こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2017 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

波止場町のプロムナード整備 

promnard03.jpg

メリケンパークと第一突堤基部を結ぶ波止場町のプロムナード整備が開始されました。この整備によってもたらされる効果を疑問視するコメントも沢山頂いています。この整備はどちらかと言えば、実際の成果創出よりも国に地方合同庁舎の撤去移転を進めさせる為の外堀を埋めて既成事実を固めている作業と認識した方が近いかもしれません。

merikenpark055.jpg

個人的にはこのプロムナード整備よりも、港都グランドデザインが示しているメリケンパークと第一突堤を結ぶ桟橋の整備を優先して進める事で2つのウォーターフロント拠点を一体化し、今後予定される第一突堤基部再開発のコンペで開発事業者により大きな投資をして貰えるようアクセス性を高めるべきなのではないかと思います。

merikenpark053.jpg

既存の防潮堤に鉄筋が打ち込まれています。高さを増すのでしょうか。

merikenpark054.jpg

型枠も設置されていました。コンクリートを打設するようです。神戸港では2004年の台風と高潮による影響で三宮南地区が冠水しました。以来、神戸市は防潮堤の包囲網やポンプ場と排水管の整備を進めてきました。

merikenpark056.jpg

しかしその代償として親水地区には延々と壁ができてしまい、景観的にはマイナスな要素になってしまったのです。

やはりプロムナードを魅力的にするには周囲の景観に手を加えなければなりません。大阪は中之島を参考にして、阪神高速の高架下をライトアップする等、沿道に潤いを与えなければ積極的にここを歩く気にはなりません。やはり究極論は阪神高速の地下化でしょうか。


関連記事

category: ウォーターフロント

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/03 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top