こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)カンデオホテルズ神戸トアロード 三宮3丁目ホテル計画 



三宮3丁目はトアロードと中央幹線角地で建設の始まった(仮称)カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事。大型のクローラークレーンが敷地いっぱいにジブを横たえています。



4棟の建物を集約した再開発となりますが、やはり大型クレーン車が入ると、狭く見えます。



工事予定を見て驚いたのですが、作業内容が既存建物地中障害物撤去工事となっています。既存建物の基礎はすでに撤去されていたのかと思っていましたが、まだ残留しているようです。



ゲートが開いていました。敷地内に既成杭が確認できます。地中障害物撤去と杭工事を同時に進めるということでしょうか。



仮囲いに許可証類が掲示されました。労災保険関係成立票の期間を見ると、完了日が平成30年1月31日となっています。当初のホテル開業予定は来年末でしたが、工事開始の遅れからか、開業予定も少しずれ込む可能性が出てきました。



隣接する三澤ビルも外観の改修ですっかり綺麗になりました。両隣が新築ビルとなるので化粧直しは必須です。



おまけですが、カンデオホテルズ神戸トアロードの建設地から目と鼻の先にあるJR元町駅前角地の林ビルが外観改修工事中です。工期も長く足場や養生ネットもかなりかっちりとしたものが使用されています。かなり目立つ立地にある建物ですので、フレッシュでアイマークになる外観に生まれ変わって欲しいと思っています。

category: 三宮3丁目ホテル計画

2016/09/22 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)三宮3丁目ホテル計画 カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事 着工! 

candeo47.jpg

トアロードと中央幹線は三宮3丁目の角地(敷地面積約582平方メートル)に老朽化したスカイトアビルやサンサンビル等、計4棟の建物が立っていましたが、敷地を集約化して再開発が行われることになりました。新しい建物は(仮称)三宮3丁目ホテル計画として地上14階建 延床面積約4,645平方メートル 高さ49.35mの再開発ビルを建設。1-2階に店舗、3-14階はホテルになります。またホテル階にはカンデオホテルズが進出します。土地所有者及び事業主はハウジングタイホーです。

今年初頭より既存ビルの解体撤去工事が行われてきましたが、6月下旬までには完了。更地化された敷地は暫く休眠していました。しかし先週、突如、仮囲いの設置が始まって着工しました!

candeo43.jpg

掘削機が敷地に入って山留壁の構築に向けて掘削が始まっているようでした。隣接する雑居ビルである三澤ビルは南側にも新たな商業施設が建設中で新築建物に挟まれる状態になるのを危惧してか、外装の改修工事を実施しました。

candeo44.jpg

(仮称)三宮3丁目ホテル計画 の施工を担当するの益田工務店。二宮町に本社を構える建設会社です。神戸市内や近畿圏を中心に実績があります。設計は創建設計事務所。こちらも兵庫区に本社を置く地場の設計事務所です。ホテルの実績としてはJR元町駅前の神戸プラザホテルを手掛けています。これらオール神戸の布陣で建設を勧めます。

candeo46.jpg

建物の構造は鉄骨造です。基礎工事完了後は鉄骨建方によって一気に建物の躯体が姿を現すことになります。

torroad07.jpg

ホテル階に進出するカンデオホテルズ神戸トアロード。160室を提供し、最上階には展望露天風呂を備えたスカイスパを整備。前客室にシモンズのベッドを備え、60品目以上の日替わり朝食を提供し、単なるビジネスホテルとは一線を画す路線でホテル数を急拡大しています。

