こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

地下鉄新神戸駅-JR新神戸駅間の連絡通路リニューアル 

shinkobe29.jpg

デザイン面で神戸芸術工科大学環境建築デザイン学科の長濱研究室の協力を経て、神戸市が進めてきた地下鉄新神戸駅~JR新神戸駅のアクセス路改修工事。11月24日に完成式典が開かれて、お披露目となりました。事業費は3.24億円。工事の途中経過を確認した段階ではその仕上がりに多少の不安と懸念を抱いてしまいましたが、その最終形はいかに。

shinkobe28.jpg

JR新神戸駅を下車して地下鉄へ乗り換える際、最初のゲートとなる1階部分のエントンラスはそのフレームを中心にダークグリーンを基調とした塗装が施されました。窓枠には幾何学模様のような装飾も取り付けられいます。「異人館と山」をテーマとしているエントランスエリア。イメージはスターバックスの神戸北野異人館店が入る洋館でしょうか。

shinkobe30.jpg

正面には大型スクリーン9枚が設置されました。この日はポートターミナルの様子が放映されていました。

shinkobe31.jpg

エントランス内の天井パネルも美装化されましたが、そこにも唐草模様のような投影が行われています。

shinkobe32.jpg

エスカレーターと階段周りの改修は天井パネルの全交換とLEDのダウンライト設置。そして行灯に模した壁掛け照明も新たに設置されました。以前より遥かに明度が増しており、また暖色系の照明で柔らかい雰囲気となりました。また壁にはフォトフレームが複数、掛けられています。

shinkobe34.jpg

一段目のエスカレーターを降りると、次のゾーンに入ります。中間踊り場の「花とまちのエリア」です。

shinkobe33.jpg

少し阪急・阪神の駅に設置されているような雰囲気とデザインを持った八角形型の照明を採用。

shinkobe36.jpg

壁のパネルには花びらのような模様が無数に散りばめられています。

shinkobe35.jpg

非常に明るくなり、これまでの陰気で寒々しい雰囲気は解消されました。壁のフレームも背後から照明が当てられて浮かび上がるようになっています。壁や柱のサインも全て一新されました。

shinkobe37.jpg

そしてこのエスカレーターを降りると、更に次のエリアに突入します。照明が明るくなった為、改修されていない路面のタイルも一新されたかのようです。

shinkobe38.jpg

大胆にリニューアルされた店舗前通路です。このエリアのテーマは「旧居留地とみなと」。天井パネルと柱、店舗内も含めて改修されました。

shinkobe39.jpg

間接照明を駆使して旧居留地の雰囲気を醸し出しています。土産物店の改装はまだ進行中でした。

shinkobe40.jpg

そして最後の北改札前広場です。ポートタワーをイメージした4本の照明柱とサイン表示を兼ねた大型の八角形照明を設置。

shinkobe41.jpg

この場所も天井パネルをすべて美装化。

shinkobe42.jpg

八角形の大型照明が良い雰囲気を出しています。完成予想パースでは単なる円形型の照明でしたが、更に細部デザインに工夫が凝らされました。

shinkobe43.jpg

ベンチが設置された休憩スペースも整備されました。こちらの壁にも大型ビジョンも設けられ、神戸のPR映像が放映されます。

以上が全ての改修内容となります。感想としては完成前に抱いていた不安は払しょくされました。玄関口という意味で綺麗に明るくリニューアルされたのではないかと思います。特にやはり明るく柔らかい雰囲気になったことが一番の変化でしょうか。土産物店街が最終的にどうなるのかはまだ確認できていませんが、今回の改装はうまくまとめられたのではないかと思います。

shinkobe45.jpg

こちらは2007年に大規模リニューアルされて以来、初の改装を実施したJR新神戸駅コンコース内。「アントレマルシェ新神戸店」が改修工事を完了させています。

shinkobe46.jpg

店舗配置が大幅に変更されましたが、「神戸フランツ」「観音屋珈琲店」「三宮一貫樓」「モンロワール」の人気既存専門店はそのままに、新店が加わりました。またコンビニは売場面積を拡大。

JR~地下鉄駅に渡って美しく生まれ変わった神戸の玄関口。撮影日は通常の日曜夕方でしたが、想像以上に駅や連絡路は混み合っていました。


category: 新神戸駅

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/11/28 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

