こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

トアロードと生田新道交差点角に新店舗ビル建設計画浮上 

torcorner01.jpg

トアロードと生田新道交差点角地で建て替え計画があるとの読者の方からの情報に基づき、現地取材をしてきました。現地は近年、明治安田生命三宮ビル跡に建設されたワコーレ トアロード ザ・スイートに隣接した西側の角地です。

torcorner02.jpg

角地は現在すでに更地化されています。ここには以前、広東料理レストランの杏花村がありました。

torcorner03.jpg

隣接して立つ雑居ビル及び更に西側のタワーパーキングも合わせた用地を集約して新たな店舗ビルを建設する計画です。現状の構想では鉄骨造3階建てのようです。

torcorner04.jpg

但し、着工前という事でテナントの希望によって規模はまだ変更が可能のようです。角地ですので、3階建てでは高度利用されているとは言えません。せめて倍の6階は欲しいところです。ガラスの飲食店ビルであれば周囲の賑わいにも貢献します。3階までを店舗、4-10階をホテルという構成もあり得なくはないかと思います。ただ現在、営業しているクリーニング屋さんは建て替え後に戻ってくる予定のようです。



角地に相応しい規模とデザインを兼ね揃えた建物に建て替わる事を期待したいですね。店舗ビルとしてのイメージは同じく生田新道の東側にある「みそのビル(東急ハンズの向かいにある飲食店ビル)」が理想です。

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/09 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

ワコーレ ザ・神戸トアロード 新築工事 

wakorejt01.jpg

中山手通3丁目のJT神戸支店跡地が更地化されたのは2013年夏。実に4年も前の話です。いつ再開発が行われるのかと様子を伺っていましたが、一時は遺跡発掘調査まで行われていたので、なかなかプロジェクトが具体化しそうな気配はありませんでした。土地を取得したのは和田興産は当時、ワコーレシティ、トラッドタワー、伊藤町等、60m級の大型マンションを続々と計画していたので、この用地も同様の規模の開発が行われるのではないかと睨んでいました。一時はここに計画されるマンションの低層部に神戸阪急ビル東館の閉館に伴って閉店したイカリスーパーが進出する構想もあったようですが、このマンションプロジェクトが立ち上がらす結局は三宮ビル北館に開業しました。

wakorejt03.jpg

さて4年越しでようやく着工した本計画は「ワコーレ ザ・神戸トアロード 新築工事」と名称付けをされました。

wakorejt04.jpg

規模は地上14階 地下1階、延床面積18,137.70平方メートル、総戸数192戸。高層ではありませんが大規模マンションとなります。設計は最近の和田興産のマンションでは採用が増えている大土呂巧建築設計事務所が担当。施工は大末建設で、約2年後の2019年8月の竣工を目指します。

wakorejt02.jpg

東西に細長い敷地に対して建設されるので、建物は東西に板状のマンションかと思っていました。

wakoretor.jpg

実際には事実上、敷地内に建物を2棟建設することになります。東側にトアスイートヴィラと呼ばれる建物を南北に角度を付けて建設。西側には高層階をセットバックしたより規模の大きな建物を建設。こうしたマンションでは珍しく内廊下設計を採用。ファサードの一部にはアルミカーテンウォールも配し、都心立地のかなり高グレードマンションといった仕様になりそうです。

wakorejt05.jpg

このマンションが完成すると、トア山手等の周囲のマンションを含めて約700戸の分譲住宅が供給される事となります。ワコーレとしてはトアロードにおける3棟目のマンション建設となります。

話は変わりますが、分譲マンションと言えば、神戸製鋼グループの神鋼不動産が売却される予定です。神鋼の一連の品質不正問題が今後の神戸経済にどれ位の影響を及ぼすのかを考えると、不安を覚えます。神戸商工会議所の会頭もこれまで神鋼と川重の二社から輩出されてきました。神戸経済界の重鎮である神鋼がこのような事態に陥るのは遺憾です。

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/10/16 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

