こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸旧居留地25番館 全面開業 -元町界隈は開業ラッシュ!- 


oriental22


旧オリエンタルホテル跡地に誕生した複合商業施設「神戸旧居留地25番館」が全面開業しました。同施設は地上17階 地下3階 高さ80mの高層複合ビルで地下1階から地上2階の北側に商業施設、3階から17階は宿泊施設や結婚式場及びバンケット、レストランになっています。都心における大型商業施設の開業は、2006年10月にミント神戸の誕生以来、約3年半ぶりです。

25

番地が施設名という粋な演出です。

25-2

東側のファサードは支柱の並ぶコリドーです。幅があるのでこちらも大丸のようなカフェ空間にできないものでしょうか。

viton

北西側の地上1-2階はルイ・ヴィトンが向かいのビルから移転入居。2/27に先行オープンしました。店舗面積約1,200平米の大型店で、世界で9番目、日本では初となる「メゾン」として新装開業しました。ヴィトンは神戸店のこの開業を戦略的に重要な位置づけとしています。

barneys

3/5に米国高級百貨店のバーニーズN.Yが東側の地下1-地上2階の3フロアに開業。国内で4番目、首都圏以外及び関西初の出店となります。店舗面積は約2,800平米の旗艦店です。開業日は多くの人で賑わっていました。「首都圏外に出店する際はまず神戸」という程、バーニーズにとっては念願の出店だったようです。最高の立地条件が整ったものと思います。

oriental24

低層部はガラスと石が交差するようにふんだんに使用され、界隈の雰囲気とマッチングした落ち着いたデザインが施されています。高さも隣接する神戸市立博物館に合わせた形で、高層棟はセットバックさせて圧迫感を軽減しています。低層部の北側屋上に生まれたスペースには、ウォーターテラスと名付けられたチャペルが誕生。

oriental23

低層部の北側の商業施設とオリエンタルホテルのエントランスの間には東西にコリドール空間が設けられ、屋外カフェが設置されています。大丸を彷彿させますね。

oriental26

ホテルエントランスにはORIENTAL HOTELの文字が備え付けられました。日本最古の名門ホテルの復活です。

oriental25

17階はレストランのみでなく、ホテルとしては珍しく最上階にフロントを設けています。チェックインアウトの際は、神戸港を見渡す景色でお出迎え/お見送りという気の利いた配慮でしょうか。

この施設の誕生で、大丸周辺から三井住友銀行前に滞留しがちだった人の流れを更に東へ引き込むことで京町筋周辺に賑わいを生み出し、センター街へと回遊する自然な流れが出てくることを期待します。

また旧居留地の新たな情報発信拠点として、様々な話題性を提供していって欲しいと思います。

uniqlo

旧居留地25番館の華々しい開業によって多少霞がちではありますが、バーニーズN.Yのオープンと同日の3/5に元町ではユニクロ元町店が開業しました。すでにセンター街に大型店、ハーバーランドに日本最大級の旗艦店を持つユニクロでありますが、更に元町交差点に聳えるファッションビル「VEGA」の地下1-地上4階に出店しました。過剰のような気もしますが、GAPもセンター街店と居留地の45th店と近距離に二店舗体制で展開していますし、勝算あっての出店なのでしょう。

beams

アーバンコーポレイションが手掛けた居留地のファッションビルも同社の破綻によって一時はどうなるかと危惧しましたが、アーバンテラス 神戸旧居留地(BLOCK31)として開業し、D&Gをはじめとするブランドショップが軒を連ねていましたが、同ビルに、ビームスが大人をターゲットとした新たなスタイルショップ「ビームスハウス神戸」を3/20にオープンさせます。こちらも東京・丸の内、六本木に次いで三番目、東京以外では初の出店となります。

元町、居留地界隈はまさに新店開業ラッシュです。国内外のブランドが熱い視線を送っている激戦区でもあります。集積が集積を呼び、国内でも稀少な環境が整っています。

kowa

旧居留地25番館に移転したルイ・ヴィトンですが、同時に興和ビルに入居していた他の2ブランド(フェンディ、ベルルッティ)も退去もしくは移転しました。居留地の中心地に一気に約2,300平米の空き商業スペースが誕生したことになります。