市営地下鉄新神戸駅のリニューアル工事開始 

shinkobe25.jpg

この2日間は熱中症でダウンしていました・・・。朝晩は涼しくなってきたとは言え、まだまだ残暑が厳しいこの季節。皆様も体調管理にはお気を付け下さい。

神戸市が本年度予算に盛り込んだ地下鉄新神戸駅のリニューアル計画が始動しています。

rshinkobe1.jpg

JR新神戸駅へのエントランスから地下鉄駅改札コンコースまでを各エリアにコンセプトを持たせて改装を実施する計画です。

shinkobe19.jpg

地下鉄駅への出入り口はすでに天井パネルが外されています。撮影日はこの出入り口全体を覆う仮囲いの設置が始まっていました。おもてなしの最前線にあたる場所なので大幅なリニューアルが行われる予定です。採光のために三面が現状透明アクリル板になっている部分は全て塞がれる予定です。

rshinkobe4.jpg

こちらが完成予想パース。この部分のテーマは新神戸駅から至近距離にある「異人館と山」。正面には映像パネルのようなものも見えます。エスカレーター前のタイルも貼り換えられるようです。

shinkobe24.jpg

同じく「異人館と山」のテーマが与えられている最も長いエスカレーター。すでに一部の改良は完了済ですが、お分かりになるでしょうか。

shinkobe27.jpg

答えは照明です。これまでは水平方向に長い蛍光灯が取り付けられていました。この部分を変更して、LEDのダウンライト3灯を埋め込み、残りの部分は新たなパネルを取り付けました。

光量が増し、以前より明るい雰囲気になりましたが、取り換えを行わなかったパネル部分の汚れが目立ちます。天井部の改修はこれで完了なのでしょうか。

rshinkobe5.jpg

完成予想パースでは天井の照明の変更は行われるのかどうかは定かではありませんでしたが、壁付け照明が追加される演出となっていました。

shinkobe23.jpg

「花と緑のまち」をテーマとした中間踊り場部分もすでに天井パネルと照明の変更が完了しており、明るく和らかな印象に変わっています。

shinkobe20.jpg

「旧居留地とみなと」のエリアである店舗前通路。現在は半分が完全に仮囲いに覆われて閉鎖されています。ここの天井は以前の照明が残されているので、ビフォーアフターを見比べるのには好都合です。完成予想パースでは通路のみJR新神戸駅構内のアントレマルシェ的な雰囲気に改装されるように描かれていましたが、店舗の閉鎖を伴って本格的な改装が行われているようなので、大きく変貌するかもしれません。

shinkobe22.jpg

フィナーレは改札前広場です。改装エリアの中で最も劇的な変化を遂げる予定の場所です。天井パネルが全面的に撤去されているので今はとても暗い感じです。

shinkobe21.jpg

この広場が・・・

rshinkobe2.jpg

このように変化します。3本ある柱が照明化されてより開放感のある明るい広場に生まれ変わります。

改修対象の距離が長いので、かなり予算を割かないと劇的なリニューアルは難しいと思われますが、改修計画が明らかになった段階であまり過度の期待はできないと思っていました。実際に工事が始まり、一部の改良が進み始めたこの段階ではまだ何とも言えません。エスカレーターの壁や天井の薄汚れた感は払しょくされると良いのですが。

地下鉄駅や地下街のリニューアルはよほど投資額を増やさないと中途半端に終わってしまい残念なケースが見られます。同じく市が手掛けているJR神戸駅地下街のデュオこうべもこれからまだ第三弾のリニューアルがあるとは言え、ちぐはぐ感が否めませんし、大阪市営地下鉄も御堂筋線各駅のリニューアルを進めていますが、中途半端感が残念です。この地下鉄新神戸駅のリニューアルも同じようになりそうな予感が・・・。完成までは様子見です。

shinkobe26.jpg

一方、JR新神戸駅は大幅なリニューアルでかなり洗練された今風のコンコースになりました。JRは新大阪のリニューアルも進行中ですが、やはり民間と行政の差なのでしょうか。断然、質が異なります。新神戸駅のアントレマルシェはリニューアル後の初の再改装を実施中です。土産物エリアが閉鎖されています。どう変化するのか楽しみです。しかしJR新神戸駅のコンコースは混雑時には非常に狭々しくなり、空間キャパが足りていない気がします。今回の改装でこの点は改良されないのでしょうか。

category: 新神戸駅

2016/08/29 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 10

go page top

新神戸特集+地下鉄新神戸駅リニューアル計画 

shinkobe03.jpg

神戸の玄関口は新神戸駅か神戸空港かと言えばやはり新神戸になるのでしょうか。乗降客数は16,000人/日ですので単純計算で約570万人。神戸空港の搭乗者数230万人の倍にあたります。1972年の駅の開業後、駅周辺では80年代半ばから後半に掛けて、市営地下鉄の乗り入れや新神戸オリエンタルシティ等の大規模再開発が行われ、景観は一変しました。

shinkobe04.jpg

その後は停滞しますが、2000年代に入ってから、駅前の市有地が次々と売却され民間業者による再開発が行われました。その結果として、超高層マンションが聳え立ちました。現在、駅周辺は眼前に迫る山をバックに3棟のタワーが林立する都会と自然の融合的な不思議な景観が生まれています。

shinkobe17.jpg

JR西日本は2007年に新神戸駅構内をリニューアルしました。神戸市内のJR沿線の既存駅とは異なり、JR西管内で進められている新駅や改装駅と同様にモノトーンを多用したシックな色使いや円をデザインに採り入れた造形によって雰囲気は完全にリフレッシュされました。

