたと神戸新聞が報じました。私も以前より当ブログにてこれらの公共施設は3号館への移転が望ましいと述べてきましたが、やはりその方向へ舵が切られました。

区役所や勤労会館の移転方針を話し合う懇談会でも意見が出されていたようですが、これらの施設に加えて葺合文化センターや生田文化会館の機能も統合する方向で調整するとされており、今後、新庁舎の概要や規模が固められていくものと思われます。

床面積はこれらの機能を現状規模で盛りこもうすると、2〜3万平方メートルが必要とされるものと思われます。容積率は大幅な緩和措置を受ける事ができますので、高層化は必須となることでしょう。将来的には1・2号館と合わせたトリプルタワー化も現実味を帯びてきました。

スケジュール的には2020年のバスターミナルビルI期着工の為には3年以内に総合庁舎を完成させなければなりません。工期は少なくとも2年と考えると、来年度早々には解体を始める必要がありそうです。



category: 市庁舎建て替え計画

2017/11/15 Wed. 09:06 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 12

go page top

5年ぶりの空撮 ~神戸都心上空~ 

2017aerial00.jpg

約5年ぶりにヘリコプターに乗りました。5年経った神戸を空から見てみると、実はあんまり変わってないなあ〜という印象でした。TV番組の「空から日本を見てみよう」も5年後の神戸を特集してくれましたが、あちらは神戸沿岸部全体を網羅した形だったので、それなりに動きがあったのだと思います。勿論、ウミエの開業、ノートルダム神戸、第一突堤再開発、メリケンパークのリニューアル、ザ・パークハウス神戸ハーバーランドタワーの完成等、ウォーターフロントではそこそこの動きがありましたが、三宮・元町の都心地区では空から見て大きく変わったのは三宮ビル北館と葺合南54号線沿いのワコーレマンション群くらいです。

2017aerial11.jpg

HAT神戸は一連のウォーターフロント同様に幾つかの大きな変化がありました。1番は中央左に聳えるサンシティタワー神戸の完成です。高さ131mと周辺では突出しています。右奥には神戸製鋼が長年凍結していた新本社ビル計画を始動・完成させました。

2017aerial07.jpg

今後大きく様変わりする予定の新港突堤基部地区です。神戸市から港都・グランドデザインが公表されてましたが、具体的にいつ・どのように再開発が開始されるのか全く不透明でした。第一突堤の再開発、第三突堤の新フェリーターミナル整備に続き、いよいよ第一突堤基部の再開発が住友不動産をはじめとする企業連合によって開始されます。この開発を実施するにあたり、市所有の港湾労働者福利厚生施設の移転や再編を年単位で地道に進めてきた他、地区内の企業と移転交渉を水面下で進め、約3ヘクタールもの開発用地を生み出す事に成功しました。これは評価されるべきかと思います。これから残りの地区の大半を占める民間の大手倉庫会社にどう開発を促進させるのか、更には都心地区とのアクセス性と回遊性をいかに高めるのか。基部西地区の再開発が開始される中で、これらの次の課題を検討していく必要があります。

2017aerial02.jpg

葉の色を染め始めた東遊園地の木々が美しく、それを取り囲むようにして立ち並ぶ高層ビル群はさながらプチ・セントラルパークのような感じもある旧居留地南地区。意図して高層ビルの集積が進められた訳ではありませんが、なかなかどうして風格のある景観です。耐震化工事が完了した神戸地方合同第一庁舎も第二庁舎と集約・統合し、高層ビルに建て替えられるべきかと思います。

2017aerial03.jpg

オフィス需要の高い三宮南地区と旧居留地北側地区。路線価も兵庫県内トップですが、長年に渡ってほとんど大きな動きはありません。今後、市庁舎2・3号館の建て替えやセンター街周辺の再開発によって土地の集約や再編が起きてくるでしょうか。イーラーイリリーが抜ける三宮プラザビル同様、フェリシモの本社屋建設に伴って空室が生じる神戸朝日ビルの動向が注目されます。