現状の同エリアに対する投資熱を考えると、このビルに新たなテナントを呼び込むにはさほど時間は掛からないでしょう。

3/6に大阪・心斎橋にH&Mが関西初出店することで話題になっていますが、銀座にも進出している位なので、このビルに関西2号店が出店したら面白いかもしれません(居留地の風格維持の為、反対される方もいるかもしれませんが・・・)。

 


category: 神戸旧居留地25番館

2010/03/05 Fri. 17:41 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

神戸旧居留地25番館が2/27に始動! 

oriental13

三井不動産が進めてきた旧オリエンタルホテル跡地の再開発プロジェクトの名称と開業日が決定しました。地上17階建て、高さ80m、バーニーズNY、ルイヴィトン、ORIENTAL HOTELが入居する高層複合ビルの名称は「神戸旧居留地25番館」。区画番号をビルの名称に与えるという粋な計らいです。周辺には同様に区画番号を使用しているオフィスビルや商業ビルがあり、街の統一性という面でも一役買うことになるでしょう。海外ではビルの名称を通り名と番地にしている場合が多く見受けられます。

待ちに待ったオリエンタルホテル跡地の復活です。開業は来月27日(ホテルは3/3)です。

category: 神戸旧居留地25番館

2010/01/14 Thu. 19:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

旧居留地プロジェクト -オリエンタルホテル- 

oriental13

三井不動産の進める旧居留地プロジェクトの複合再開発ビルの防護シートが取り払われ、ビル外観が顕になりました。重厚感溢れるクラシックモダンなデザインが周囲の雰囲気とマッチしています。

oriental16 />

商業施設の入る低層部です。ガラスと石材外壁を織り交ぜて重厚かつモダンな雰囲気を醸し出しています。隣接した神戸市立博物館と高さやデザインを合わせているようです。

oriental19 />

高層部のホテル客室階です。頂上部の庇まで伸びた格子状の支柱的パイプ(?)が縦列しています。各階にはテラスは設置されていないと思いますが、庇とフェンスが取り付けられています。

oriental18

ルミナリエの開かれている仲町通(三井住友銀行神戸本部ビル前)から見上げる旧居留地プロジェクト。このホテルの宿泊客はルミナリエの途中入場が可能なのでしょうか。再開発ビル向かいにはすでにホテルヴィアマーレ神戸が存在しています。

oriental21 />

低層部北側エントランスにはバーニーズNYの文字がしっかりと刻まれています。

oriental20 />

北側の低層部の壁面です。北西側は西面にかけてシルバーのフレームに囲まれた白いパネルに覆われています。一時的なものなのか恒久的なデザインなのかは定かではありません。東側がバニーズNY神戸店になる予定ですが、西側にはその他専門店となるのか、はたまたホテルエントランスになるのか。

oriental14 />

2010年春開業を謡っています。すでにバニーズのホームページでは神戸店の紹介がすでに記載されています。

oriental15

東側のセットバックされた高層部です。客室窓が北側各階3室(?)のみに設置されています。南東は窓がありません。エレベーター等が設置されているのでしょうか。

oriental17

せり出した最上階の眺望窓が目立ちますね。開業後、美しく照らし出される夜の姿も非常に楽しみです。開業は来春です。

category: 神戸旧居留地25番館

2009/12/09 Wed. 11:40 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

旧居留地プロジェクト -オリエンタルホテル- 

oriental09

旧居留地はオリエンタルホテル跡地で三井不動産によって進められている再開発プロジェクトですが、ビル上部に設置されていた二基のタワークレーンはすっかり姿を消し、高層部の外観はほぼ完成しているようです。

oriental10

最上階はレストランもしくはバンケットになるのでしょうか。窓枠や階高も客室階と比較して大きめに取られています。

oriental11

南側の最上階は大きくせり出しています。全面オーシャンビューと言った所でしょうか。ちょっとした発見です。このホテル、宿泊するならどの方向が一番良いのでしょう。通常の宿泊客であれば、やはり海やウォーターフロントの施設群が眺望できる南側でしょうか。北東側では東遊園地を眼下に迫力ある三宮の高層ビル群を間近に望むことができるかと思います。

oriental12

これまでは商業施設の入る低層階の様子は計り知ることができない状態でしたが、ガラスカーテンウォールを張られた上部が姿を現しています。南側に隣接する市立博物館と高さを揃え、高層棟はセットバックして、周辺との調和を図っています。防護ネットが取り外される日が待ち遠しいですね。

category: 神戸旧居留地25番館

2009/11/01 Sun. 19:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top