こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

東遊園地の芝生化実験 


昨夏から本格開始された東遊園地グラウンドの芝生化社会実験。秋までは青々とした芝生が繁り、都心のオアシスを楽しむ家族連れやカップルで賑わっていましたが、ルミナリエ、117の集いと二つの大きな山場を経て、当初の予測通り芝生は地上から完全消滅しました。


3月6日から再びグラウンド化した芝の植栽地を閉鎖して、芝の養生を開始。


地面をシートで覆って保護し、内部をビニールハウスのように保温。湿度も高めとなり、芝にとっての好環境を作り出しています。


完全消滅したかに見えた芝はシートの保護下で再生が始まっています。撮影時はまだまだらでしたが、現在はかなり再生しているようです。


自宅のオリヅルランも真冬には完全に枯れてしまい、水もあげなくなっても、春には緑の葉を出します。根さえ生きていれば、葉は復活するのですね。自然の力強さを感じました。養生期間は今月末まで。ゴールデンウィークには再びグリーンの絨毯が観れるかもしれません。再開発で工事現場が増える三宮にあって、緑のオアシスは今後、重視されるでしょう。メリケンパーク同様に園内に常設型の飲食店の誘致も視野に入れて欲しいと思います。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/15 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top