2017aerial09.jpg

そしてやはり何と言っても我々の視線は必然とこの場所に集まります。これからの10年で最も大きく変化を遂げる三宮地区。着工済の神戸阪急ビルに加えて、JRの三宮ターミナルビルも来春の閉館直後に解体が開始される予定です。それまでに新駅ビルの概要がいよいよ発表されるのではないかと思われます。先日、JR九州がJR熊本駅の新駅ビル概要を公表しました。延床面積10万7000平方メートルの巨大ビルとなるようです。このブログでも取り上げた熊本バスターミナル一帯の巨大ビル「桜町地区再開発」も着工しており、九州は福岡だけでなくインバウンド効果の恩恵も受けて大発展を遂げようとしています。JR三ノ宮駅ビルは開発可能用地に制限がありますが、熊本以上の規模でなくてはなりません。雲井通5・6丁目のバスターミナルビルも年内に基本計画が固まる予定です。これに伴い、中央区役所・勤労会館移転先の本命となる市庁舎建て替えも方向性がはっきりするでしょう。大阪・梅田大阪神ビルの建て替えI期工事が完了する来春から、阪急阪神はそごう神戸店の建て替え計画の検討も開始する可能性があります。阪急電鉄の市営地下鉄乗り入れの本格検討も始まります。これらの周辺ビルやインフラ整備と合わせて、駅前を歩行者空間へと変える「三宮クロススクエア構想」も本年度中に基本計画が固められます。三宮は史上稀にみる劇的転換期を迎えようとしています。

2017aerial05.jpg

バスターミナルビルの整備によって今後、大きく発展を遂げる三宮東地区再開発ではすでに旭通4丁目にて再開発が先行して進められました。神戸一の高さを誇るランドマーク「シティタワー神戸三宮」を中心にホテル棟、駐車場棟、低層店舗棟が約1ヘクタールの敷地に建設されました。周辺ではビジネスホテルの建設も活発化しています。JR三ノ宮駅の新東改札が開設され、バスターミナルビルが開業すると、交通の要衝・玄関口として現状の人の流れを大きく変える可能性があり、今後のポテンシャルは非常に高いエリアです。

2017aerial06.jpg

最後はなかなか変化のスピードが遅い対岸の都心地区を尻目に急速な進化を遂げているのがポートアイランドII期地区の神戸医療産業都市。広大な埋め立て地はすでに3分の2が医療施設、大学や企業の研究所、事務所、製造施設によって活用されおり、進出企業・団体数は300を越えています。今後も企業の進出は進む事でしょう。3年後には京に代わる後継機のスーパーコンピューターも稼働予定です。

三宮の再開発が本格的になってきたらまた空からダイナミックな三宮の様子を撮影してみたいですね。


関連記事

category: 空撮

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/13 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

りそな神戸ビル跡地 ドーミーイン進出予定地 

dormyinn08.jpg

解体工事が完了したりそな神戸ビル。南京町の海栄門横がすっかり開放的になりました。

dormyinn06.jpg

ドーミーインの建設を計画している共立メンテナンス社内ではどんなプランが練られているのでしょうか。本当であれば南京町の入り口には全てホテルが立地するはずでした。東側の長安門横には神戸元町東急REIホテルが営業していますし、南側の海栄門横にはドーミーインが建ちます。写真奥中央に赤い建物が確認できるかと思いますが、ここにもホテルが計画されていました。広島の不動産会社アーバンコーポレーションが西安門前に地上13階建てのホテルを2009年に完成させる予定でした。当時も神戸はホテル建設ラッシュに湧いていましたが、リーマンショックによって半数の計画が頓挫しました。アーバン社も煽りを受けて倒産。計画地は和田興産がマンションを建設しました。

現在のホテル建設ラッシュは2008年のラッシュを規模では大きく上回りますが、普通のビジネスホテルが多く、2008年の頓挫したホテル計画には第一突堤や中突堤のプロジェクト等、なかなか夢がありました。

dormyinn07.jpg

敷地内の様子です。ビルが立っていた際は気づきませんでしたが、こんなに大きな敷地だったのですね。旧ビルの基礎外周部のみは残された状態です。これは新しいビルを建てる際、基礎工事にて掘削した部分の側壁の崩れや水の侵入を防ぐ為に、通常、構築が必要な山留壁の役割を担います。基礎構築後は解体されます。

dormyinn09.jpg

資材置場として使われていた西隣のコインパーキングも営業を再開しました。ここも敷地にふくまれないかなと淡い期待を抱いていましたが、やはりそうはならなかったようです。もしくはドーミーインの着工まで暫定的に駐車場が復活したと勝手な想像もしてみたり。パーキングとの境には仮囲いがすでにあるので無理かな。

