こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2018 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社 

lili120.jpg

磯上通5丁目で建設中の大型オフィスビル「(仮称)磯上オフィス」。地上10階 延床面積23,560.37平方メートルの規模で現在、磯上通7丁目の三宮プラザビル内に本社を構える日本イーライリリーがこの新築ビルに拡大移転します。三宮の大型オフィスビルの多くを手掛ける竹中工務店の設計・施工で建設されてきましたが、いよいよ竣工間近となりました。

lili122.jpg

足場が全て撤去されて外構工事と内装の仕上げが行われています。日本イーライリリーは過去5年で売上高を倍増させており、人員強化が必要とされている上での本社機能の増床となります。

lili124.jpg

1階には店舗もテナントとして入る想定となっており、周辺地区への賑わい創出にも貢献する開発です。

lili123.jpg

この規模の建物なので1,000人単位の就業者がこのエリアに流入する事となり、周辺の飲食店等への影響も大きいのではないかと思われます。

ちなみに日本イーライリリーが抜ける三宮プラザビルですが、同社が居抜きで全フロアを借りていた訳ではなく、地下階から12階までの内、3階の一部と8階は別の企業が入っています。よってリリーが抜けても後継テナントがこのビルを丸々1棟おさえる事は出来ません。地下階以外の空室情報は出ていないのですでにテナントを決まっているのではないかと思います。建て替えによって移転の必要な市庁舎内の各部門の移転先として確保されている可能性もあります。

先日、神戸阪急ビルのオフィスフロアに加えて、三宮1丁目のオフィス開発用地を関電不動産開発が取得した事をお伝えしましたが、更なるオフィスビル開発が進む事を期待しています。

先月、ITメディアというネットニュースで書かれた神戸のオフィス環境についての記事を当ブログでピックアップしましたが、読者の方からの情報で不動産市場情報を提供するCBREが神戸のオフィス市場に関する特集記事を掲載した事を教えて頂きました。

http://koberun.blog56.fc2.com/blog-entry-1593.html
ちょいコアが開く神戸オフィス事情打開の扉

https://www.cbre-propertysearch.jp/article/kobe_area_businessguide-index?c=28766d8613f74e37-ee2d5a823a4ff73a
CBRE 神戸企業進出ガイド

ITメディアの記事は2016年11月の掲載なので、今回のCBREの特集記事とはタイミング的には直接の関連性はないのではないかと思いますが、もし当ブログの記事に呼応する形になったのであれば嬉しい限りです。

嬉しい繋がりの速報ですが、いよいよ神戸阪急ビルの地上躯体工事が開始された模様です!低層部の鉄骨建方を確認しまた。近日中に取材を敢行したいと思います。
関連記事

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/07 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top