こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

KCMI神戸医療イノベーションセンターが竣工 

pilot66.jpg

ポートライナー「京コンピューター前駅」の駅前で建設の進められていた「KCMI神戸医療イノベーションセンター」が竣工しました。進出企業が増加し、賃貸ラボスペースの不足から新たな床が必要とされており、この建物が計画されました。当初はこのビルの建設と運用を民間企業に託す予定でしたが、残念ながら公募に名乗りを上げた企業はいませんでした。結果的に市の外郭団体であるOMこうべが受け皿となりました。

pilot67.jpg

ビル敷地内に設置された「KCMI」の名称掲示板。KCMIはKobe Center for Medical Innovaitonの頭文字です。

pilot68.jpg

安井建築設計が手掛けたが外観デザインはさすがといった感じです。様々な形状のパーツを巧みに組み込んで1つの建物を構成しています。

pilot69.jpg

1階エントランス周りの様子です。

pilot72.jpg

歩道と敷地の境界です。

pilot70.jpg

駐車場と歩道の間に植栽が行われました。

pilot71.jpg

ファサードの造形も非常に凝った造りになっています。

pilot73.jpg

イノベーションと先進性を感じさせる2階のメインエントランス。京コンピュータ前駅とデッキで接続しています。

pilot74.jpg

建物内には次期スーパーコンピューターの開発を行う研究スペースも設けられています。

神戸医療産業都市を巡っては今週も世界初の快挙を成し遂げたニュースが報じられました。他人のiPS細胞で作られた網膜の移植手術に成功したそうです。こうした具体的な成果が次々と生まれる最先端医療都市としての神戸が認知されれば、日本のみならず世界中から医療関連産業の進出が期待できます。現在のポーアイ二期地区のみならず、再開発の進む三宮地区でも企業誘致に弾みがつき、先日のバスターミナルビル案のような大型再開発にも追い風が吹くでしょう。この新しいビルからもそうした研究成果とビジネスが生まれる事を願います。

関連記事

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/31 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画 


ファミリア本社跡地で計画されている三菱地所レジデンスのタワーマンション。既存建物の解体が進められていましたが、新築建物の着工は今春を予定しています。


本社屋、ファミリアホール共にすっかり姿を消した現場。瓦礫の山と化した敷地内です。


更地化されてみると、かなり広い敷地である事が分かります。基礎等の地中障害物の撤去まで終わった状態でしょうか。着工予定は4月1日です。杭打工事が予定通り始まる事を期待したいです。


気になるのは仮囲いに掲示されている建築計画のお知らせです。お知らせにはよく目を光らせておかないとならないのは、いつの間にか一部の情報が修正されている事があるのです。今回のお知らせも一部の修正が入りました。修正項目は高さが121.15mから116.95mへ、延床面積が41,000平方メートルから39,582平方メートルへ縮小されています。高さの変更は3m程低くなりました。見た目の影響はさほどではないはずですが、数値上のインパクトは大きいです。また面積も1,500平米程、小さくなりました。デザインへの影響はどうでしょうか。

familia57.jpg

価格の高騰と高止まりを受けて首都圏では分譲マンションの販売に急速なブレーキが掛かっています。首都圏程の高騰化には達していない関西圏では未だに大阪でタワーマンションの建設ラッシュに沸いています。現在、神戸で計画中のタワーマンションはこの物件のみに限られており、希少性や注目度は高いはずです。神戸の都心ではタワーマンションの建設に歯止めが掛かってしまっていますので、規模縮小は控えて欲しいですね。またこのタワーは中突堤からの景観において、立地上、結構、重要なポイントにあります。夜間の塔屋のライトアップを実施して欲しいと思います。

関連記事

category: ファミリア本社跡

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/30 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top