こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ハーバーランドがまち開き25周年 

harbor25anniv01.jpg

街開きから25年を迎えた神戸ハーバーランド。都心西部の活性化を目指し、文化都心として再開発された複合都市はバブル期に計画された為、今では考えられない規模と進出企業構成を有する大規模開発となりました。しかし華々しく開業した海辺の近未来都市の歩んできた道のりはご存知の通り非常に厳しいものでした。

harbor25anniv02.jpg

大型商業施設の相次ぐ撤退とリニューアルオープンを繰り返してきましたが、アクセス性の課題や立地に求められる需要に対して供給されるサービスのギャップによって、不振が続き、阪急百貨店の閉店によって、開業当初から進出したテナントは皆無という悲惨な状況が生まれました。

harbor25anniv04.jpg

転機は2012年。阪急撤退後にダイヤニッセイビルの商業棟と唯一の人気施設であったモザイクをイオンモールが一体的に再開発し、約1年の工期を掛けて、建物内外を大規模改修。施設内の回遊性を高め、集客力の高いテナントを誘致、ファミリー層への配慮を随所に凝らし、パーキングの長時間無料サービスによる利用促進を図った事で、ショッピングモールの空白地域だったこのエリアのニーズを満たしたと共に、ハーバーランドが独自に持っている海辺という立地の強み、更には建物を所有する三菱倉庫が人気集客施設のあんぱんまんミュージアムを誘致する等、総力を結集した再開発が行われました。

harbor25anniv05.jpg

これで再生出来なければ、商業施設部分は更地化し、マンションにする以外に活用方法は無いかと思われました。これだけの再開発でもまたうまくいかないのではと考えてしまう悲観的な考えが浮かんでしまう程、ハーバーランドの将来性には不安を覚えてしまいました。

ウミエは開業5年目を迎えた今年、第二のオープンとも言えるノースモールのイズミヤ跡のリニュアールを図りました。また先月には約2キロという至近距離にイオンモール神戸南が開業。ウミエの誕生以来、初の試練になり得る荒波が押し寄せました。しかしイオンモールは2つのモールの果たす役割を明確に分けた結果なのか、開店で人混みに溢れる神戸南を他所に、ウミエへの集客性における影響はさほど無いように見えます。

harbor25anniv06.jpg

ウミエ内では小さなリニューアルが続いています。サウスモールの3階にあったグローバルワークがノースモール東棟のオールドネイビー跡に拡張移転。その跡にノースモール5階からライトオンもまた拡張移転しました。

harbor25anniv07.jpg

これまでの倍はあろうかと思われる売場面積です。

harbor25anniv08.jpg

そしてライトオンが抜けた跡は隣接して出店しているジーユーが売場面積を拡張しました。こちらも県内のジーユーとしては最大店舗となりました。

harbor25anniv09.jpg

こうしてオールドネイビーの抜けた後を玉突き的な移転と拡張で見事解決。やはりテナント構成を考えると、ウミエの圧倒的優位に揺るぎはないでしょう。

harbor25anniv10.jpg

6年前。阪急の撤退が報じられた際に当ブログにてこう記述していました。

「都市型郊外モールという戦略は百貨店よりはハーバーにおける需要や時代の要求に合っているかもしれません。 しかし現状の建物をそのまま使用するだけでは再び同じ事の繰り返しになる可能性は大きいです。回遊性とオープン性を持たせるような大幅な改装工事を施し、ハーバーの在り方や導線を根幹から変えてしまうようなリニューアルが必要とされます。垂水のマリンピアは開業以来、全く衰えを知らず人気を博しています。ハーバーとは対照的な成功例です。アウトレットという特異性もありますが、何よりもその回遊性とバラエティの豊富さが成功の鍵かと思われます。可能ならばこれを機にダイヤニッセイビルの商業フロア全体を現代風モールに造り替えるような大胆な改革を望むことができないでしょうか。」

構造そのものを変える事は出来なかったものの、回遊性向上の為に複数の空中回廊の増設や地下階の入口連結等、2つの商業棟を連結して行き来を容易にしたり、モザイクへのアクセスも導線が増えました。

ウミエの開業によって、すっかり息を吹き返したハーバーランドですが、ウミエ以外の商業ビルは不完全な状態で営業を続けており、必ずしもウミエの成功の恩恵を享受出来ていません。これらの不振施設もやはり集客に対する構造上の問題を抱えており、これを改善するテコ入れが必要です。また必ずしも商業施設という用途に縛られる必要もないかと思います。プロメナ神戸は低層フロアを除いていっそ完全にホテル化するのはどうでしょう。ハーバーセンターは中央図書館をここに移転するもしくは構造設計上、実現可能かは分かりませんが、スペースシアターと合わせて文化ホールに改修する等の検討をしても良いのではないかと思います。

今後、三宮の再開発が進行して行く中、ハーバーランドに求められるニーズは変化していくのかもしれません。そのニーズに柔軟に対応できれば、ウミエによる復活も継続していくのではないかと思われます。
関連記事

category: ハーバーランド

2017/10/02 Mon. 12:34 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

そごう神戸店がH2Oリテイリング傘下に 

sogo-hankyu20.jpg

10月1日(日)付けでそごう神戸店が阪神阪急ホールディングスグループであるH2Oリテイリングの傘下に入りました。初日となる日曜の開店時にはH2Oが持つ「阪急百貨店吹奏楽団」が演奏して、新しい門出を祝いました。しかし外見上、他には特に変わった事もなく、これまで通りそごう神戸店が営業を継続しています。

店長も含めて従業員800名の雇用がそのまま引き継がれました。H2Oは当面、現状を維持した状態での営業を続けるとしています。

sogo-hankyu19.jpg

しかし来春、現在建て替え工事の真っ最中である阪神百貨店梅田本店の入る大阪神ビルの低層部一部が完成し、新生・阪神本店が部分開業する予定となっています。H2Oの鈴木社長は早ければこの阪神の部分開業後にそごう神戸店の建て替えの検討開始に着手することを示唆しています。

10月1日よりH2Oはそごう神戸店、アイング三宮パーキング、ウイング館に加えて、本館と新館の間を通る道路も取得したという話もあるようです。以前からもお伝えしているようにそごう神戸店の建て替えには建物を所有する各地権者との交渉が必須となります。

sogo-hankyu21.jpg

10月1日より各地権者はH2Oと締結した新たな契約の履行を開始しているものと思われますが、恐らく締結時には数年後の建て替え検討については打診されている事でしょう。セブン&アイも建て替えを検討していたようなので、地権者には建て替え構想はすでに一定のレベルで理解が進んでいたのではないかと推測します。屋号の変更は建て替え時に実施される事が確実でしょう。その時がいよいよそごう神戸店の閉店となります。

当ブログで約1年半前の昨年4月に「そごうが神戸から姿を消す日 」という記事を書きました。現在でも人気記事の一つとなっていますが、まさかこんなに早い展開で現実になるとは想定外でした。

神戸阪急ビル、そごう神戸店の保有する各不動産を手中に収めた阪急阪神グループは今や三宮地区における最大のデベロッパーとなりました。神戸市も市営地下鉄山手線への阪急乗り入れについて検討を進めており、三宮の阪急阪神色はこれまで以上に強まっていくでしょう。これにJR西日本がどう対抗していこうとするのかにも注目が高まります。ターミナルビルの閉館は来春。民間の鉄道会社が競って三宮の拠点化強化を図る事で再開発が進むのであれば、これはこれまでの官主導で開発を促進しようとする構図とは異なります。

関連記事

category: そごう神戸店跡

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/10/02 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top