こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2018 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

琴ノ緒町カプセルホテル計画 

capsulehotel03.jpg

読者のまっつんさんから新たな開発情報を頂き、早速、現地取材をしてきました。三ノ宮駅から北東に数分の琴ノ緒町4丁目で、1階にファミリーマートの入った自習ビルの北隣にある時間貸パーキングです。

capsulehotel07.jpg

計画されているのは地上8階建のビルで用途はカプセルホテル、事務所、物販店、駐車場です。1年の工期を予定しており、来月半ばに着工です。事業主は株式会社石(せき)。

capsulehotel02.jpg

この駐車場も同社の所有の可能性が高いです。敷地面積は408.72平方メートル。

capsulehotel01.jpg

同社は向かいに自社ビルを保有しています。昨年、このビルの1-7階をカプセルホテルにコンバージョンし、4月に神戸カプセルホテルセキとしてオープンさせました。更なる追加投資でもう1棟建てるとは、かなり現ホテルの稼働が好調なのでしょう。

capsulehotel05.jpg

三ノ宮駅からも程近く、立地は悪くありません。神戸にはあまりカプセルホテルがありませんでしたが、今後の需要の高さから増えるかもしれませんね。

capsulehotel06.jpg

おまけですが、河合塾三宮現役館は河合塾三宮校になって再開校しました。

category: 琴ノ緒町計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/31 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

関電不動産開発による三宮1丁目開発計画 

bashinato02.jpg

旧播州信用金庫三宮支店跡でタイムズパーキングとして利用されていた三宮1丁目の開発用地。関電不動産開発が取得してオフィスビルの建設を計画しています。パーキングが閉鎖された模様は先週お伝えしていましたが、何やら工事が始まりました。

banshinato02.jpg

鉄パイプを組んでシートで覆った簡易的な仮囲いが設置されました。敷地内にはショベルカーが1台稼働しています。

banshinato03.jpg

内部では一部のアスファルトを剥がしています。どうやら地質調査が実施された(される?)ようです。本格的な開発を前提とした調査の実施に期待が膨らみます。

banshinato04.jpg

しかしながら地質調査の直後に建設工事が進む事はまずないので、この調査を元に実施設計等が行われて計画が具体化されるものと思われます。恐らく半年程寝かされるので、その間は再びコインパーキングが復活して日銭を稼ぐ事になるでしょう。区画全体を一体的に再開発できれば良いのですが、三宮本通に面して小さな建物が二棟存在します。

どんな規模・デザインのオフィスビルになるのでしょうか。当該エリアは国の特定都市再生緊急整備地域内ですので、容積率の緩和と各種様々な優遇措置が受けられます。最大限に享受して高度利用を図って欲しいと思います。フラワーロードの明治安田生命神戸ビルのようなアルミカーテンウォールを身に纏った最新鋭のオフィスビルが望ましいでしょうか。

banshinato05.jpg

この土地の開発が進むとやはり気になるのは通りを挟んで向かいの東洋カーマックスパーキングです。平面パーキングに2階構造の立体駐車場が建設された際はこれは暫く再開発される事はないと諦めましたが、もうそれから10年近くの年月が過ぎました。ダイエー村の中核施設があった場所だけに商業、ホテル、オフィスの需要を担う事ができます。早期の高度利用促進を望みます。
関連記事

category: 関電不動産三宮1丁目計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/05/30 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top