ワコーレ神戸市中央区中山手通3丁目新築工事 

nakayamateproject03.jpg

トアロードと山手幹線の角地となるJT神戸支店跡地。同支店が旧居留地内の賃貸ビルに移転したことから保有資産の売却が行われました。譲渡先は和田興産。この時期、同社は都心の大型開発用地を積極的に取得しようと躍起でした。同社史上最大物件となったワコーレシティ神戸三宮、神戸三宮トラッドタワーと都心の大型プロジェクトを立て続けに進めてきましたが、江戸町/伊藤町の計画は白紙撤回。この中山手通も塩漬けのまま3年が経過。しかしここに来てようやくプロジェクトが動き始めます。

nakayamateproject04.jpg

計画されている建物は地上14階 地下1階の分譲マンションですが、敷地面積の広さを活かして、延床面積が18,000平方メートルを越える大型物件となります。

nakayamateproject05.jpg

東西に細長い敷地であり、南側にはトア山手の超高層マンションが聳える為、マンション立地としては開発の難しい案件と考えられていました。デザインとしては単なる板状マンションとはせずに、コーナーを活かし、角度を付けたファサードには一部、アルミカーテンウォールを採用したり、低中層部には中央に共用廊下を挟んで南北の両面に住戸を配する等、複雑な形状となっています。山手幹線に面する1階部分はピロティが設けられるようです。

nakayamateproject01.jpg

景観デザイン協議では店舗整備の可能性についての言及と要望が出されていましたが、恐らく聞き入れられないでしょう。一時はイカリスーパーの移転先とも噂されました。山手幹線の景観連続性はこの建物の出現で生まれてくるのではないかと思います。


category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/23 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

神戸BALが全面改装オープン 

bal54.jpg

トアロードの商業施設「神戸BAL」が昨夏より進められてきた開業以来初の一連の改装工事がすべて完了し、3月17日に全面開業を果たしました。

bal41.jpg

ANNEX Iの建て替えて規模拡大を実施した他、本館の外装リニューアルを実施。内部は各フロアを順次改装し、テナントの再配置や新規テナントの誘致が行われました。

bal44.jpg

「上質な時間消費を提案するショッピングタウン」をコンセプトとして、神戸BAL全体を改装。外観は大正・昭和初期の洋館をイメージ。確かに北野の異人館を彷彿とさせるデザインです。元々の外観もシンプルながらもスタイリッシュで特に問題はありませんでしたが、今回の改装によってより洗練性が高まり、トアロードにぴったりで好印象です。

bal45.jpg

新たに掲示された館内フロアと神戸BALの構成マップです。本館は地下1-2階がこれまで通りボールネンド、地上1-3階にコスメ、アパレル、雑貨、アクセサリ、カフェ等のテナントを集めました。地上4-6階は無印良品という構成です。構成のみだと、あまり変わってないように見えますが、実は大幅に変更が加わっています。

bal51.jpg

内装のコンセプトはホテルのような落ち着いた空間作りを目指したとのこと。

bal46.jpg

エスカレーターも含めてぴかぴかです。

bal50.jpg

今回の本館リニューアルによる店舗入れ替えで関西・神戸初出店が合計6店舗。ビューティケアー(コスメ・ボディケアー)の「サボン・グルメ」、「スリー」、「イソップ」、雑貨やアクセサリーとして「トゥデイズスペシャル」、「アガット・アンド・メモリア」、アパレルには「マルニ メンズショップ」、が新規出店しました。

加えて先行開業した別館ANNEXにも「エストネーション」が出店しており、他の商業施設とはテナントを被らせずにオンリーワン戦略で差別化を図っています。

bal48.jpg

また既存人気テナントの再配置を実施。キーテナントの無印良品は以前は3-5階だったフロアを4-6階に変更。天井高を上げて開放感が出るように改修。また地下階に独立してあったMUJIカフェを6階に移転させて立地を統一。

bal47.jpg

自然光の降り注ぐ気持ちの良い最上階にカフェが出来ました。今まで以上に人気を集めそうです。リニューアルの発表があった際、無印の出店する3階にインテリアや雑貨店を集めるとされていたので、無印はBALでの縮小かもしくは撤退かと気を揉んでいましたが、結果的にはパワーアップしました。

bal49.jpg

また別館に出店していた雑貨店「マディー」は本館3階に移転。

bal53.jpg

マディーの出店していた別館は現在閉鎖中でした。これから改装して更に新たなテナントを誘致するようです。

bal52.jpg

本館南側の出入口もお洒落に改装し、裏口感を払拭。本館と別館群の回遊性を意識したとのことです。神戸BALの戦略は近接する大丸神戸店のように、本館とその周囲に低層の別館を複数配して路面店化したところに面白味があります。

bal42.jpg

近接してトアロードには今年度、パルコのゼロゲートが出店予定である他、建設中のカンデオホテルズ神戸の低層部にもテナントフロアができる予定です。まだまだ進化中のトアロードからは今後も目が離せません。

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/20 Mon. 07:58 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top