こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

東遊園地芝生化実験広場改修工事 

higashiyuenchi35.jpg

つい先週、東遊園地の芝生養生についての記事を掲載しましたが、地面に貼られていたシートがすでに撤去されているとの情報を頂いたので、再度、現地を取材してきました。

higashiyuenchi37.jpg

おお~!?ぱっと見、フサフサの芝が再生して戻ってきているように見えます。

higashiyuenchi38.jpg

しかしよくよく見てみると、その密度は昨年の状態から比較すると、やはり比べる程ではありません。

higashiyuenchi39.jpg

部位によっては芝よりも砂利の割合が大きい所もあります。まだら模様になっているのは耐性がより低い種類の芝や保護パターンの組み合わせだったという事でしょうか。

higashiyuenchi36.jpg

一見、緑の絨毯が復活したかに見えましたが、やはり完全再生には至っていないようです。今月末には閉鎖を解く予定のようですが、もう少し延長したほうが良いのではと思います(勿論、それで再生度合いがより高まればの話ですが)。

最も耐性度合の高いパターンの組み合わせで全面に芝を貼っても、ルミナリエと1・17の集いが開かれれば、また芝は消滅します。芝の養生は都市公園ではほぼ宿命だとは思いますが、芝の無い期間が年の半分近くを占めるとなると、なかなか難しい問題です。やはりこのグラウンドの芝生化はルミナリエの開催場所の再検討とワンセットで検討されるべきなのではないかと思われます。

久元市長はルミナリエについてはパブリックコメントの募集や市民会議の場を開く意向はないのでしょうか。

higashiyuenchi40.jpg

このステージもお役御免にしても良いのではないかと思われます。ここに常設型のカフェレストランがあれば賑わいに一役買う事、間違いないかと思われます。メリケンパークにはスターバックスが進出しましたが、ここにはやはり地元の上島珈琲にぜひともひと肌脱いで貰えませんかね。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/18 Tue. 14:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

神戸阪急ビル東館解体工事と神戸阪急ビル増築工事 

hankyu219.jpg

解体中の神戸阪急ビル東館の敷地内に掘削専用の重機である三点式パイルドライバーが登場しました。この重機の主な用途は杭打です。

hankyu220.jpg

この重機が投入されたという事は既存ビルの解体工事からいよいよ神戸阪急ビルの建設工事に着手することを意味している可能性が高いと思われます。

hankyu217.jpg

三点式パイルドライバーが作業を行っている場所は旧ビルの外周部分のようです。

hankyu218.jpg

恐らく解体済の旧東館の東側部分をI期工事として先行開発するので、この部分の山留壁の構築を開始したのではないかと思います。地下3階まである構造なので、基礎と地下階の構築に相当の時間を要するものと思われます。地下鉄三宮駅にも設置しており、年単位の長期及びかなりの難工事になるでしょう。しかしいよいよ着工となると感慨深いですね(間違っていたらごめんなさい)。

hankyu221.jpg

市営バスの停留所が南に移設された為、フラワーロード側にも搬出入用のゲートが出来ました。

unizo29.jpg

ちなみに神戸阪急ビルが立ち上がると、加納町交差点から見た場合、真正面に聳え立つことになります。これはかなり格好の良い景観になる事が想像できますね。

関連記事

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/18 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top