こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2018 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

新港突堤再開発第三弾は第二突堤とその基部 

pierwest23.jpg

神戸新聞は神戸市が新港第一突堤、突堤西地区に続く再開発第三弾について第二突堤とその基部にホテル等の集客施設の誘致を想定して調整中と報じました。

pier195.jpg

第二突堤にはまだ北側に一部の上屋が残っていますが、それ以外は更地になっています。基部には大型倉庫建屋が存在します。

kobeportfuture01.jpg

神戸港の将来構想で示されたイメージ図では第二突堤が撤去されてマリーナが整備されている様子が描かれていましたが、やはり突堤は維持して再開発用地として活用するのでしょうか。

tottei09.jpg

隣接して既存建物の解体が進む西地区の再開発は住友不動産が代表企業となって進める予定です。新しい再開発エリア内も既存建物の移転と用地取得を行い、その後は事業者の公募実施が想定されているようですが、エリア内には住友グループ内の住友倉庫がある事から、その内実は第二突堤も住友不動産が旗振り役となって開発を進める調整をしているのではないかと推測します。

pierwest27.jpg

都心部の再開発のスピードが亀のようなのと比較して元来からウォーターフロントや埋立地の開発は意外と速いスピードで進行しています。都心部はやはり利権が複雑化して地権者の合意形成が難しいのは確かです。ただそれでも他都市はそれを成功させてきているので、神戸もできない訳ではありません。それにはやはり強いリーダーシップが不可欠ですね。

久元市長も二期目に入り、三宮の再整備がようやく形になり始め、ウォーターフロント開発やリニューアルも集客性向上に効果が見え始めたからか自信や手ごたえを感じ始めているように思えます。

一期目はパブコメと協議ばかりしていて何も具体的な進捗がなく、スピード感に欠けていた事が我々のフラストレーションに繋がり、やはり官僚出身の市長にはしがらみを断ち切ってカリスマ的に物事を多少強引にでも進める事は難しいのかと諦めに近い感覚がありました。

merikenpark177.jpg

また神戸市はメリケンパークで成功したモニュメント「BE KOBE」をポートアイランドのしおさい公園への設置を検討しているようです。同時に飲食店の誘致も視野にあるようですが、休日でも殆ど人気のない同公園で、はたしてメリケンパークでの手法が成功するでしょうか。

kisei01.jpg

しかしながらBE KOBEがこれ程、成功するとは予想出来なかったのも事実です。モニュメント整備後にこの公園に変化が訪れるのか、それとも何も変化は起きないのかを見極めたいと思います。
関連記事

category: ウォーターフロント

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/10 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 16

go page top