shinkobe15.jpg

改装は改札内外の双方全面に施されましたが、中でも改札外は店舗の配置や構成を含めて一新。支柱も石造調にアレンジして照明で演出。旧居留地や北野の雰囲気を醸し出しています。

shinkobe07.jpg

神戸みやげを購入できるアントレマルシェは大きな物販店舗です。週末や連休時はごった返します。近年の新神戸駅は混雑時はキャパオーバー気味になっています。神戸空港がなければ施設的に完全にオーバーフローになるのではないかと思います。

shinkobe06.jpg

新神戸オリエンタルシティはそんな新神戸の玄関口にあるランドマークです。ANAクラウンプラザホテル神戸と商業施設新神戸オリエンタルアベニューから構成される複合施設です。

shinkobe05.jpg

神戸で最高層ホテルのANAクラウンプラザホテルはその利便性からも稼働率は高く利用者も多いのですが、商業施設である新神戸オリエンタルアベニューはパッとしません。元はOPAの一号店という輝かしい栄光と称号を持っていた施設でありながら、その栄華の面影も今はありません。そもそも新神戸にここまで大規模な商業施設が必要とされているのかという根本的な問題が根底にあります。必然的にテナントは飲食店が多くを占めるようになっています。

shinkobe08.jpg

そんな新神戸事情ですが、ここに来て、神戸市はJR駅-地下鉄駅間の連絡路のリニューアルを計画しています。地下鉄駅の位置がフラワーロードとオリエンタルシティの地下に跨っている為、JR駅からはかなり複雑な導線を経て、地下鉄駅に辿り着かなくてはなりません。

shinkobe09.jpg

現在は地下鉄駅までの導線を分かりやすいようにフロア面にラインを描いて誘導しています。これはこれでアイディアとしては面白く分かりやすいと思います。

rshinkobe1.jpg

市はJR駅から地下鉄駅が大きく分けて3段階に跨る経路になっている為、これを逆手にとって3つのテーマとしてリニューアルを進めることにしています。

テーマは「異人館と山」、「花と緑のまち」、そして「旧居留地とみなと」と連続します。このアイディアは神戸芸術工科大学環境建築デザイン学科の長濱研究室の協力を経て、練り上げたものです。

shinkobe18.jpg

まずは薄暗いエントランス部の改装予想図から見ていきましょう。

rshinkobe4.jpg

ここはエントランスとしてゲートの役割を果たす場所です。従ってゲートウェイ的な要素やデザインを持たせるということで緑と白を基調とした色使いで統一。緑は神戸市営地下鉄山手線のアイコンカラーであると共に山の緑も表します。また北野の異人館でも緑のフレームに縁どられた北野物語館(現在はスターバックス北野異人館店として活用)をも連想させます。正面には映像パネルらしい物も見えます。

shinkobe10.jpg

次は長いエスカレーター部です。

rshinkobe5.jpg

こちらについては劇的な変化はなく、照明の変更と壁面に神戸のフォトフレームを飾るといったところでしょうか。予算の関係上もあるでしょうが、少し安易な感じがします。フォトフレームになるのか映像スクリーンになるのかでだいぶ印象が変わることでしょう。

shinkobe11.jpg

エスカレーターを降りるとしばらく平面移動となります。中間おどり場とされるエリアでここには花と緑のまちのコンセプトが課せられています。

rshinkobe6.jpg

ここは壁面と天井照明、サイン等のリニューアルが図られます。両サイドの壁面には切れ目なくフォトフレームが並列。

shinkobe12.jpg

もう一段階、短いエスカレーターに乗ると、最終工程に入ります。

shinkobe13.jpg

店舗前通路から改札前広場は旧居留地とみなとのエリア。

rshinkobe7.jpg

ここでは店舗上部と各店舗間の壁面に手が加えられます。ただ店舗内が今の地方のお土産屋のような状態のままだと余計にギャップが大きくて見映えが悪いので、店舗内の見た目も改善して欲しいと思います。

shinkobe14.jpg

最後は改札前広場。

rshinkobe2.jpg

フィナーレとしてここは大きな変化があります。天井、壁面、支柱がほぼ全面的に改修され、イメージが一新します。支柱のポートタワーをあしらったデザインも好感が持てます。阪神神戸三宮駅の地下通路でも培われた意匠に円形を採用するパターンも採り入れられています。

shinkobe16.jpg

新神戸駅のホームはこれまで通りです。

今回の一連のリニューアルに対し、市は3.24億円の予算を計上。今年度中に改装工事をスタートし、来年秋に完成させる予定です。神戸の表玄関が綺麗になるのは歓迎すべきことではありますが、改札広場以外の改装には何か中途半端感が漂っている気がするのは私だけでしょうか。とにかく仕上がりを見てみない限りは判断がつきませんので、改装工事の進捗をレポートしながら、見守りたいと思います。


category: 新神戸駅

2015/03/16 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top