こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

三宮ターミナルビルの解体工事始まる! 

jr_sannomiya46.jpg

3月末に閉館したばかりの三宮ターミナルビルですが、新年度に変わっても我々が期待していたような建て替え計画の概要は発表されず、中期経営計画についても音沙汰のない状態です。JR西日本はいつまで沈黙を保ったままなのでしょうか。その一方、読者の方からは既存建物の解体準備を始める為の直前調査を行なっている模様を目撃したとの情報も頂いており、水面下では様々な動きがあるようです。

jr_sannomiya40.jpg

そして遂に三宮ターミナルビルの解体工事が始まった模様です。2階の歩行者デッキに面した南側壁面に仮囲いや足場が設置されました。内部からは複数のドリルによる掘削の音が駅コンコース内にも広く響き渡り、建物の解体開始の狼煙が上がった事を強く感じさせます。

jr_sannomiya41.jpg

一日に約24万人が乗降し、通行客も含めれば推定40万人以上の利用者がいる駅舎に隣接した駅ビルの解体です。すでに先行して既存ビル解体と新築建物の建設を開始している神戸阪急ビルも工事を二段階に分けて進めていますので、工期は5年という長期に渡っています。

jr_sannomiya42.jpg

JRの場合、既存及び新築ビルの規模は共に阪急以上ですので、解体と新築工事に対しての合計工期は推定約7年が費やされるものと思われます。7年という長期に渡る駅ビルの不在且つ工事現場の駅前占領は賑わいという観点からは味気ないものです。しかしながら、これまでこの7年を心待ちにしてきたので、純粋に工事の進捗を楽しみたいと思っています。

jr_sannomiya47.jpg

新駅ビルの建設予定地となる駅前広場の西側。すでに工事準備に向けて地下駐車場が閉鎖されました。

jr_sannomiya43.jpg

駅ビルの建て替えに先駆けて、駅構内では改札内外の天井耐震化工事が実施され、天井の軽量化や柱の構造強化、美装化が行われました。公式発表によるリニューアルプロジェクトとして進められた訳ではないのですが、その内実は大規模リニューアル工事でした。

jr_sannomiya35.jpg

工事完了後、通常のリニューアルでは必ず行われる案内表示関連の改修にも踏み込むのかどうか注目していましたが、改札内の階段/エスカレーター下の壁面にJR西駅共通の黒を下地とした行き先案内のプリントシートが貼られました。しかし今回の改修で進められる工事範囲はここまでが限界のようです。

jr_sannomiya48.jpg

ちなみにこちらはJR姫路駅の階段下の様子です。壁面シートの案内の他に天井からの吊り下げ案内表示板が設置されています。

jr_sannomiya49.jpg

姫路駅の改札内コンコースには他にもデザインを共通化した多くの案内表示が天井から吊り下げられています。

jr_sannomiya50.jpg

同様に改札外コンコースにも駅外の施設に対する視認性の高いLED照明の案内表示が天井から吊り下げられています。これらの案内表示は過去1年内に更新されたものです。

今後、三ノ宮駅ではターミナルビルの建て替えと共にこれらの案内表示のリニューアルをぜひとも進めて欲しいものです。

jr_sannomiya45.jpg

高架上のホームもかなり老朽化が進んでいます。屋根や柱、ホームの床もかなりくたびれた状態です。

jr_sannomiya51.jpg

姫路駅のホーム屋根にはデザイン性や機能性を兼ね揃えた格子状の化粧パネルが取り付けられいます。駅ビルから案内表示までを含めてあらゆる面で姫路駅は三ノ宮駅の一歩先を進んでいる状況です。

jr_sannomiya37.jpg

三ノ宮駅のホーム屋根から吊り下げられた駅名看板。これもリニューアル駅や最新駅と比較すると、ひと昔前の時代遅れ感があります。今回の天井改修に伴ってこの駅名看板の交換がなされるのかどうかを注目していました。

jr_sannomiya38.jpg

しかしながら、なんといつの間にか下りホームの東側のみ新しい駅名看板に付け替わっていました!今後、他の全ての看板も付け替わるのかどうかを注視しています。これ一つだけならものすごく中途半端です。

jr_sannomiya39.jpg

いよいよ三宮ターミナルビルの解体工事が始まりましたが、肝心の新駅ビルについて発表がないというのは何とも歯痒いというかもどかしいというか。加えて駅舎のリニューアルも綺麗になったのは確かなのですが、不完全燃焼感が拭えず、JR西日本が三ノ宮駅を一体、どうしたいのかが分かりません。やはり新駅ビルの概要がはっきりしない限りは駅舎を含めたリニューアルの最終形を示す事はできないものと思われます。
関連記事

category: JR三ノ宮駅改修構想

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/09 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 12

go page top