狭小地にひしめく多数の小規模なビルや商業施設の老朽化が目立つ神戸の商業地。この計画はそんな建物を一体的に建て替える模範例として注目を集めています。竣工は2017年12月を予定。来年の今頃にはほぼ外観を拝めるような状態に仕上がっているかもしれません。何はともあれ無事、着工してひと安心です。目立つ場所だけに非常に完成が楽しみな計画の一つです。

candeo48.jpg

この計画が進行し始めると、その向かいにひっそりと佇んでいるメディテラス跡がどうしても気になってしまいます。未だにパルコからは三宮ゼロゲートの開業時期や詳細の発表はありません。


category: 三宮3丁目ホテル計画

2016/09/05 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事 三宮3丁目ホテル計画+トアロード各種計画 

torroad04.jpg

ここ1ヵ月は毎週月曜日は神戸阪急ビル東館の進捗週報に充てていましたが、外見上はほとんど動きが無かった為、今週はお休みすることにしました。

代わって三宮3丁目で計画されている再開発ビル「カンデオホテルズ神戸トアロード」及びトアロードで進行中の各プロジェクトの状況レポートです。カンデオホテルズの計画地にあった雑居ビル4棟の解体撤去工事が完了し、仮囲いも一旦、取り払われました。

torroad05.jpg

綺麗に更地化された計画地です。仮囲いが撤去されたのは既存建物の解体施工者と新築ビルの建設施工者が異なるためだと思われます。

torroad06.jpg

計画地の向こうにパルコが取得し、ゼロゲートをオープンさせる予定のメディテラス跡がひっそりと佇んでいます。

torroad07.jpg

着工は7月吉日として正式には決まっていません。すでに7月はあと1週間を残す程となりました。予定通り月内に着工するでしょうか。今週中に仮囲いが再度、整備され始めればその可能性は高まってきます。まだ施工者決定の最終調整が行われているのかもしれません。

torroad08.jpg

カンデオホテルズ神戸トアロードの計画地と隣接する三澤ビルやその更に南隣で建設中の新しい狭小商業ビルは養生ネットと足場に包まれています。再開発の行われない三澤ビルも両隣に新築ビルが建設されることに伴って、外観の改修を行っているようです。

torroad09.jpg

改修と合わせて新しいテナントも開業するようです。これらの建物やカンデオホテルズ神戸トアロード、そしてゼロゲートが開業すると、この交差点付近はとても賑やかになりそうです。人の通行量も増えるでしょうから、中央幹線以南のトアロードの車両通行についても何等かの規制が必要かもしれません。

torroad03.jpg

これらの新規建物よりも100m程南下した場所で建設中のBAL ANNEX。COACHの入居していた地上2階建ての旧ANNEXを倍の規模である地上4階建てに建て替える工事です。外見上は工事の進捗が見えませんが、これまで基礎工事が進められていました。ゲートの隙間から内部を覘くと、すでに基礎の配筋やコンクリート打設が完了していました。作業予定には7月26日より鉄骨建方を開始する旨が記載されていましたので、来週にはこの作業の模様をレポートできるかと思います。

torroad01.jpg

これからゼロゲートが開業するまでの数年間、トアロードから目を離せませんね。三宮中央通りまでこの建て替えブームが波及してきて欲しいと思います。特に交差点付近はカンデオホテルズ同様に店舗とホテルの複合ビルに建て替えられると理想ですね。

category: 三宮3丁目ホテル計画

2016/07/25 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事 三宮3丁目ホテル計画 

candeo39.jpg

カンデオホテルズ神戸トアロードの建設予定地で行われている既存ビルの解体撤去は地上部の工事がほぼ完了を迎えています。

candeo38.jpg

この場所にあった4棟の建物の地上部はその姿をすっかり消し去られてしまいました。

candeo41.jpg

仮囲いの中は瓦礫の山。これから各建物の基礎となる地中障害物撤去工事に移ります。

candeo40.jpg

解体されてしまうとここに4棟もの建物があったとは思えない気もします。

candeo10.jpg

解体前の様子をもう一度見てみましょう。来年の今頃にはこの場所に最新のホテルがその外観をほぼ完成させつつあるのかもしれません。カンデオホテルズも昨今の観光ブームの波に乗って出店拡大を続けています。神戸トアロードが開業する来年には神戸以外にも大阪に2店(心斎橋・ユニーバーサルシティ)、広島と合計4店を開業します。

candeo42.jpg

おまけですが、カンデオホテルズ神戸トアロードのすぐ南側にある小さな敷地で基礎工事が始まりました。小さな店舗ビルが建設されるのではないかと思われます。

category: 三宮3丁目ホテル計画

2016/05/28 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top