こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸ポートオアシス 神戸港福利厚生施設 

portcenter035.jpg
神戸港福利厚生施設の集約建て替え計画として進められてきた神戸ポートオアシスの完成が近づいています。建物を覆っていた養生ネットと足場が撤去されて、外観が姿を現しました。


色調は想像していたよりも暗いので、シックで落ち着いて見えます。


この建物のデザインの面白い所はどの面も同じではない事でしょうか。


最も特徴的なのは北側のアールです。アルミカーテンウォールを採用したガラスの外装で、内部は吹き抜けのエントランスホールとなっています。


吹き抜け空間内部の様子です。奥に大階段が確認できます。エントランスホールの外周に沿って階段が設置されています。この空間は3層吹き抜けのイベント広場・セイルコートとなります。


この建物の周辺には歴史的建造物の神戸税関、KIITO神戸、新港貿易会館があり、これらとの調和を考えられた今回の外観デザインは好感が持てます。いつもながら安井建築設計事務所のデザイン力には敬服です。


税関線沿いには歴史的な建物が多いのですが、東西を貫く道路沿いは殺風景な倉庫街が広がっています。今後、この建物の完成や第一突堤基部の再開発が動き出せば、この倉庫街にも新風が吹き始めるかもしれません。地区の用途変更によって、再開発の促進が期待されます。


ポートオアシスの1階には一般に開放される食堂が開業します。完成の暁には取材を兼ねてランチを楽しみたいと思います。観光客にも人気の名物レストランになると、多くの人がこのエリアに足を運ぶのではないかと思われます。またこの建物は周囲の建造物に並んで美しい照明演出が行われる予定です。夜景の名所としての税関線も今後アピールしていくべきではないかと思われます。

関連記事

category: ポートセンター

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/11 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top