こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

雲井通4丁目計画 (仮称)コンフォートホテル神戸三宮 

asahiparking20.jpg

雲井通4丁目の朝日パーキング跡地で建設中のビジネスホテル「(仮称)コンフォートホテル神戸三宮」。地上13階 219室で来秋の開業を目指しています。既存ビルの解体後、基礎工事が進められていましたが、いよいよ地上躯体の鉄骨建方が開始されました!

asahiparking21.jpg

敷地東側(奥側)から工事が進められいます。最終的には写真すぐ手前まで建物が迫ってきます。鉄骨建方が始まってみると思ったよりも細いですね。低層階はデッキプレートがすでに置かれています。年内に鉄骨建方は完了するでしょうか。

asahiparking22.jpg

コンフォートホテルを運営するグリーンズにとって神戸は2度目の進出になります。ポートアイランドの旧ホテルゴーフルを引き継いでコンフォートインを出店していましたが、数年で撤退しました。ポーアイもホテル不足という噂を聞いていましたが、撤退せざるを得ないほど不振だったのでしょうか。コンフォートインの後はアリストンホテル神戸になっています。グリーンズも他ホテルチェーン同様に全国で新規進出を増やしています。来年は神戸を含め6ホテルを新設します。

連日、隣接した街区で計画されているバスターミナルビルについて概要が明らかになってきましたが、三宮東地区の成長・将来性は高く、続々とホテルの進出が続いています。バスターミナルビル内にも上層階にホテルを入れる計画ですので、激戦区となる事は間違いないでしょう。

このホテル建設地の北側も再開発が進むと良いですね。バスターミナルビルの建設によって道路は拡幅されるものと思われます。旭通4丁目地区再開発では街区の電柱地中化が行われませんでしたが、流石に今度は三宮東地区一帯で実施するべきです。

関連記事

category: 雲井通4丁目ホテル計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/30 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー本社 

lili88.jpg

磯上公園の北側で建設の進む(仮称)磯上オフィス。日本イーライリリーが本社を移転予定の大型オフィスビルです。もうかなり大きくなってきました。西隣りの磯上アパートの高さを越えた際に8階まで躯体工事が進んでいました。よってもう上棟している可能性があります。

lili90.jpg

最高部のアップです。Pca柱が突き出ています。

lilly001.jpg

完成予想パースから判断すると、もし10階まで躯体工事が進んでいる場合、前述の写真で突き出た柱は屋上・塔屋階部分となります。ただパースと磯上アパートを比べると、アパートの最上階は磯上オフィスの7階部分にも見えます。この場合、突き出た柱はまだ10階の躯体という事になります。

lili91.jpg

三宮再開発がスケジュールを含めて具体化してきました。これに伴い、三宮東地区は今後、大きく発展する可能性を秘めてきました。人の流れが変わる事で都心の在り方が様変わりする可能性があります。磯上オフィスのある磯上公園周辺地区もこれまではどちらかと言えば裏三宮でした。

lili87.jpg

最近は老朽ビルや駐車場を共同住宅へ建て替える事が主な開発行為であった磯上地区。このビルの完成を皮切りに複合的な開発が増えていくかもしれません。今は三宮駅前地区に集中する時ですが、時期をみて、磯上公園の在り方についても見直しや現状以上にエリアの活性化に寄与する方法の模索が必要かと思います。

関連記事

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/29 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top