こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)磯上オフィス新築工事 日本イーライリリー新本社屋 

lili39.jpg

地上躯体工事が始まった(仮称)磯上オフィス新築工事。シルバーマストの竹中工務店仕様のタワークレーン二基が投入されて、大規模開発感がプンプン出ています。やはり複数の大型タワークレーンが登場する現場にはワクワクさせられますね。見るだけで気分が上がってきます。

lili43.jpg

完全体となったタワークレーン。ジブ先端が建設中のオフィスビル最高部辺りになるでしょうか。高さは50mと昨日、取り上げたカンデオホテルズ神戸と同程度。他に高さ50mの建物を例に挙げると、神戸駅前のHDC神戸、メリケンパークオリエンタルホテル、神戸製鋼本社ビル、オリックス神戸三宮ビル等です。

lili41.jpg

ゲート内を覗くと、PC(プレキャスト)柱が並んでいました!低層階の外縁部はこの柱で埋めつくされますが、初っ端から鉄骨建方が始まると思い込んでいたので、目を丸くしてしまいました。

lili40.jpg

建物コア部分にPC柱を建て、壁の配筋と型枠設置を行っています。低層階は鉄筋コンクリート造のようです。

lili45.jpg

工事予定はひたすら躯体工事。前回の取材時に、この予定を見ておくべきでした。

lili44.jpg

この建物は免震構造ですが、基礎に免震装置を設置した感じはありません。完成予想パースを見る限り、3階以上がオフィス階になっているようです。2階までを鉄筋コンクリート造で構築し、その上に免震装置を設置、3階以上を鉄骨造にするのではないかと思われます。

lili42.jpg

従って暫くは低層階の躯体工事が続きそうです。新規のホテルプロジェクトが相次ぐ神戸ですが、そろそろ次のオフィスビル計画が出て来て欲しいですね。

関連記事

category: イーライリリー新本社屋

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/30 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事 三宮3丁目ホテル計画 

candeo72.jpg

トアロードと中央幹線の角地に建設中のカンデオホテルズ神戸トアロード。鉄骨立方が始まりましたが、東側部分が14階の最高部に達しました。

candeo73.jpg

先週、11階に達した模様をお伝えした歳、その存在感について大きさが凄いと触れましたが、実際に最高部に達した姿を見ると、やはりかなり目立つ建物になることが実感できました。

candeo76.jpg

角地に相応しい堂々たる建物が誕生しそうです。向かいの建て替えが予定されているゼロゲートと共に、交差点の景観が弱い神戸の中で、高規格の角景観が生まれることに期待が高まります。

candeo74.jpg

高層ビルではない建物でこういった存在感を示す建物は神戸ではあまり多くはないかもしれません。やはり立地がこの建物の注目性を必然的に高めて、目を引く建物にしています。道行く人々も見上げていました。適材適所とは言ったもので、やはり都市景観においても、規模やデザインを含めてその場所に相応しい建物像に合致した建築が計画されるべきですね。鉄骨建方はまだ敷地の3分の1に留まっていますので、残りの部分が完了した際、どのように見えるのか。まだまど楽しみは尽きません。

関連記事

category: 三宮3丁目ホテル計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/29 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top