こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

MIU MIU KOBE新築工事  

miumiu24.jpg

年初以来の記事となるMIU MIU KOBEの新築工事。鉄骨建方が完了して足場と養生ネットに覆われてからは全く内部の様子は伺い知る事ができませんでした。常々、いつネットが取り払われるのかとチェックを入れていましたが、ようやくそのベールを脱ぎ捨ててくれました。

miumiu25.jpg

地上3階建 高さ20mの店舗ビルは1階以外は全く開口部の無いファサードであり、景観審議会でも物議を醸しだしました。完成予想パースでも外壁処理の様子は想像がつかず、実際に完成してみないと分からないといった具合でした。

miumiu26.jpg

とても複雑な形状の外装パネルです。材質的には剛板です。これを細かいヒダのような形状に加工して継ぎ合わせています。

miumiu27.jpg

壁面の拡大です。何とも挑戦的なデザインです。ただもっと光沢感のある外装材を想像していました。

miumiu28.jpg

泰和ビル跡は一時は大阪のマンションデベロッパーである都市環境開発社に譲渡された節がありましたが、最終的には投資法人みらいが取得。建物も含めて同法人の保有物件になります。

完全に完成してみないと分かりませんが、賛否両論を生み出しそうです。人によっては凝った造りで前衛的であると表現するかもしれませんし、まるでトタンのようだと言う人も出てくるかもしれません。夜間にはまた別の印象を纏うに違いありません。5月の竣工時に再度、レポートしたいと思います。

miumiu29.jpg

MIU MIU神戸の建設されている明石町筋ではこの日も「旧居留地フリーウォーク」と名付けられた歩行者天国が実施されていました。昨年10月にも行われたイベントです。

miumiu30.jpg

こうした屋外イベントにぴったりの新緑が芽吹き始めた気持ちの良い季節になってきました。開港150年の今年は神戸で様々なイベントが開催される予定です。

関連記事

category: 旧居留地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/17 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top