こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

雲井通6丁目 三宮駅前ビジネスホテル計画 

kumoi007.jpg

ツインバスターミナルビル構想が想定されている雲井通地区。東急REIホテルの入るコスモビルと新ビジネスホテルが建設されている6丁目は二期街区として、2025年から再開発開始が予定されています。

kumoi008.jpg

三宮駅前ビジネスホテル計画はこの再開発には無関係のように建設が進められています。計画のアドバイザー募集による提案ニ案では、コスモビルとこの新ホテルは開発区域には含めずに再開発ビル計画を描いていました。恐らく事前に市からはこの2棟を組み込まない上での想定と告げられていたのでしょう。

kumoi009.jpg

新築となるビジネスホテルはまだしもコスモビルは老朽化が著しく駅前一等地に立地する建物としても更新時期が訪れていると思われます。ぜひとも再開発に参加して欲しい次第です。それが難しいのであれば、せめて建て替えをお願いしたいと思います。特定都市緊急整備地区による容積緩和やホテルへの容積率ボーナスもありますので、現在よりも高層化が可能です。

kumoi010.jpg

新ビジネスホテルとの共同建て替えは考えられるでしょうか。

kumoi011.jpg

3年後にはこの風景も大きく変わり始めます。駅前地区の大型開発構想が具現化し始めている中で、民間独自の新たな開発構想も出てきて欲しいですね。中小規模のホテル計画はありますが、鉄道会社、百貨店に次いで大手不動産デベロッパーによる大型案件が欲しいところです。県や市が実施と発表を行なった耐震性検査によって強度不足の判定を受けた建物へデベロッパーから譲渡案や開発案が持ち込まれれば、面白い事が起きるかもしれません。
関連記事

category: 雲井通6丁目計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/08 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top