こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

イオンモール神戸南の開業が三度延期 6月末から9月末へ 


神戸市中央卸売市場本場跡地で建設中のイオンモール神戸南ですが、イオンモールが神戸市に三度となる再度の開業時期延期の申請を行ったと神戸新聞が報じました。開業時期は当初予定の6月末から3ヶ月遅れの9月末になるとの事です。


延期の理由はあろう事かテナント誘致難航による工期の遅れだそうです。140区画の内、まだ半数が埋まらず、特にアパレル系のテナント集めに苦戦を強いられているとの事。やはりumieから約2kmという至近距離では重複出店や競合を避けようとするテナントの動きがイオンの想定以上だったという結果でしょうか。当初から懸念はありましたが、まさか予定通りに開店が出来ない事態になるとは。集客力の衰えないumie内でさえも、力のないテナントは早々に撤退を余儀なくされています。

神戸市も今回ばかりは業を煮やして違約金を課すことにするようです。開業3ヶ月前にも関わらず、モール内の求人が出ない事を心配していましたが、イオンモールと言えども難しい立地のようです。


建物の建設工事は着実に進んでいます。地下鉄駅と連絡する建物北東部分の鉄骨建方も開始されました。


駐車場棟も完成形が見えてきました。


建物北側面のロゴを掲げるコーポレートカラーの看板の取り付けも完了しています。


気になる西側面の台形型の大型装飾パネルに描かれた数字は2、3、4。一体何を意味しているのでしょうか。


イオン直営の食品スーパーと、中央卸売市場と連携した生鮮食品売り場は予定通り6月に開業するようです。地産地消をテーマに「食のゾーン」と銘打ち、卸売市場の生鮮食品の購入や食事ができる「地産マルシェ(市場)」や神戸のスイーツを販売する「神戸グルメゾーン」、卸売市場との連携イベントを開く「食の交差点」を設ける予定でしたが、これらは6月に無事開業するのでしょうか。何とも出鼻をくじかれて興醒めな開業となってしまうようで、残念です。
関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/23 Thu. 06:10 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

波止場町のプロムナード整備 

hatobaprom17.jpg

メリケンパークと新港第一突堤基部を結ぶ波止場岸壁に整備中のプロムナード。なんともうすでに街灯の設置が始まっていました。4月末の完成を考えれば当然かもしれません。

hatobaprom18.jpg

街灯はダークグリーンの塗装が施されたガス灯調のデザインです。思ったより小ぶりなサイズでした。

hatobaprom16.jpg

すでに全街灯の設置が完了しているようです。路面の嵩上げ作業も行われています。全長250mの歩道すべてが嵩上げされるのでしょうか。パースには描かれていませんでしたが、宙を横切る電線が目障りですね。

hatobaprom14.jpg

プロムナードの入口となるみなと公園内も防潮壁の岸壁側に街灯が設置されました。しかしこの部分は路面の老朽化が進んでいる他、この場所には相応しくない中途半端な松の並木があります。せめてこのアプローチのみでも、もう少し手を加えて何とかならないものでしょうか。

hatobaprom11.jpg

プロムナード整備の進む波止場町から道路を挟んだ向いにある老朽化したビルの改装が進められています。リニューアルオープンを控えるメリケンパークの玄関アプローチとなるこの場所は歩道の拡大や改修が進んでおり、古ぼけたこの建物の改装も歓迎すべきですが、その活用法が気になっていました。シックな黒に化粧直しされた建物は洒落た感じになりました。

hatobaprom12.jpg

そしてなんとビックリ!英国の高級車ベントレーのショールームになるようです。これまでベントレー正規ディーラーのショールームは東京と大阪にしかありませんでした。神戸にも初進出するということでしょうか。今年に入って、旧居留地にはランボルギーニに正規ショールームが出店しましたし、同じく旧居留地内にはジャガーもショールームを構えます。欧州の輸入高級車が次々と神戸の街中にショールームを開業させている背景にはどんなメリットがあるのでしょうか。

hatobaprom13.jpg

ベントレーのショールーム前の歩道は幅員が拡張され、路面ブロックも再敷設が行なわれています。京町筋からメリケンパークへのメインアプローチとして明るく広いアクセス路となります。メリケンパークへの来園者増加によって、この通りの通行量が増えると新たな経済効果やビジネスの需要が生まれてくるかもしれません。
関連記事

category: ウォーターフロント

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/22 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top