こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2018 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

葺合南54号線改良工事その2が完成 

fukiai2-21.jpg

昨年末来、工事が進められてきた葺合南54号線の道路改良工事その2。ジョーシン前交差点から小野八幡神社前までが今回の対象区間でした。その1で完成した北側の延長として、同様に南北を貫く道路を蛇行させて、歩道の拡張、照明の更新、路面の美装化、ポールや花壇の整備等が行われました。

fukiai2-22.jpg

幅広く綺麗な歩道は見ていて気持ちが良いですね。

fukiai2-25.jpg

沿道のイチョウの木々に葉が付いてくるともっと緑豊かな道路になると思います。以前にも述べましたが、せっかく歩道が綺麗になったのですから、イチョウ並木を綺麗に整備し、大阪・御堂筋のような美しいイチョウ並木通りにして欲しいと思います。

fukiai2-19.jpg

道路は広く綺麗になりましたが、歩行者の数が増えた訳ではありません。まだ未整備の南側は高層住宅が急増していますが、北側の商業開発は停滞しているので、賑わい創出には繋がっていないのです。南側のみなとの森公園へのアクセス路としての活性化を期待されているこの通りですが、やはり沿道の再開発が進まなければ、人通りは増えないでしょう。最北端のそごう神戸店が阪急に建て替わると、国際会館前の交差点までは人通りが急増する事が予想されます。しかし更に南側へと賑わいを連続させるにはやはり磯上プールと道沿いに連なる雑協ビルを一体的に再開発する事が必要です。

やほりここでも鍵を握るのは阪急かもしれません。国際会館前交差点の南角にあるそごうウイング館はH2Oが保有しています。阪急がコーディネーターとなって街区の再開発を進める事を期待したいです。敷地面積的に大規模の開発になるはずですが、商業施設としてはあまり大きな床は必要とされないでしょう。通りに面する北側と東側が路面店になるような格好で1-2階のみに店舗を入れ、3-7階位までは立体パーキングとします。そごうか阪急に建て替わり、アイングパーキングも再開発するのであれば、専用駐車場が不足します。この場所は三宮クロススクエアの影響を受けませんし、駅外周部への駐車場需要はクロススクエアの進捗と共に高まるでしょう。建物中央部は高層化し、ホテルと住宅から成る高さ150m程の建物とします。モデルは大阪北小学校跡に計画されている梅田曽根崎計画です。

http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/cmsfiles/contents/0000393/393826/1_zigyoukeikaku2.pdf

住宅は阪急の分譲マンションブランドのジオシリーズとすれば、投資リスクも抑えられます。路面店はオープンカフェやレストランを中心とし、昼夜問わずの賑わいが生まれる空間とします。高層住宅が増えているので、テナントフロアの一部には食品スーパーの出店も考えられます。

fukiai2-24.jpg

小野八幡神社前の歩道整備は最後まで行われていません。神社の建て替えとマンション建設が進められているので、これらの完了に合わせて、整備されるものと思われます。

fukiai2-26.jpg

八幡神社横の小野八幡公園には見事な桜が咲き誇っていました。

fukiai2-27.jpg

東横イン建設予定地越しに小野八幡神社の建て替え工事が進行する様子が確認出来ます。

関連記事

category: 三宮再整備

2018/04/06 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top