こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

みなと元町計画 竣工 


地下鉄海岸線みなと元町駅西出口として活用されている旧第一銀行神戸支店の保存外壁。北側に隣接する駐車場と合わせて大林組の保有ですが、子会社の大林新星和不動産が地上14階、延床面積3880.56平方メートルの店舗、共同住宅から構成される複合ビルを建設。外壁との景観上のマッチングが物議を醸し出しましたが、建物は竣工しました。


ベストマッチのデザインかと問われればそうではないと思いますが、建設過程からずっと見てきたせいか見慣れてしまったのでしょう。個人的には今はあまり気にならなくなりました。シンプル過ぎてあまり高層部が主張しないせいでしょうか。


南側の保存外壁に建物名が取り付けられました。その名も「プラネソシエ神戸元町」。


建物の外構にはシマトネリコの鉢植えが置かれました。


内部へのエントランスアプローチです。


内部の地下鉄駅エントランスと建物エントランス間の共有空間はちょっとしたスクエアになり、こちらにもシマトネリコの鉢植えが置かれました。


地下鉄駅の出入口付近の様子です。


1階の店舗フロアでは現在は内装工事が進行中です。どんなテナントが入るのか要注目です。


住戸部のエントランス。オシャレな感じですね。賃貸物件としては人気が高そうです。


西側の外構には植栽が行われました。また1階のガラスの内部は壁に写真が飾られてミニギャラリーとなっています。建物のヒストリーを掲示しているようです。
関連記事

category: みなと元町計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/09 Sun. 07:40 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top