こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

JR神戸駅天井耐震改修工事 

kobestation18.jpg

JR神戸駅の天井耐震化工事もいよいよ大詰めに入っています。改札外コンコースの天井改修は完了し、工事の基軸は耐震補強で太くなった柱の仕上げに移りました。

kobestation17.jpg

北側の柱から仕上げが進んでいます。三ノ宮駅、兵庫駅同様に柱の足元を鉄板パネルで覆っています。パネル表面は石目調ですが、兵庫駅に近い明るい暖色系になりました。もっと濃い色を想像していたのですが、この色で柱は統一される事になります。

kobestation21.jpg

こうやって見るとかなりの数の柱が並んでいますね。

kobestation19.jpg

神戸駅の場合は三ノ宮駅よりも時間帯によっては自然光が構内に入ってきます。そのせいかライトの数が少なく少し暗い印象があります。ただ梁が天井パネル裏に隠されているので、天井はその分、平らでスッキリとした印象です。

kobestation20.jpg

改札内コンコースも作業床を支えていた鉄骨は全て撤去されました。天井は綺麗になっとのですが、こちらの柱は手付かずで、作業床が接触していた部分が黒く変色してしまったり、壁紙が剥げてしまっています。早く綺麗に補修して欲しいですね。

三ノ宮駅、兵庫駅、神戸駅の天井耐震化が進められ、それに伴って天井と柱の美装化も行われましたが、三ノ宮はまだしも他ニ駅については改修内容が中途半端な点が気になります。特に兵庫駅は天井パネルさえ美装化された場所と何もされていないばしよがチグハグしていて新しいのか古いのかよく分からない状態ですし、神戸駅もチグハグ感は見受けられます。サインや案内表示も兵庫駅は真新しい物を導入し、神戸駅と三ノ宮駅はほぼ手を付けていません。

耐震化が主目的で美装化はついでといったところでしょうか。JR西日本管内で多くの駅舎リニューアルが同時期に進行中ですが、手の込んだ駅と手抜きの駅の落差が激しいのに驚きます。環状線駅のリニューアルにおいてもこの駅間落差は顕著です。とにかくまずは三ノ宮駅を他ターミナル駅と同様にピカピカにして欲しいと思いますが、やはりこれは駅ビル建て替えとセットなのでしょうね。

category: 神戸駅周辺

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/09 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

地下街メトロこうべのリニューアル計画 

metrokobe02.jpg

今月、神戸高速鉄道が開通して50周年を迎えました。阪急阪神と山陽を結ぶ全線地下鉄の同鉄道は大都市間の大動脈を担う一大インフラ整備プロジェクトであった事は想像に難くありません。ほぼ同時期に高速神戸駅と新開地駅間を地下通路と地下街で結ぶメトロこうべも開業。

metrokobe04.jpg

今年9月に同じく50周年を迎えるにあたり、阪急阪神グループの神戸高速鉄道はこの昭和感満載の地下街と通路をリニューアル計画を始動させます。

metrokobe03.jpg

新開地には今年7月に気楽館が開館予定でメトロこうべを含むエリアの活性化が期待されます。

metrokobe05.jpg

デュオ神戸から歩いていくと高速神戸駅付近から一気に昭和感に包まれ始めます。更に新開地方向に進んで行くと、どんどんタイムスリップしていく感覚で場末感が強まっていきます。

metrokobe06.jpg

地下街を抜けて地下通路に至ると、照明の明度も落ちて夜間等は治安にも懸念があります。

metrokobe07.jpg

地下通路には卓球場等も整備されて賑わい創出に独自の努力も垣間見えますが、なかなかそう簡単にはいきません。

metrokobe08.jpg

今後の5ヶ月間で床や壁の美装化や照明設備の更新、賑わいスペースの整備を進め、工事が一定度終わった状態で50周年を迎えたいとしています。

metrokobe01.jpg

メトロこうべについてもやはり神戸駅前北側の再開発が進んでいない事が置き去り感を強めているのではないかと思われます。地上の再開発が進み周辺人口が増えれば鉄道利用者や地下街の通行量も自ずと増える事でしょう。ハーバーランドのように広域から人を呼び込むのはハードルか高いので、利便性の高さを活かして周辺居住人口を増やす事での活性化が賑わいを取り戻す近道なのではないかと思います。

category: 神戸駅周辺

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/29 Sun. 09:42 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

