こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事 三宮3丁目ホテル計画 

candeo72.jpg

トアロードと中央幹線の角地に建設中のカンデオホテルズ神戸トアロード。鉄骨立方が始まりましたが、東側部分が14階の最高部に達しました。

candeo73.jpg

先週、11階に達した模様をお伝えした歳、その存在感について大きさが凄いと触れましたが、実際に最高部に達した姿を見ると、やはりかなり目立つ建物になることが実感できました。

candeo76.jpg

角地に相応しい堂々たる建物が誕生しそうです。向かいの建て替えが予定されているゼロゲートと共に、交差点の景観が弱い神戸の中で、高規格の角景観が生まれることに期待が高まります。

candeo74.jpg

高層ビルではない建物でこういった存在感を示す建物は神戸ではあまり多くはないかもしれません。やはり立地がこの建物の注目性を必然的に高めて、目を引く建物にしています。道行く人々も見上げていました。適材適所とは言ったもので、やはり都市景観においても、規模やデザインを含めてその場所に相応しい建物像に合致した建築が計画されるべきですね。鉄骨建方はまだ敷地の3分の1に留まっていますので、残りの部分が完了した際、どのように見えるのか。まだまど楽しみは尽きません。

関連記事

category: 三宮3丁目ホテル計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/29 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

7月1日(土) 開業予定の神戸ポートオアシス 

portcenter055.jpg

先週末の東京インテリア家具、今週金曜日のイオンモール神戸南に続き、土曜日には神戸ポートオアシスがオープンします。新港突堤基部エリアの再開発第一弾として、神戸港福利厚生施設として建て替えられましたが、音楽やイベントが行える多目的ホール、会議室、コンビニ等も整備されたスタイリッシュな複合ビルに生まれ変わりました。

portcenter053.jpg

煉瓦タイルに覆われたエントランス周りです。色調や外装材から、どことなく神戸国際会館を彷彿とさせます。

portcenter049.jpg

この建物の特徴であるアール状のエントランスホールは意外にも開口部に建具は設けず半外の空間となっていました。

portcenter051.jpg

エントランスホールは神戸朝日ビルを思い起こさせます。大階段が上階へと誘います。

portcenter050.jpg

コンサート開催時には多くの人々で賑わう事でしょうね。

portcenter052.jpg

天井にはシンプルですが品のあるシャンデリアが吊るされています。

portcenter048.jpg

1階のデイリーヤマザキは先行して金曜日にオープンします。

portcenter047.jpg

南側にレストランの「ピアハウス オアシス」が開業予定です。

portcenter046.jpg

建物名称の看板パネルです。

portcenter043.jpg

南側から見た建物の様子です。

portcenter054.jpg

建屋の東側に専用駐車場も整備されました。

portcenter044.jpg

目の前の税関線にはフラワーロードでお馴染みの街灯が登場しました。

portcenter045.jpg

神戸三宮フェリーターミナル完成時に整備された西側の歩道にも同じ街灯が設置されまして。

portcenter057.jpg

街灯設置区間は更に北側まで延伸されてKIITO前や税関までに達するようです。レトロビルとポートオアシスのライトアップに合わせて道路もシックな雰囲気になる事でしょう。

portcenter056.jpg

殺風景で薄暗かったエリアが落ち着きのある夜景の名所になるかもしれません。この建物の開業後は夜景の様子もお伝え出来ればと思います。次にこの地区では第一突堤基部の再開発に向けて、今後、既存建物の解体が開始されると共に、2ヶ月強後の9月には再開発事業者と開発概要が決定する予定です。


関連記事

category: ポートセンター

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/28 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top