こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

パティスリー グレゴリー・コレ神戸元町本店が閉店・三宮に移転 

gregory04.jpg

メディアにも複数回取り上げられてきた有名パティスリー「グレゴリー・コレ」の神戸元町本店が今月末をもって閉店するとの情報を頂きましたので、早速、現地取材に行ってきました。同店は1998年4月23日、元町3丁目の元町商店街に開業。20年に渡って、神戸スイーツの発展に貢献してきました。

gregory05.jpg

イグレック・プリュス、フーケ、そして御影高杉と神戸スイーツの閉店が続く中、すわグレゴリー・コレもか!?と心配しましたが、こちらは移転という事で、胸をなでおろしました。しかし移転に伴ってこれまで元町本店で提供していたランチ営業は終了とし、移転先では菓子販売とカフェ営業に絞るとのことです。

gregory01.jpg

さて、移転先の三宮・加納町2丁目ですが、サワダビルの1階という事になります。先日まではマンションのモデルルームとなっていました。

gregory02.jpg

すでに内外装の工事は進められているようです。まだ開店前なので評価はできないのですが、自社物件だった元町本店の洋館風建物と比べると、何ともダウンスケール感が否めません。

今回の移転劇はやはり経営不振による要因というところが実情でしょうか。この場所を移転先として選択した事にも疑問が残ります。

gregory03.jpg

ただ近隣には神戸製菓専門学校がある他、神戸のカフェとしては絶大な人気を誇る「カフェ フロインドリーブ本店」も店を構えています。ワッフル・ケーキの店 エール・エル | R.Lも数年前に加納町に本社を移転し、同じビルの1階に販売店も開業しました。

加納町はビジネスホテルの新設も相次いでおり、新神戸からも徒歩圏内という事で、今後、三宮の再開発が進むと、元町よりも将来的なポテンシャルは高いかもしれません。

また楽天等のネット販売への依存度が高くなれば、店舗営業の重要性は低下するという事もあるかもしれません。

gregory09.jpg

しかしこの建物とグレゴリーコレの築き上げたブランド力は元町商店街の魅力を保持するのに重要な役割を担ってきました。元町商店街は一見、地方のアーケード商店街に見えますが、ユーハイム、神戸風月堂、本高砂や等、全国展開している神戸スイーツの老舗店が本店を連ねる由緒正しき場所です。

gregory07.jpg

グレゴリーコレの隣には風月堂の菓子工房やミュージアムもあり、スイーツ店の集積スポットになっています。ここからグレゴリーコレが抜けてしまう事は元町商店街にとっては痛手です。

gregory08.jpg

グレゴリーコレの建物は奥行もある程度あります。恐らく工房を南側に併設しているものと思われます。移転先のサワダビルでは現状規模の工房を構える事は不可能です。

また移転後のこの土地と建物の活用法はホテルとのことです。もしグレゴリーコレが継続してこの不動産を所有し、工房には手を付けずに北側のみをホテルに改修もしくは建て替えを行って、同店のスイーツを提供するのであれば、発展性のある話になると思います。ケーニヒスクローネはこの戦略で成功を収めています。

gregory06.jpg

売却されてホテルになるとしても、1-2階部分は現在のデザインを踏襲し、カフェを開業させて現状からは大きく変化のないようにして欲しいですね。

category: 元町

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/21 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

元町商店街の現況 



元町商店街のエントランスアーチの改修が進められています。現在のアーチの改修は恐らく初めてではないかと思われます。ステンドグラスを採用した斬新なデザインはまだ古さを感じさせませんが、一歩中に足を踏み入れると、そのギャップにいささかの違和感があったりします。



個人的には元町商店街は昔のようにアーケードを脱ぎ捨てて、横浜の元町のように青空を望める明るく粋なストリートにするべきだと思っています。三宮の一極集中が今後、空前の規模で始まる事が避けられない中、このままでは衰退する地方商店街の典型のように、10年以内に西側からシャッター街化が始まりかねません。



すでに通り沿いの店舗ビル再編が始まっています。狭小建物を集約化して、低層部を新たな店舗、中高層階を賃貸マンションにする地権者の節税対策を目的とした投資開発が主です。



