こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)ユニゾイン神戸三宮着工 及び周辺の開発計画 

unizo13.jpg

加納町交差点付近で営業していた新神戸サンホテルは経営破綻し、残された建物は複数年の間、閉鎖されたままでした。しかし昨年、突如解体されて更地となりました。また数年前から神戸三宮地区に進出を検討していたホテルユニゾ。この新神戸サンホテル跡地を進出地と決定。同社はグループ内で運営しているビジネスホテルブランドであるユニゾインをこの場所に開業する予定で、今年4月には着工するはずでした。

unizo17.jpg

しかしGWを過ぎても工事が始まる気配は無く、掲示されていた建築計画のお知らせや完成予想パースが雨風や日差しによって薄くなり、そのまま5ヶ月が経過。今後の行方を危惧しておりましたが、ようやくフラワーロード面してゲートを備えた仮囲いの設置を開始。

unizo14.jpg

予定期日通りに着工する工事はあまりないのが実情ですが、神戸で計画されるプロジェクトは着工時期が大幅に延期されるケースが多く、場合によってはそのまま頓挫してしまう事もしばしば。無事に着工されるまでは本当にプロジェクトが推進されるのかは分からず、安心できません。着工しても途中で白紙撤回されるというケースもこれまでありました。

unizo15.jpg

新ホテルの設計・施工を担うのは熊谷組。現在、栄町通でパークホームズ神戸ザレジデンスを施工しているのも同社です。どうやら地上躯体が解体された新神戸サンホテルの基礎が残っているので、地中障害物の解体撤去工事をまず開始するようです。解体には2ヶ月を要します。

unizo20.jpg

新ホテルの規模は地上11階 地下1階 延床面積3,954平方メートル 客室数191室。2017年秋の開業を目指します。今週はカンデオホテルズ神戸トアロードの着工をお伝えしたばかりですが、同時期にユニゾインの工事着手をご報告できたことは嬉しい限りです。

unizo18.jpg

ユニゾインの計画地である加納町交差点付近には空き地や更地が目立っています。大通りが交差する角地の虫食い状態は好ましい状態ではありません。

unizo21.jpg

この虫食いの角地には実は開発計画があります。SE三宮山手プロジェクトと呼ばれる計画で地上13階建ての共同住宅が建設されることになっています。交差点に面しては円筒形の外観を有し、ランドマーク性の高い建物となるようです。

unizo19.jpg

しかしこの場所には交差点の向かいに本社屋を構えるイスズベーカリーが店舗を営業しています。このお店は実は同ベーカリーの本店なのです。再開発が計画されたということは同店が移転交渉に応じたか、建て替え後に再出店を計画したかと推測できます。少なくとも周りの建物は全て解体撤去されました。しかしこの開発計画は2年前から存在しており、未だ着工していないという事は頓挫、凍結、白紙撤回が考えられます。

unizo16.jpg

角地に隣接した空き地はコインパーキングとなっていますが、ここも分譲マンションが一時期、計画されていた土地です。ここもプロジェクトの凍結か頓挫か。ユニゾインの着工で再度、周辺開発に弾みがつけばと願います。

category: ユニゾイン神戸三宮

2016/09/07 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

この記事に対するコメント

おはようございます ユニゾ完成が楽しみですね 私はこの周辺は福岡で例えて申し訳ありませんが桜坂のイメージで好きなんですが 県外人からしますと神戸出張の場合多くのサラリーマン 宿は三宮 元町 ポーアイ地区を狙うと思いますのでユニゾにはより一層頑張って欲しいです  

黒霧 #- | URL | 2016/09/07 Wed. 06:53 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://koberun.blog56.fc2.com/tb.php/1165-9b6a046f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top