こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

(仮称)神戸三宮伊藤町計画 旧居留地に和田興産が専門学校を計画  


和田興産が購入した旧居留地内の三宮伊藤町ビル跡地。地上19階建ての分譲マンションを計画していましたが、このプロジェクトは断念。白紙撤回され、敷地は分筆されていました。


同社は分筆された敷地の約1000平方メートルについて専修学校の建設を再計画しており、3月には神戸市の都市景観条例に基づき、景観デザイン協議の届出を行いました。

申請内容によると以下の建築概要となっています。

敷地面積: 1,028.41平方メートル
建築面積: 800.00平方メートル
延床面積: 4,700.00平方メートル
建物規模: 地上7階
構造: 鉄筋コンクリート造
高さ: 30.90メートル
設計: 東レ建設


どんな学校が進出するのでしょうか。近隣地区では美容専門学校の「神戸ベルェベル美容専門学校 」があります。同校は旧居留地に相応しい外観デザインを採用しています。新設される新学校も同様にこの場所に統一感を生む建物を期待したいですね。

結果的にはマンションでなくて良かったと思います。和田興産には今後もマンション以外の都心開発にも積極的に関与・参加して欲しいですね。今回の開発用地の総面積は1,689平方メートルでした。まだ残りの約700平方メートルについての活用方法は定かではありません。可能であればホテルを計画して貰いたいと思います。

jtkobe011.jpg

伊藤町のマンション計画は断念した同社ですが、同じく土地取得後、長らく塩漬けにしていた中山手通6丁目のJT神戸支店跡地では予定通り分譲マンションの建設を決定しました。こちらには地上14階建て 延床面積約18,000平方メートルの大規模マンションを6月に着工するようです。敷地が東西に長い形状であり、南側にはタワーマンションが聳える立地でしたので、どのような形での開発に落ち着くのかと思慮していましたが、これまで都心の大規模用地では20階前後の高さのタワーや板型マンションを続けて計画してきた手法はここに来て打ち止めのようです。一時は食品スーパーの出店構想まであったこの開発計画でしたが、最終的には住戸のみとなりました。トアロードの店舗誘導条例は適用されないのでしょうか。三宮の大規模再開発が次々と具体化し始めた今、地場デベロッパーとしてどう存在感を示すのか。今後の同社の動向に注目したいと思います。

category: 伊藤町計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/13 Thu. 08:09 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

三宮伊藤町ビル南館・北館解体工事完了 

itocho30.jpg

旧居留地・伊藤町で解体工事が進められていた三宮伊藤町ビル南館・北館。作業は完了してすっかり更地になりました。昨秋から半年以上の工期がありましたので、かなり長期に渡っての工事となりました。

itocho36.jpg

広大な更地となりました。しかしこれでも敷地面積としては1,689.57平方メートル程です。もっと大きな敷地に感じます。

itocho32.jpg

仮囲いに取り付けられていた建築計画のお知らせと完成予想パースはそのまま簡易フェンスにも取り付けられました。やはりこのまま新たなワコーレシリーズの分譲マンションとなるのでしょうか。

itocho35.jpg

敷地には旧居留地108番地の碑が保護板で覆われた状態で残されています。

itocho34.jpg

ツインビル解体によって生まれた青空空間。事務所ビルが難しいのなら、マンションより専門学校やホテルを建設して欲しいものです。

itocho29.jpg

まだ神戸進出を果たしていない国内のホテルグループは複数あります。旧居留地内にこれだけまとまった開発用地が生まれることは滅多にありません。チャータードビルもホテルにコンバージョンされますし、事務所とホテル複合のビルの建設を望みます。

建設ニュースによると、2015年度に大阪市に提出された旅館業関連の事前届出件数は141件、京都市も134件に対して、神戸市は5件と一人負けしています。近年の神戸もホテルの新設が相次いでいる印象がありますが、大阪、京都の件数を前にすると霞んでしまいます。

category: 伊藤町計画

2016/07/14 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

三宮伊藤町ビル南館・北館解体撤去工事 

itocho24.jpg

最近、解体工事の様子をお伝えする記事のウェイトが多く解体ブログのようになってきていますが、それだけ街の新陳代謝が進んでいることを意味しており、その後の再開発が進行することを裏付けていますので、良い兆候ではあります。

旧居留地内東側の伊藤町で進む三宮伊藤町ビル北館・南館の解体撤去工事は大詰めを迎えています。

itocho25.jpg

すでに地上から2棟のビルの姿を確認することはできません。すでに地上躯体の解体は終わり基礎となる地中障害物撤去に工事の軸は移っています。

itocho26.jpg

旧居留地内に大きな空間が広がりました。一時的ではありますが、開放感が広がるのは気持ちの良いものですね。永遠にでは困りますが。

itocho28.jpg

上空から見ると地下まで掘削が進んでいる様子が確認できます。

itocho27.jpg

まだ和田興産が計画していた19階建ての分譲マンションの完成予想パースと建築計画のお知らせがそのまま掲示されていますが、このプロジェクトは白紙撤回されているとの噂があります。さてこの後の展開はどうなることでしょう。通常、プロジェクトの方向性が曖昧な場合、解体撤去工事は一旦、地上躯体の解体で中断するケースがよく見られます。この解体工事では地中障害物撤去まで進行しています。もしこの土地が転売されている場合、地中障害物撤去が売買条件である可能性もあります。つまりは次の工事の方向性がある程度固まっているということを仄めかしています。もしくは和田興産の計画がそのまま実行されるのか。解体が完了するこの1-2ヶ月は要注視です。


category: 伊藤町計画

2016/06/02 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

伊藤町計画 

itocho21.jpg

既存建物の解体工事が進む三宮伊藤町ビル北・南館。ますます建物の高さは低くなってきました。すでに隣接するダイヤ108よりも低くなってしまいました。二棟のビルが完全に姿を消すまでもうまもなくです。

itocho22.jpg

もうすでに少なくとも北館は2階の高さだと思われます。

itocho23.jpg

上空から見るとこんな感じです。まだ一部3階の外壁が残っていますが、地上躯体が姿を消すのも、もう時間の問題でしょう。大概の解体工事は地上躯体の解体を終えると一旦は完了し、跡地に建てられる建築物が決定した時点で地下障害物の撤去に移る形が大半です。

itocho20.jpg

さてこの場所には和田興産が地上19階建ての分譲マンションを計画していますが、このプロジェクトがそのまま実行されない可能性があるようです。個人的にはもうこれ以上旧居留地内にマンションは建てられて欲しくはないと思っていたので別用途での再開発になる事は基本的に歓迎です。理想は元々、オフィスビルが立っていた場所なので、敷地いっぱいに新しい大型オフィスビルが計画されて欲しいと思っています。以前のように2棟の建物を建てるとするならば、一方をホテル、一方を別用途としてエリアの活性化に貢献する再開発を期待しています。


category: 伊藤町計画

2016/04/20 Wed. 08:27 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top