こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

ワコーレ・ザ・神戸トアロード新築工事 

wakoretor01.jpg

長らく塩漬けにされていた山手幹線沿いの大型開発用地であるJT神戸支店跡地。土地を取得した和田興産がようやく開発に乗り出しました。土地取得から5年近く更地のままの状態でした。

wakoretor05.jpg

計画されている分譲マンション「ワコーレ ザ・トアロード神戸」は地上14階 地下1階、延床面積18,137.70平方メートル、総戸数192戸の大型プロジェクトです。着工予定は半年前でしたが、ようやく基礎工事が本格化しました。

wakoretor03.jpg

東西に長い敷地は2300平方メートル以上ありますので、投入されている重機の数も多く、大規模開発さながらの様相を呈しています。

wakoretor04.jpg

三点式パイルドライバが二機投入されています。鉄筋カゴや鋼管も確認できました。場所打ちコンクリート杭を建て込み中です。

wakoretor02.jpg

アースドリル掘削機が活躍中です。

さて、神戸市の都心エリアの住宅開発抑制はマンションデベロッパーへ与える影響は少なくないかと思います。和田興産は近年、積極的に都心地区での分譲マンション開発を進めてきました。大規模な物件から中小規模に至るまで、中央区のワコーレは数千戸存在するのではないかと思われます。加納町交差点の南側のフラワーロード沿いで、店舗も入らないワコーレが建設された際には神戸の都心求心力の危機を感じました。しかしながら最近ではホテルを開発したり、マンション建設用に取得した土地を専修学校へ計画を変更したりと、マンションだけではないデベロッパーへの脱皮を図り始めているようにも思えます。土地の取得においてはホテル業者とも競合し、分譲マンション一本では立ち行かない環境が整いつつあります。最大手のプレサンスコーポレーションもホテル開発に乗り出しています。今後はホテルやオフィス、商業ビル開発も行う総合デベロッパーとしても神戸の発展に寄与して欲しいですね。

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/23 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

下山手通3丁目計画 トアロードと生田新道交差点角地 

torcorner06.jpg

トアロードと生田新道交差点西角で計画されている再開発プロジェクト。角地の中華料理店、クリーニング屋の入る雑居ビル、タワーパーキングの三つの建物を解体し、土地を集約化した上で一体的に建て替えを行う計画でしたが、最終的に地権者合意に至らず、角地とそれ以外に分かれて、それぞれが単独で開発を行う事になりました。

torcorner-001.jpg

こちらが一体化計画当初の完成予想パースです。地上11階建てで、1-3階がテナントの店舗、4-11階が賃貸住宅となる複合ビルとなる予定でした。コーナー部は丸みを帯び、低層部のアルミカーテンウォールと中高層部のガラス手摺が特徴的で角地に相応しい存在感のある建物になるはずでした。

torcorner-002.jpg

今後、西側の雑居ビルとタワーパーキングの跡地には12階建ての建物が建設されます。1階が店舗(クリーニング店)、エントランス、駐車場、2階がテナント店舗2区画(55平米・85平米)、3-12階が賃貸住宅24戸となります。来年3月の着工予定ですが、外壁の色調等、ディテールはこれから詰められる予定ですが、賑わいに貢献できるよう配慮されるとのことです。また角地も1フロア・50平米程度のテナントビルが建設されるようです。

一体的な開発は断念されてしまい、非常に残念です。これが再開発の難しいところてすね。地権者全体が完全合意に至らず、変形型に建設を余儀なくされたビルは多く見受けられます。三宮中央通り西側の大丸神戸店向かいの三角地は大小様々なビルが立っていますが、街区を一体的に再開発する計画がありましたが、一地権者の合意が得られなかったために、断念された過去があるようです。

今後、三宮地区を中心に再開発が活発化します。その際には地権者の合意形成がスムーズに図られるような有効的なインセンティブ制度が必要なのではないかと思われます。

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/02 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

