こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2017 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

(仮称)イオンモール神戸南新築工事 

ionmall178.jpg

旧中央卸本場跡で建設が進む大型商業施設「イオンモール神戸南」。新川沿いの外装が遂にここまで顕わとなりました!AEON MALLのロゴも出てきました。

ionmall179.jpg

養生ネットや足場に覆われている部分も残りあと僅かのみとなりました。

ionmall180.jpg

壁面3ヵ所に設けられた三角形(台形?)の装飾パネルの完成形はこれです。数字の「3」は何を意味するのでしょうか。

ionmall182.jpg

南側から見た全景です。周辺の住民の皆さんは開業を心待ちにしているでしょうね。

ionmall183.jpg

運河プロムナード越しに見るイオンモール神戸南。3の文字が見えるようになって、まるで急に機動戦士ガンダムやパトレイバー等のアニメに出てくる格納庫や戦艦のようにも見えてきました。モールの開業後は今は静かなこのエリアも賑やかになるのでしょうか。やはりこの辺りに歩行者専用の橋が架橋されると回遊性が向上すると思われます。

ionmall185.jpg

プロムナードの柵の欄干に集う海鳥達はイオンモールの開業をどう見ているのでしょうか。

ionmall187.jpg

駐車場棟の鉄骨建方も大詰めを迎えています。ただ東側は西側と比較するとまだ工事の進捗は遅いようです。

ionmall186.jpg

モール建設地の南側にあるII期地区。冷蔵棟がまだ機能しています。II期地区の開発方針はいつ頃決まるのでしょうか。歴史資料館も良いですが、沿線人口が増え、エリアの価値を向上させるような優良で憧れを抱かせるような住宅開発を目的としたコンペも実施するべきかと思います。昨日のOPA2、このイオンモール、umieのNorth Mall改装と今年はイオン攻勢が重なります。
関連記事

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/28 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

三宮OPA2が開業 


去る2月24日金曜日。ダイエー三宮駅前店の2-9階に三宮OPA2が開業しました。昨年より同フロアを閉鎖して改装を進めてきましたが、三宮の駅前に新しい顔が誕生しました。


エントランスにもロゴが付きました。


サンシティは区分所有の再開発ビルなので、低層階は北側が地権者区画、南側がダイエー所有です。入って正面の一等地に出店したのが久世福商店です。


同店は和の食のセレクトショップとして話題を集めています。勿論、今回が兵庫県初進出。


また久世福茶寮というカフェ併設店は西日本初となります。


店内は内装を一新。エレベーター周りも見違えるように美装化されました。


エスカレーターも美しく生まれ変わりました。照明もLED化されています。


今回の改装で最も注目されるのが、8-9階のレストラン街です。9階の床一部をくり抜いて、吹き抜け空間を造る力の入れようです。新設されたレストランフロアはその名もPATIO THE DINER。


吹き抜けは開放感を生んでいます。中央には休憩スペースを造り、余裕のある空間作りを行なっています。


木目と暖色系の照明で上質感を演出しています。


まだ開業していない店舗も一部ありますが、これから順次オープンしていくようです。出店数は2フロアで15店。三宮駅前地区で複数の店舗が集まるレストラン街はこれまでミント神戸、三宮ターミナルビル、さんちか、神戸交通センタービルのみだったので、ここにOPA2が加わり、選択肢が充実してきました。


店内には他にも休憩スペースが随所に設けられており、イオンモールの店づくりの手法があちらこちらに見受けられます。


ただ気になったのは開店から3日目の割に客数の少ない点です。開店後、2時間というのもあったでしょうが、駅からOPAに向けて人波が流れていく様を期待していたのですが、少し拍子抜けでした。改装の目玉の1つであるホームコーディがまだオープンしていないので、3月1日の開業効果にも期待大です。


午後に訪問していれば、また違った印象だったのかもしれません。注目度や話題性は高いはずですので、今後の動向に注目していきたいと思います。


奇しくもOPA2の開業日に元祖OPAの入る三宮ターミナルビルが来年3月を以て営業を終了する方向で調整との報道がありました。OPAも閉店を余儀なくされる事でしょう。来春以降はOPA2もOPAに衣替えでしょうか。現OPAに出店しているテナントの来春以降の行方も気になるところです。OPA・OPA2は双方とも再開発による建て替えが予定されている建物に出店しているという数奇な運命を背負っています。今後の動向から目を離せません。

関連記事

category: 三宮再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/27 Mon. 08:29 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top