関連記事

category: りそな銀行ビル跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/12 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)神戸市中央区江戸町計画新築工事 神戸ルミナスホテル三宮 

luminous124.jpg

来年6月末の完成を目指して建設中の神戸ルミナスホテル三宮。地上19階 地下1階 272室のビジネスホテルとなります。16-17階付近の躯体工事が進行中です。もう上棟まであと一息です。年内に間に合うでしょうか。これまでのペースだと難しいかもしれません。

luminous125.jpg

それでもようやくタワー感が出てきました。周囲の建物より頭1つ飛び抜けています。

luminous126.jpg

中央部に足場を組まず、養生ネットも掛けていないのは何か理由があるのでしょうか。

luminous127.jpg

もう間もなく着工から2年となります。工期が2年半掛かると分かってはいましたが、なかなかやはり長いですね。

luminous128.jpg

上空から見ると、ちょうど向かいの神戸市危機管理センターと肩を並べている高さです。江戸町・東町ビルが大きな存在感を放っていますね。その後ろには今後大きく変貌を遂げるであろう市役所2・3号館が鎮座します。旧居留地は完成された街ですが、意外に老朽化している建物もちらほら存在します。今後、建て替えは進むでしょうか。
関連記事

category: 市役所4号館跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/11 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

神戸アイセンターが12月1日開院予定 

eyecenter72.jpg

神戸医療産業都市における先端医療臨床研究の新たな中核を成す医療施設「神戸アイセンター」の竣工が間近に控えています。国家戦略特区プロジェクトとして進められてきた同施設は外観上はすでに完成しているように見えます。

eyecenter70.jpg

中央市民病院の敷地内で駐車場として使用されていた市有地に建設されました。外壁の大部分をアルミカーテンウォールで覆い、トラス構造を敢えて見せた斬新なデザインの建物です。敷地がL字型なので、建物もL字です。地上7階の鉄骨造で延床面積は約8,000平方メートル。病床数は30床です。

eyecenter74.jpg

2階のメインエントランスは医療センター前駅から繋がる歩行者デッキと繋がりました。

eyecenter76.jpg

駅からバリアフリーで雨にも濡れずにアクセスが可能です。

eyecenter73.jpg

昨年、増築・完成した北隣の中央市民病院南棟と2階部分で連結しました。

eyecenter75.jpg

また南隣の先端医療センターとも同じく2階部分を連絡通路で繋がっています。

eyecenter71.jpg

神戸アイセンターはあくまでも通称で正式名称は「神戸市立神戸アイセンター病院」です。このセンターの開設を機に周辺の市立病院施設の再編を行い、神戸市立医療センター中央市民病として一体集約化します。中央市民病院眼科と先端医療センター病院眼科を統合してアイセンターに集約。ビル内には理化学研究所の網膜再生医療研究開発プロジェクトと共同でiPS細胞治療の臨床応用が行われ、神戸市民が最先端の眼科医療を受けられるようになるとのことです。また先端医療センター病院(写真左の茶色の建物)は神戸市立医療センター中央市民病に統合されます。
関連記事

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/10 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

トアロードと生田新道交差点角に新店舗ビル建設計画浮上 

torcorner01.jpg

トアロードと生田新道交差点角地で建て替え計画があるとの読者の方からの情報に基づき、現地取材をしてきました。現地は近年、明治安田生命三宮ビル跡に建設されたワコーレ トアロード ザ・スイートに隣接した西側の角地です。

torcorner02.jpg

角地は現在すでに更地化されています。ここには以前、広東料理レストランの杏花村がありました。

torcorner03.jpg

隣接して立つ雑居ビル及び更に西側のタワーパーキングも合わせた用地を集約して新たな店舗ビルを建設する計画です。現状の構想では鉄骨造3階建てのようです。

torcorner04.jpg

但し、着工前という事でテナントの希望によって規模はまだ変更が可能のようです。角地ですので、3階建てでは高度利用されているとは言えません。せめて倍の6階は欲しいところです。ガラスの飲食店ビルであれば周囲の賑わいにも貢献します。3階までを店舗、4-10階をホテルという構成もあり得なくはないかと思います。ただ現在、営業しているクリーニング屋さんは建て替え後に戻ってくる予定のようです。



角地に相応しい規模とデザインを兼ね揃えた建物に建て替わる事を期待したいですね。店舗ビルとしてのイメージは同じく生田新道の東側にある「みそのビル(東急ハンズの向かいにある飲食店ビル)」が理想です。
関連記事

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/09 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top