トアロードと生田新道交差点角に新店舗ビル建設計画浮上 

torcorner06.jpg

トアロードと生田新道交差点角地で建て替え計画があるとの読者の方からの情報に基づき、現地取材をしてきました。現地は近年、明治安田生命三宮ビル跡に建設されたワコーレ トアロード ザ・スイートに隣接した西側の角地です。

torcorner07.jpg

角地は現在すでに更地化されています。ここには以前、広東料理レストランの杏花村がありました。

torcorner03.jpg

隣接して立つ雑居ビル及び更に西側のタワーパーキングも合わせた用地を集約して新たな店舗ビルを建設する計画です。現状の構想では鉄骨造3階建てのようです。

torcorner04.jpg

但し、着工前という事でテナントの希望によって規模はまだ変更が可能のようです。角地ですので、3階建てでは高度利用されているとは言えません。せめて倍の6階は欲しいところです。ガラスの飲食店ビルであれば周囲の賑わいにも貢献します。3階までを店舗、4-10階をホテルという構成もあり得なくはないかと思います。ただ現在、営業しているクリーニング屋さんは建て替え後に戻ってくる予定のようです。



角地に相応しい規模とデザインを兼ね揃えた建物に建て替わる事を期待したいですね。店舗ビルとしてのイメージは同じく生田新道の東側にある「みそのビル(東急ハンズの向かいにある飲食店ビル)」が理想です。

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/11/09 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

ワコーレ ザ・神戸トアロード 新築工事 

wakorejt01.jpg

中山手通3丁目のJT神戸支店跡地が更地化されたのは2013年夏。実に4年も前の話です。いつ再開発が行われるのかと様子を伺っていましたが、一時は遺跡発掘調査まで行われていたので、なかなかプロジェクトが具体化しそうな気配はありませんでした。土地を取得したのは和田興産は当時、ワコーレシティ、トラッドタワー、伊藤町等、60m級の大型マンションを続々と計画していたので、この用地も同様の規模の開発が行われるのではないかと睨んでいました。一時はここに計画されるマンションの低層部に神戸阪急ビル東館の閉館に伴って閉店したイカリスーパーが進出する構想もあったようですが、このマンションプロジェクトが立ち上がらす結局は三宮ビル北館に開業しました。

wakorejt03.jpg

さて4年越しでようやく着工した本計画は「ワコーレ ザ・神戸トアロード 新築工事」と名称付けをされました。

wakorejt04.jpg

規模は地上14階 地下1階、延床面積18,137.70平方メートル、総戸数192戸。高層ではありませんが大規模マンションとなります。設計は最近の和田興産のマンションでは採用が増えている大土呂巧建築設計事務所が担当。施工は大末建設で、約2年後の2019年8月の竣工を目指します。

wakorejt02.jpg

東西に細長い敷地に対して建設されるので、建物は東西に板状のマンションかと思っていました。

wakoretor.jpg

実際には事実上、敷地内に建物を2棟建設することになります。東側にトアスイートヴィラと呼ばれる建物を南北に角度を付けて建設。西側には高層階をセットバックしたより規模の大きな建物を建設。こうしたマンションでは珍しく内廊下設計を採用。ファサードの一部にはアルミカーテンウォールも配し、都心立地のかなり高グレードマンションといった仕様になりそうです。

wakorejt05.jpg

このマンションが完成すると、トア山手等の周囲のマンションを含めて約700戸の分譲住宅が供給される事となります。ワコーレとしてはトアロードにおける3棟目のマンション建設となります。

話は変わりますが、分譲マンションと言えば、神戸製鋼グループの神鋼不動産が売却される予定です。神鋼の一連の品質不正問題が今後の神戸経済にどれ位の影響を及ぼすのかを考えると、不安を覚えます。神戸商工会議所の会頭もこれまで神鋼と川重の二社から輩出されてきました。神戸経済界の重鎮である神鋼がこのような事態に陥るのは遺憾です。

category: トアロード

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/10/16 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top