こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

新港突堤西地区(第一突堤基部)再開発事業者公募 

daiichitottei03.jpg

いよいよ神戸市が新港突堤西地区(第一突堤基部)再開発事業者の公募を発表しました。神戸みなと温泉蓮の北側に位置する2つの街区を合わせて総事業面積34,000平方メートル、譲渡面積は約24,500平方メートルとなります。最低譲渡額は6億8000万。より大きな北側のA街区は商業地域と準工業地域、海側のB街区は準工業地域です。A街区の内、商業地域である約1ヘクタールは建ぺい率80% 容積率500%。準工業地域の残りの敷地は建ぺい率60% 容積率200%です。但し準工業地域は都市再生特別措置法の容積率緩和によって400%まで引き上げられます。

事業者には開発項目や建設する施設に対して以下の事細かな条件が課されます。

①文化・集客・業務・商業そして高質な住機能等を導入した複合的な土地 利用を図ること。導入する機能の割合として、高質な住機能以外の施設の建築面積が全建築面積の合計の過半以上とすること。文化機能と住機能を含まない提案は認めない。住宅は700戸を最大とし、A街区のみに整備し、住戸は3階以上に設置。文化機能は1,000平方メートル以上とする。

②夜間照明演出を行い、建物の電飾やライトアップも義務付ける。

③緑地広場、歩道、水際テラスデッキ、電柱地中化、両街区を連結し、居留地方面へのアクセス向上を促進する2階レベルの歩行者デッキ(エレベーター付)等の整備を行う。

今後のスケジュールですが、8月に事業公募者の申し込みとプレゼンテーションが行われ、9月上旬には優先交渉権者を決定、下旬に事業計画実施を決定、来年3月に土地の引き渡しが行われる予定となっています。

daiichitottei04.jpg

さてどのようはコンペになるのでしょうか。まずは複数の応募者がある事、魅力的なコンペ案が出される事を期待したいですね。市は今秋以降にA街区内に存在する建物の撤去を実施する予定です。事業者は土地の引き渡し後、6ヵ月以内の現地着手が求められ、4年以内の施設操業が必要とされます。タワーマンションと文化商業施設を組み合わせた開発計画になる事が予想されます。バスターミナルビルの事業提案のように大手不動産会社とゼネコン等の企業連合によるコンペになると面白いと思います。近隣に倉庫施設を持つ財閥企業にも期待したいですね。殺風景な港湾地区が徐々に潤いのあるウォーターフロント地区へと変貌を開始します。

関連記事

category: 新港突堤西地区再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/19 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 12

go page top