こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

JR西日本来島社長会見と阪急阪神HDの杉山新社長就任 

terminalbiru002.jpg

新年度を迎え、各企業の代表者が抱負を示す記者会見が行われました。三宮ターミナルビルの年度内営業終了を決定したJR西日本の来島社長も先月19日に会見を開きました。JR西が公式ホームページに掲載した会見内容には三宮ターミナルビル建て替えについて触れられてはいませんでしたが、産経新聞は独自に会見中に確認したのか同社長が同ビルについて「三ノ宮駅から元町まで中心エリアは広域に及んでいる。駅周辺のニーズが何なのかという観点で決めていくべきだ」と述べたと報じています。

terminalbiru001.jpg

JR西は2013年3月に発表した5ヶ年中期計画において、JR三ノ宮駅の再開発計画については2018年度から計画を具体化するスケジュールを示していました。年度内のターミナルビル閉館はこのスケジュールに忠実に沿ったものとなります。来島社長が示した都心の広域的な観点から捉えた駅前地区のニーズとは一体何でしょうか。

terminalbiru004.jpg

神戸都心の活性化から考えると、今後の再開発によって三宮駅前地区に大型商業・業務施設が集中し、都心軸が現在よりもフラワーロードの東に移動する事が予測されます。ただ神戸の都心域の人の流れは東から西に向かって流れる傾向にあります。この流れが再開発によって大きく変わってまうのかどうか。再開発の方向性としては東側にも人が流れるようにしつつも、やはり駅前地区が今まで以上に強力な吸引ポンプ機能を持ち、広域から駅前地区に人を多く集め、一定時間の滞留後に西に向かって強く吐き出すという形が理想です。

新駅ビル内の商業施設としての魅力をまずは規模や誘致テナントの有望性によってカバーしつつ(ルクアにはすでに一定のブランド力が構築されたとは思いますが)、高層部に新設するホテルは「温泉」というキラーコンテツを活用して話題性や快適性を提供。これらに加えて、駅としての交通・公共・交流拠点性を大幅に向上させる必要性があります。周辺施設、地下通路、各鉄道会社の駅との連絡と回遊性を最大限に高め、玄関口としての機能も強化しなければなりません。

計画の概要は年度内には発表される見通しです。来春より具体的な計画が動き出すと見てよいでしょう。神戸市も6月末に再開発構想を具体化する基本計画の素案を策定し、こちらも年度中に計画を公表する予定とのことです。

sannomiyaekikonai01.jpg

駅ビル計画の検討が進む中で、JR西日本は同時にJR神戸線の都心域内高架駅及び架線の耐震改修工事も進めています。JR三ノ宮駅のコンコースは現在、どこもかしこも天井耐震工事を進めるための作業床を支える鉄骨の柱で埋め尽くされています。これによってただでさえラッシュ時にはスペース的に限界だった構内は人が溢れかえり、通行は困難を極めています。

sannomiyaekikonai02.jpg

この耐震改修がすでに完了したプラットホームとコンコースを結ぶ階段・エスカレーター付近は天井パネルの美装化やLED照明への設備更新が行われて、明るく綺麗になりました。コンコース内の天井も改修完了後には美しく生まれ変わって欲しいと思います。加えて案内表示類の更新も進め、リニューアルの終わったJR大阪駅や新大阪駅のように洗練されたコンコースに生まれ変わらせて欲しいのですが、注文を付けるとすれば、JR金沢駅のように街のコンセプトを反映するようなリニューアルを施して欲しいですね。

みどりの窓口も規模が小さ過ぎて、人の列が構内まではみ出している事があり、これがまた通行の妨げとなります。待ち合わせをしている人も多く、やはり駅ビル建て替え時には合わせてコンコースの拡張が必須かと思われます。コンコース内の店舗スペースを縮小して、オープンスペースを増やし、新駅ビルに構築する交流拠点と連携させます。

hankyu219.jpg

阪急阪神ホールディングスについては経営陣の世代交代が行われます。角現社長が会長に就き、杉山副社長が新社長に就任します。6月の株主総会にて正式に決定される模様です。神戸にとっての角氏は神戸阪急ビル東館の建て替えを決定した功労者です。杉山氏は神戸電鉄社長を務めていた経歴もあって、これからの神戸にとってもメリットが多い人事になるのではないかと思われます。

sogo-hankyu17.jpg

阪急にとっての三宮の位置付けはそごう神戸店の譲渡によって大きく変わったのではないかと思われます。かつては梅田に並ぶ阪急のターミナルとして大きな役割を果たしていた三宮は震災以降、急速に魅力が褪せてしまい、代わりに西宮北口の台頭によって一時は乗降客数の逆転も起こりました。阪急も西宮北口に大きな投資を行い、今や同駅周辺は関西屈指の人気スポットに成長しました。神戸阪急の撤退も手伝って、神戸から阪急の存在はより小さくなっていきました。潮目が変わり始めたのはJRの駅ビル建て替えの検討が開始され、温泉掘削や神戸地下街株の取得等、再開発に向けての準備を具体的に進め始めたあたりでしょうか。鉄道各社が非鉄道事業へのシフトを強め始めた時代背景も手伝っています。阪急にとっても西宮の再開発、阪急梅田本店の建て替え、博多阪急の出店等、一連の大型プロジェクトが完了し、次の非鉄道大型投資先として残されているのは三宮のみとなりました。長期に渡って暫定利用を続けてきた神戸阪急ビル東館の建て替えを決定。工事着手とほぼ同時のタイミングで振って湧いたそごう神戸店の譲渡は阪急にとっては渡りに船だったのでしょう。三宮が再び梅田と共に阪急ターミナルの双璧となる基盤が揃います。これに神戸市営地下鉄山手線の乗り入れが実現すれば、阪急にとっての三宮の重要性は揺るぎ無いものになるでしょう。

今年10月のそごう神戸店の譲渡完了後も当面は屋号の変更は行わない方針であると神戸新聞が報じています。変更時期については今後の検討課題とするようです。やはりベストの変更タイミングは建て替え時ではないかと思います。建て替えの開始時期は恐らく梅田の大阪神ビル、新阪急ビルの建て替え完了後。

新社長となる杉山氏も会見時には三宮の再開発に強い意欲を示したようです。

terminalbiru003.jpg

この景色も10年後には大きく変わっている事でしょう。少なくとも3棟の高層ビルが聳えているはずです。三宮クロススクエア構想やLRTはどこまで実現はしているでしょうか。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/08 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top