こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

JR三ノ宮駅天井耐震補強工事 

jrekikonai08.jpg

昨年から開始されているJR神戸線高架の耐震化工事。JR三ノ宮駅、神戸駅、兵庫駅等の都心駅や各駅間高架の耐震性強化を目的とした工事が着々と進められています。

jrekikonai10.jpg

特にJR三ノ宮駅ではこの数年来、駅コンコース内の店舗位置の再編やリニューアル工事が進められてきましたが、その延長的にこの耐震化工事がスタートしました。現在、中央コンコース、東コンコース、改札内は鉄骨の柱と梁によって構築された簡易作業床によって、かなり狭苦しく圧迫感のある状況に置かれています。ただでさえ混雑の絶えない中央コンコースは通行に不便な状態です。

taishin06.jpg

これまで改札内のホームに上がる階段とエスカレーター部分の耐震化工事が完了し、壁や天井の美装化、照明の更新が行われて明るく綺麗になりました。

jrekikonai02.jpg

加えて、ようやく中央コンコース内でも一部の工事が終わり、作業床が撤去されて真新しい天井が現れました。

jrekikonai03.jpg

美しく化粧直しされた天井と梁です。照明は蛍光灯からLEDのダウンライトに変更されて、明るくすっきりとした印象になりました。

jrekikonai05.jpg

柱は基本的に以前の姿を踏襲していますが、梁は縁部の装飾をよりシンプルに変更しています。

jrekikonai04.jpg

柱と天井パネルの接続部を覆う装飾は以前の物に化粧直しを施したようです。

jrekikonai06.jpg

西側店舗前の天井も工事が完了しています。

jrekikonai07.jpg

グレーのパネルと丸型のLEDダウンライトが改装の基本デザインのようです。神戸駅や兵庫駅の改修も同様になるものと思われます。

jrekikonai01.jpg

天井高は以前と変わっていないようですが、作業床のあった期間が長いのでそれに慣れたせいか、開放感が出ました。

jrsannomiya24.jpg

ちなみにこちらが改修前の様子です。柱や梁は薄汚れていて、天井の蛍光灯は間引き点灯され、全体的に暗い印象でした。

jrekikonai09.jpg

今回の工事が単なる耐震性強化だけでなく、天井周りの美装化も行われた事は歓迎すべき事です。非常に明るく綺麗になりました。全体の工事が完了するともっと印象が変わると思います。以前のルネッサンス調の装飾が復活した事も好印象です。しかし神戸の玄関口として数十年に一度のリニューアルの機会であるだけに、更なる工夫にも期待したいところです。柱の装飾部を暖色系の照明でライトアップしたり、神戸市が最近よく導入している光柱(柱の照明化)、シンボリックな照明案内の設置はあるでしょうか。加えて電光表示や昭和の香りがする各種案内板の更新、デジタルサイネージの増設等、コンコースや駅舎内全体の改修を図って欲しいと思います。その集大成として、ターミナルビルの建て替えと駅前広場の再編に雪崩れ込む形が理想ですね。阪急は駅ビル建て替えによる東口のコンコース再構築に加えて、西口もリニューアルを図る予定です。

shinkobe40.jpg

昨年、市営地下鉄新神戸駅のリニューアルによって天井パネルや照明、柱の改修が行われました。JR三ノ宮駅でもさりげなく神戸に来た事を感じさせるような仕掛けや演出のある駅舎やコンコースとなる事を期待したいですね。


関連記事

category: JR三ノ宮駅改修構想

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/31 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

栄町通エリアで行われている既存建物解体工事3連発 

risona05.jpg

栄町通は変化の絶えない街です。これまでは老朽化したオフィスビルや駐車場が分譲マンションや店舗付き共同住宅へと建て替えられる例が続いてきましたが、ここ最近は金融機関の業務ビルの新築が相次いでいます。これに加え、都心全域でホテルの建設が盛んになってきましたが、栄町通エリアでもこの動きが活発です。

南京町の南側入り口角にあった旧りそな神戸ビル。りそな銀行神戸支店が三宮ビル北館に移転し、同ビルと土地は共立メンテナンスに売却されました。

risona06.jpg

旧りそな神戸ビルの解体工事が3月から開始されていますが、以前の高さから半分程度になりました。解体工事は9月末までの予定です。まだ共立メンテナンスからは解体後の具体的な計画は公表されていません。同社が運営するホテル「ドーミーイン」になる予定です。同社も他社の例に漏れず、全国各地でのホテル新設に邁進しています。

神戸のホテルは南京町に位置する絶好の観光スポットにありますので、高稼働率が期待できる物件になるものと思われます。敷地面積から考えると、200室以上のホテルになるものと思われます。

risona07.jpg

次の解体工事現場は兵庫県信用本部ビルの旧本店営業部ビルです。増築工事によって新たに建設された新営業本部棟が稼働した為、老朽化した既存建物は解体されることになりました。解体後は来店者用の駐車場になる予定です。今後、正面となる新営業本部棟は東側もアルミカーテンウォールのファサードになっているものと思われます。既存ビルの解体撤去後、完全体の姿がお披露目となります。西側の既存本部ビルも化粧直しが行われており、これらの工事が終わって初めて一連のリニューアル工事が完了となります。

risona08.jpg

最後は乙仲通りで解体の進んでいた第二西本ビル。すっかり更地と化しました。

risona09.jpg

こちらにも新たにホテルが計画されています。大阪の共進ビルド社が地上10階、111室のホテルを建設します。

栄町通にはまだコインパーキングや老朽化した雑居ビルも多く点在しています。メリケンパークやハーバーランドがリニューアルによって息を吹き返し、今後の再開発で変貌する三宮元町とウォーターフロントとの中間に位置する栄町通も人の往来が増える事によって、将来的にはまだまだ変貌を遂げていく可能性を秘めています。


関連記事

category: 栄町通

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/30 Sun. 10:07 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top