こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2018 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

地域探訪 10年ぶりに東京タワーへ登頂!首都・東京の変貌ぶりをまざまざと実感 

tokyo2018_05.jpg

東京出張の合間に約10年ぶりに東京タワー展望台に登る機会がありました。東京オリンピックを2年後に控え、首都はダイナミックな変貌を遂げつつあります。今回はその様子をお伝えしたいと思います(全てスマホ撮影なので画質についてはご容赦ください)。

tokyo2018_01.jpg

現在、東京で最も高いビルは中央に聳える虎ノ門ヒルズタワーです。地上52階 地下5階 延床面積244,360平方メートル 高さ255.5mで東京で初めて250mの大台を突破した超高層ビルです。ヒルズの名称が意味するようにご存知、森ビルの手掛けた再開発ビルです。右側には愛宕グリーンヒルズも聳えます。森ビルの超高層オフィスはどれもデザイン性に優れています。今、虎ノ門ヒルズを囲むように複数の超高層ビルが同じく森ビルによって建設されています。少なくともオフィスビルとタワーレジデンス等、計3棟の建物が誕生する予定で180-240mと高さもあります。

tokyo2018_02.jpg

視線を左に向けると、建設中の大型ビルが2棟確認出来ます。中央が森トラストが開発している虎ノ門パレス跡の東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー(地上37階 地下4階 延床面積195,653平方メートル 高さ179.95m)でオフィスとホテルの複合ビルです。白い建物の後ろで立ち上がっているのが、ホテルオークラ東京の建て替えプロジェクトで中層のホテル棟とオフィスとホテルの超高層複合棟(地上38階 地下4階 延床面積180,096平方メートル 高さ188.65m)によって構成されます。このように虎ノ門界隈では180m以上の高さを誇る高層ビルが密集化しつつあります。

tokyo2018_03.jpg

西側です。オランダヒルズ、城山ヒルズ、アークヒルズ、そしてアークヒルズ仙石山森タワーと森ビルヒルズのオンパレードが続きます。足元周辺はタワーマンションが幾つか建設中です。その背後には住友不動産村が出現しています。六本木3丁目の泉ガーデンタワーと昨年竣工したばかりの六本木グランドタワーです。200mを越えるタワー群が壮観です。六本木と言えばこれまでは六本木ヒルズと防衛庁跡の東京ミッドタウンが圧倒的な存在でしたが、それも過去の話になりつつあります。写真左側の中央部には東京タワーと肩を並べる高さ330mの超高層複合ビルを中心に270m、240mのタワー計3棟が林立する虎ノ門・麻布台エリア再開発が予定されています。かつて東京初の300m越えを目指して計画され幻と消えた西新宿3丁目のプロジェクトが場所を六本木に変えて出現するような印象です。この建物は東京駅付近で三菱地所が計画する高さ390mの常盤橋再開発プロジェクトが完成するまでの束の間、日本一の称号を得る予定です。

tokyo2018_06.jpg

高輪や白金方面となる南西側はまだ高層ビルの密度は緩やかです。またタワーマンションが主な高層建築物です。窓が汚く写真映りが悪かったので六本木ヒルズや東急グループが威信を掛けて開発・大変貌中の渋谷方面は残念ながら割愛します。

tokyo2018_04.jpg

北東方面は主に汐留シオサイトの既存超高層ビル群の背後に更なる湾岸タワーマンション建設ラッシュが起きている晴海、豊洲方面です。このエリアの湾岸タワーは年々、大型化し180-190mというシティタワー神戸三宮クラスが続々と誕生しています。また写真の右端で切れてしまっていますが、浜松町駅周辺では世界貿易センタービルの建て替えと周辺を含めた大規模再開発が進行中で200mのツインタワーが出現予定です。他に芝の元祖ウォーターフロントでも200m級タワーか建設中の他、旧東芝ビルも200m級ツインタワーへの建て替えが検討中です。一駅南の田町駅周辺も160mツインタワーが聳え始め、品川車両基地跡地で建設中である山手線新駅周辺はJR東日本が高層複合都市を開発します。羽田の航空規制で高さは抑えられている大崎もその開発範囲を着々と拡大中です。

残念ながら展望台の東・南方面を望む部分が改修によって閉鎖中だったのでこの方面の写真はありません。

tokyo2018_07.jpg

少し開発が落ち着いた品川ですが、今後、リニア新幹線のターミナル駅化が控えており、再び大変貌を遂げて行く事は間違いないでしょう。

我々が一喜一憂、狂気乱舞する三宮再開発はこの東京のほんの一部を切り取って移植するだけで終わってしまう規模です。首都の発展は無論、必要なのですが、少しでもこの投資が神戸を含む地方都市にも振り向けられればと思ってしまいます。

そんな東京を以ってしても熱気を帯びる中国大陸やアジア諸国で進行する大開発を見てしまうとそのスケールの違いに驚嘆してしまいます。神戸が東京やアジアの諸巨大都市と競う必要はありませんし、その土俵に立つことでさえもおこがましいですが、三宮の再開発反対、高層ビル反対なんてそんなマクロな視点に囚われる事なく、神戸の発展を願って欲しいものです。予定されている三宮の再開発が大開発だなんて井の中の蛙です。国内7位の150万都市としては全く物足りません。

人口減少で床が余ると言いますが、そもそも日本の住宅もホテルもオフィスも世界の標準と比較して規格が小さ過ぎます。未だに分譲マンションは70平米に3LDKを押し込めようとする。ビジネスホテルは16平米。スペース的にゆとりが取れるようになるのですから、規格からもっとゆったりとしていくべきです。カプセルホテルの時代はもうとうの昔に終わっています。オフィス床の大量供給が懸念されてきた東京が尚も床を消費できているのは企業がようやくオフィスにゆとりを求めるようになってきたからです。ゆとりのある高規格オフィスでなければ人の採用が難しくなってきたからです。日本人がスペースを犠牲にする時代は終焉を迎えます。そんな事を感じながら、しばし首都を眺めていました。

関連記事

category: 東京

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/09 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 10

go page top