こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

磯上通周辺のプロジェクト 

isogami09.jpg

今回は地味に変貌が進んでいる磯上エリアの近況をレポートしたいと思います。解体となった御幸通4丁目の朝鮮総連跡で建設工事が始まりました。

isogami08.jpg

三点式パイルドライバが杭打ち工事を進めていました。この場所には1階に物販店舗を構える地上14階建てのワンルームマンションが建設されています。完成時には117戸の賃貸住宅が供給されます。完成時期は来年9月の予定です。

isogami10.jpg

道路を挟んで向かいに昨年7月に竣工した「S-Residence神戸磯上通」。サムティが建設した賃貸マンションで地上13階建てで166戸を備えます。

isogami12.jpg

こちらは磯辺通2丁目に建設された「磯辺通D-room」。今年2月の竣工です。地上9階建ての賃貸住宅です。満室なのかあまり情報がありません。

isogami13.jpg

こちらは浜辺通3丁目に建設された弘貴第2ビル。地上11階建てで、今年の1月に竣工しました。同社は現在、ポートアイランド2期地区で第3ビルを建設中です。この建物は共同住宅ですが、一般的な賃貸マンションではないようです。建物名等も掲示されていません。第3ビルと同様に鹿島建設が設計と施工を手掛けました。こちらの建物も医療関係者向け専用の住宅なのでしょうか。

isogami11.jpg

最後は神戸海岸特養ケアセンター隣に完成した大型の賃貸マンション。生和コーポレーションのプロジェクトで「L・ISOBE三宮」と名付けられました。この物件も今年3月に竣工。地上14階建て・143戸で分譲マンションのようなクオリティ・設備を備えます。1階には店舗が入居ですが、まだテナント募集中です。賃貸マンションのグレードもグングン上がっていて、分譲と遜色ない物件も増えています。「持ち家神話」が崩れ、「買わない」という選択肢がより一層強まっているようです。

磯上エリアは一時はトアウェストに続いてカフェの街として盛り上がっていましたが、乙仲通等、都心の他地区にお株を奪われる形となり、バッテリーカフェの移転後あたりから急速に勢いを失ってしまいました。最近は駐車場や老朽化した事務所跡に賃貸マンションの建設が集中的に続けられています。10年程前には18階建ての再開発ビル計画がありましたが、頓挫しています。

isogami15.jpg

最近になって大通りに自転車専用レーンが敷かれました。兵庫区の大開通等にも設置されましたが、正直、どれ位の意味があるのか疑問です。

isogami16.jpg

磯上エリアはまだまだ開発用地に余剰がありますが、パッとしないのはなぜでしょうね。ビジネスホテルも複数存在していますし、そこそこお店もあります。三宮駅からもそう遠く離れていません。

category: 磯上通

2015/08/20 Thu. 08:23 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top