JR神戸駅天井耐震改修工事 

kobestation11.jpg

JR三ノ宮駅、兵庫駅の天井耐震化工事に目処がつき、残るは神戸駅の完成を待つのみとなりました。神戸駅でもすでにコンコース内の半分以上で作業床を支えていた鉄骨の柱や梁が姿を消し、真新しい天井がお目見えしています。

kobestation13.jpg

梁の下に柱が付いている三ノ宮駅や兵庫駅と異なり、神戸駅は天井に直接、柱が付いている形です。梁を天井パネル内に収めてしまっていると言った方が正解でしょうか。その分、スッキリとした印象です。

kobestation10.jpg

そしてこの構造がもたらしたメリットによって実現したのが、柱頭のライトアップならぬライトダウン?です。柱の周りに3灯のLEDダウンライトを配して柱の装飾を照らしています。これは三ノ宮駅や兵庫駅ではなされていない演出です。

kobestation12.jpg

柱の下部を覆う外装がどのようなデザインと材質になるのか楽しみです。三ノ宮駅はシンプル且つモダンな艶無しステンレスパネル、兵庫駅は石目調鋼板パネルでした。神戸駅に使われている統一カラーはダークブラウンなので、この色に合わせた垂直木目調鋼板パネルが私の予想ですが、さてどうなることやら。

kobestation14.jpg

改札前付近はまだ鉄骨が残っていますが、ほとんどの床は撤去されているので、もうまもなくコンコース全体が鉄骨の無い元の開放感を取り戻すものと思われます。

kobestation07.jpg

改札内はすでにほぼ完成しています。

kobestation08.jpg

JR神戸駅はその歴史を背負うようにレンガ調の腰壁とダークブラウンの案内表示で統一されています。

kobestation15.jpg

中央口とビエラ口を結ぶ通路です。

kobestation16.jpg

新設されたビエラ口は今回の工事対象ではありません。umieの開業によって同駅の乗降客数は増加傾向にあると言います。南側にタワーマンションも急増しています。読者の方もコメントされていましたが、三ノ宮に目処が立った暁には県下2番目の神戸駅にも一定規模の駅ビル建設を検討して欲しいと思います。その場合はやはり用地的に北側という事になるかと思います。10階前後の建物とし、低層部数フロアを商業に充て、残りはホテルとオフィスでしょうか。北側の再開発にも刺激を与える事も期待できます。


category: 神戸駅周辺

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/21 Sat. 06:40 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

JR神戸駅天井耐震改修工事 

kobestation04.jpg

JR西日本は神戸線の都心高架駅の天井耐震化改修を進めてきましたが、三ノ宮駅、兵庫駅の工事がひと段落し、残るは神戸駅のみとなりました。着手が遅かった事もありますが、他駅が3月末までに完了した一方、神戸駅は6月頃まで工期が延長されました。

kobestation05.jpg

ちょっと前までの三ノ宮駅のように鉄骨の柱や梁と天井作業床で圧迫感のある改札外コンコースです。三ノ宮駅程の混雑はありませんが、それでもかなり歩きにくい構内です。

kobestation03.jpg

しかし北側の一部のみは工事が終わり、作業床が撤去されています。

kobestation02.jpg

神戸駅の柱頭は三ノ宮駅と異なり、一部に濃茶色の装飾を纏っています。コントラストが強く三ノ宮とはまた違った趣があります。

kobestation01.jpg

天井の処理は三ノ宮と同様にグレーの軽量パネルに丸型のLEDダウンライトの組み合わせです。まだ柱周りの完成形が定かではありません。三ノ宮はツヤなしステンレスパネル、兵庫は石調メタルパネルでした。神戸はどんな仕上がりになるのか楽しみですね。

kobestation06.jpg

そんな神戸駅ですが東側はハーバーランドの活性化やタワーマンション建設ラッシュによって賑わいを増しましたが、西側には殆ど大きな変化はありません。市バスとしては市内最大規模のターミナルを抱える交通の要衝ではあり、新開地方面への玄関口でもあります。三宮の再開発が進む中、更に大規模な商業開発は望めそうにありませんが、老朽化した雑居ビルの並び立つ駅前に面した区画3ブロックを一体的な再開発で生まれ変わらせる事は出来ないでしょうか。神戸駅前は眺望による高さ規制には制約を受けないので、地上40階 高さ150mクラスのトリプルタワーマンション800戸を生活利便のテナントや飲食店をメインとした2層程度の商業施設である低層部とデッキで連結し、地下はデュオ神戸山の手にも直結。老朽化した神戸ツインビルも低層部にオフィス、高層部にホテルの複合タワーに建て替え、神戸駅の名に恥じない風格と賑わいのある空間へ整備。駅前広場と市バスターミナルもリニューアルし、都心西部のゲートシティ及び県内二位の乗降客数を誇る駅に相応しい駅前になるべきです。新快速停車駅前という立地が持つポテンシャルの高さは計り知れません。やりようによっては西の武蔵小杉化も夢ではないと思います。人口減に歯止めをかける有効打として検討されて欲しいですね。

category: 神戸駅周辺

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/31 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top