神戸市中央区元町通4丁目計画もそんなプロジェクトの1つかと思いますが、通りに面したファサードや店舗デザインにはそれなりの配慮や意気込みが感じられる建物になりそうです。

motomachi4chome.jpg

地上14階建て 延床面積3,150.90平方メートルの建物で店舗と共同住宅を用途とした新築ビルです。元町商店街に面して1階店舗はガラスによる大きな開口部を設け、大きな鉢木を複数配置する他、2階部分は緑化して、緑豊かな空間の創出を目指しています。



現場ではすでに基礎から地上部へ工事の主軸が移り変わってきています。1階の柱や壁の配筋が進行中。



かなり間口の広い店舗になりますが、どんなテナントが入るのでしょうか。街の賑わいに貢献する人気飲食店やカフェの出店が期待されます。



元町通4丁目計画のすぐ東側でも既存建物の解体が進んでいます。生和コーポレーションが事業主なのでこちらも店舗付き賃貸マンションになるものと思われます。元町商店街だからこそ1階は店舗となるものと思われますが、内実は近隣の栄町通と同様に賃貸共同住宅が街の顔となる居住地区になり始めています。居住人口の増加は必ずしもマイナスではありませんが、賃貸住宅の空室率はかなり高止まりしていると言われています。それにも関わらず増殖を続けるのは節税目的の投資開発がビジネスモデルとして成り立っているからです。今後もこうした街の二極化は進んでいく事は不可避ですが、その中でどうやって街の特色を出して差別化を図るのか。デベロッパー側も街造りの観点に立った開発に方向転換を進めなければいずれは飽和を迎え、不動産価値の下がった街ではこうした需要も失われてしまいます。元町通4丁目計画は1つのヒントになり得るでしょうか。

category: 元町

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/09 Thu. 07:52 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

(仮称)神戸市中央区事務所ビル新築工事 

fukken01.jpg

JR元町駅の北側である北長狭通4丁目で計画中の事務所ビル新築工事が開始されました。パルモア病院の北側角地で以前、幽霊ビルが立っていた土地の隣接角地です。敷地面積は343.71平方メートル。

fukken05.jpg

ここに地上7階建て、鉄骨造、延床面積1,154.55平方メートルの事務所ビルとなり、1階は店舗として活用されるようです。

fukken04.jpg

保険事業期間より来年2月末の竣工であることが分かります。建築主の福建貿易は周辺地区にもオフィスビル物件を保有しています。

fukken02.jpg

どんな外観のオフィスビルが完成するか楽しみです。

fukken03.jpg

JR元町駅前の雑居ビルの窓に2017年春に完成する医療ビルの広告が掲示されています。(仮称)神戸市中央区事務所ビルのことでしょうか。開業時期は合致しています。となると1階の店舗は調剤薬局になる可能性大です。建築計画のお知らせには「日用品の物販を主たる目的とする店舗」とありますが、薬局はこれに該当するのでしょうか。左端に完成予想図が掲示されています。駅から徒歩2分圏内に他に建設中のビルがあるとすれば鯉川筋の神戸セガビルくらいでしょうか。

category: 元町

2016/07/16 Sat. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

神戸セガビル新築工事 

sega05.jpg

JR元町駅南側から徒歩1分の距離で鯉川筋沿いにあった「旧神戸セガビル」。1階に鰻の寝床のように奥行のあるコンビニがあった以外はあまり印象がありません。この建物が解体撤去されてからまもまく1年が経とうとしていましたが、急遽、この更地に新たな建物の建設が始まるようです。

sega06.jpg

建設されるのは再び「神戸セガビル」。更地であった期間が長いのでもしかして隣接するビルとの集約化を計画しているのかと期待していましたが、結局は同ビルの単独建て替えという形になるようです。老朽化していたビルが装いの新たな新築ビルになるのは良いのですが、狭小地だけに、やはり周辺ビルと一体的な再開発として欲しかったです。

category: 元町

2016/07/01 Fri. 10:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top