こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

理化学研究所・融合連携イノベーション推進棟 

medical126.jpg

理化学研究所がポートアイランド2期地区で建設中の新施設「融合連携イノベーション推進棟」。3月末の完成を目指し、最終仕上げ工程に入っている気配を確認してきました。鉄骨8階建、延床面積約8300平方メートル。3-7階に各約50平方メートルの研究室を54室備えます。

medical129.jpg

正面からのファサード。迫力があります。最上階には200人規模の国際シンポジウムを開くことができるホールも設けられているそうです。

medical127.jpg

細胞をイメージしたような幾何学模様のフレームが張り巡らされています。早く足場や養生ネットが取り払われた完成形を見てみたいですね。

medical128.jpg

建物の最上部には新施設名のロゴが見えました。「Riken IIB」と書かれています。

medical130.jpg

南側からの様子。両サイドはいたって普通のラボ施設の外観です。大きなキューブのようにも見えます。

medical125.jpg

同施設と医療センター駅を結ぶ空中デッキの延伸工事も順調に進んでいます。

medical124.jpg

建設中の新デッキの様子です。

medical131.jpg

新デッキは同じく理研のライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST) と結ばれる既存デッキにY字で接続します。一時は一連のSTAP細胞騒動によって建設の行方も危ぶまれた同施設ですが、無事、今春の竣工を迎えることができそうです。

category: ポートアイランドII期

2015/02/12 Thu. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://koberun.blog56.fc2.com/tb.php/710-383c0951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top