こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2018 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili72.jpg

成長を続けている磯上オフィス新築工事です。地上10階建て 延床面積23,560.37平方メートルの規模でイーライリリーが日本本社を移転予定です。だいぶボリュームが出てきて、迫力が凄いです。延床面積が23,000平方メートルという事は単純計算で1フロア2,300平方メートル。勿論全てがオフィスに充当されるわけではないですし、1階部分は店舗と共用施設、2階は駐車場のようなので、オフィス部分の床面積は実際のところ、15,000平方メートル位となるでしょうか。

lili70.jpg

少なくとも足場と養生ネットが周囲の建物と揃ってきたので、街の連続性が出てきました。

lili71.jpg

しかしまだ完成時の半分の高さ程度かと思われます。ボリュームの大きなビルなので、今よりも更にかなり迫力が出てきそうです。現在は恐らく5階の躯体工事に着手している段階と推測します。

lili73.jpg

よって、更にまだ倍の高さになる事でしょう。高さ的には三角屋根の三宮スカイビルが60mですので、ここまでは大きくはなりませんが、ファミリア本社のある白亜のIPSX EASTとスカイビルの間位の高さと想像しています。

lili74.jpg

磯上オフィス新築工事の西隣にあるUR都市機構磯上公園アパートも相当、年季が入っています。1963年竣工なので築55年です。加納町交差点角にあるUR都市機構布引アパートと共に遠くない将来、建て替えられるものと思われます。磯上オフィスの建設が周辺エリアにおける更なる投資への呼び水になる事を期待したいですね。磯上エリアは2000年代初頭はカフェブームで注目を集め、再開発による活性化も期待されましたが、リーマンショック頃までにはその熱も冷え切り、その後は賃貸マンションの建設が続きました。イーライリリー、ファミリアとネームバリューのある企業の本社が次々とこのエリアに進出する事で、オフィス街としての磯上エリアが再度、注目を集めて行くかもしれません。

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/11 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://koberun.blog56.fc2.com/tb.php/1470-7b51490f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top