こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)協律三宮センタービル新築工事 

kyotsu06.jpg

JR三ノ宮駅前の琴ノ緒町5で建設が予定されている商業ビル「(仮称)協律三宮センタービル」。既存ビルの解体工事が完了しました。協律/アルプス社がが保有・運営していたアルプス三宮センタービルの建替プロジェクトです。

kyotsu07.jpg

今年、神戸の都心部で解体されたもしくは解体中の建物はかなりの数に上ります。それらの解体現場では一時的にではありますが、これまでになかった新鮮な風景が生まれています。

kyotsu08.jpg

完全に更地化された現場です。綺麗に整地されて新ビルの建設工事着手を静かに待っている状況です。簡易フェンスで囲われていますが、近日中に本格的な建設用の仮囲いが設置されるものと思われます。

kyotsu05.jpg

新ビルはスタイリッシュな外観が特徴です。周囲の雰囲気を一変してくれるようなファサードを持っています。来年6月の完成予定です。これを筆頭として今後も周囲の老朽低層ビルの建替えが進むと期待したいですね。

ryhms01.jpg

同様に老朽化した商業ビルの建替計画が完了を迎えようとしています。北野坂にあったニューカタオカビルの跡地に建設が進められていた新ビルの名称は「RHYMSビル」。

ryhms02.jpg

正面ファサードには窓が一切設けられていない大胆な建物となりました。昼の外観も去ることながら、恐らく夜の存在感が際立つ建物になるのではないかと思われます。北野坂は夜の街です。

ryhms03.jpg

北野坂も沿道の建物老朽化が目立ち始めています。都心部は震災で多くの建物が建て替わったように思えて、実際は築40年を越える建物が多く存在しています。再開発が早く進んだ神戸はすでに再々開発の時期に到達していると言えます。

category: アルプス駅前ビル

2014/10/04 Sat. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

この記事に対するコメント

三宮駅北の風景は、JR・阪急・ポートライナーの車内からよく見えるので(少なくとも南よりは)、神戸の玄関口として相応しい景観を目指して欲しいですね。
協律のようなビルが増えたらなと思います。

追記
ライトアップの動画を見てきましたが、なかなか綺麗でした。
http://m.youtube.com/watch?v=bfCivfcLRJs

96ships #7j741Ax2 | URL | 2014/10/04 Sat. 14:49 * edit *

96shipsさん
そうですね。このビルなかなか優れた建物になりそうです。リンクありがとうございます。夜景シミュレーションもいい感じです。現場には重機が入りました。いよいよ着工です。

しん@こべるん #- | URL | 2014/10/07 Tue. 08:18 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://koberun.blog56.fc2.com/tb.php/647-33595a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top