こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2018 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

新長田合同庁舎建設工事  

shinchosha35.jpg

3月上旬の前回からしばらく間が空いてしまいました。2ヵ月ぶりの取材となった新長田合同庁舎建設工事。昨年12月以来、これまで進められてきた基礎工事がようやく完了し、遂に地上躯体の鉄骨建方が開始されました!

shinchosha36.jpg

鉄骨は敷地西側角から開始されました。

shinchosha37.jpg

ちょうど仮囲いに掲示されているパースと同じ西側のエントランス付近の部分から地上躯体が姿を現しています。パース内に描かれているエントランスの庇部分の鉄骨も確認することができます。

shinchosha39.jpg

広い敷地と思っていましたが、いざ部分的にでも鉄骨が組まれると、建物のスケール感が認識できるようになるので、今度は所狭しという感覚が浮上します。

shinchosha40.jpg

4階まで組み立てられた鉄骨ですが、最上部の9階まではまだ倍以上の高さに成長します。乗入構台はまだそのままとなっており、クローラークレーンで鉄骨建方を進めているのでしょうか。いずれタワークレーンが登場するものと予測しています。

この合同庁舎と市役所3号館跡に建設される新中央区総合庁舎が完成すると、いよいよ雲井通5丁目のバスターミナルI期ビルプロジェクトが始動する事になります。

shinchosha41.jpg

合同庁舎建設地から300m程北の交差点角地で建設中の但馬銀行新長田支店。地上4階 延床面積920平方メートルの銀行ビルですが、珍しく鉄筋コンクリート造で建築されています。鉄骨造だと思っていました。こちらも基礎工事が終わって地上躯体が姿を現しています。

関連記事

category: 新長田合同庁舎

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/06 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top