こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

DUO神戸地下街浜の手改修工事 その3 

duokobe137.jpg

これまで3期に渡って冬から年度末までに工事を実施してきたJR神戸駅南側の地下街であるDUO神戸浜の手のリニューアル。通路の天井、壁、柱、一部床材の改修、照明設備の更新、店舗の再配置や新規テナントの誘致から始まり、メインエントランスである大階段とエスカレーター周りの改修と続き、最後の総仕上げとしてイベント広場としても活用されているDUOドームのリニューアルが実施されました。

duokobe135.jpg

ドームを囲む4本の柱は内部に電灯を設置してガラスで覆った光柱へと化粧直し。三宮地下通路ですでに実績のある手法が採用されました。柱に照明設備や案内表示等の複数機能を与えつつ、洗練感も生み出します。

duokobe139.jpg

ドーム自体には手が入った訳ではありませんが、何だか明るくなった印象です。

duokobe134.jpg

ドーム内の改修内容は小規模に留まりました。

duokobe132.jpg

ドームのシンボルだった潜水艦のオブジェが姿を消して看板が取り付けられました。もっと何とかならなかったのでしょうか、正直ダサい。壁のキワに取り付けられていた照明は撤去されて波型のパネルで覆われました。これも何だか取って付けた感があります。看板上には新たな照明設備が複数設置されています。

duokobe138.jpg

広場を囲むようにして天井に段差がありますが、この縁にブルーのLED照明がグルリと張り巡らされました。これはなかなか良い感じです。

duokobe133.jpg

ドームの周りはシンプルながらも垢抜けた感があって良いのですが、肝心のドーム改修はもう少し何とかならなかったのかと思います。夜間の照明点灯時はまた印象が変わるのでしょうか。これで一連の改修工事は完了を迎えました。I期工事のその1はumie(ウミエ)の成功がまだ盤石かどうか判断がつかず、賑わいの連続性を生み出す為に知恵を絞って、店舗の再配置を行い、お金もそこそこ使った本格的なリニューアルでしたが、II期以降はumieの集客力が確かである事が明確となった為か、もう予算はそんなに割いて改修しなくても人は来ると踏み、お茶濁し程度の改修に留めた感が否めません。これから三宮やウォーターフロントに集中投資を行わなくてはならないので、一定規模で予算を絞る必要性は理解できますが、尻すぼみ感が残念です。

category: DUO神戸

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/21 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

DUO神戸地下街浜の手改修工事 その3 

duokobe131.jpg

JR神戸駅の南側に広がる地下街「DUO神戸浜の手」。先日、同地下街の改修工事その3の準備が始まった事をお伝えしましたが、その準備が整い、本格着工したようです。通常は年度内に工事が完了するのですが、今回については4月までの工期となっています。

duokobe127.jpg

今回の改修のメインはデュオドーム。ドーム型の採光ガラスを天井としたイベント広場です。前回はこの改修のための足場の構築が行われ始めた模様をお伝えしましたが、デュオドームを囲む前後4本の支柱にも仮囲いが設置されました。

duokobe129.jpg

4本の支柱は光柱に改修される予定です。

sanchika26.jpg

光柱とは内部に電飾を埋め込み、柱全体をガラスで覆って、照明や案内表示の機能を備えさせたものです。三宮駅地下通路等で採用されています。非常に明るくデザイン性や視認性にも優れています。

duokobe128.jpg

足場は中2階のような形で設置されました。そのままでは暗いので蛍光灯が裏側に取り付けられました。工事は基本的に夜間行われるので、工事の様子は全く伺いしれません。

duokobe83.jpg

デュオドームの改修内容は主に壁のリニューアルです。ドームのシンボルであった潜水艦はお役御免となります。また四角い形状のダウンライトも撤去されるようです。

duokobe125.jpg

その3の完了後、来年度にその4もあるのでしょうか。

category: DUO神戸

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/05 Sun. 08:10 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

DUO神戸地下街浜の手改修工事 その3 

duokobe122.jpg

2014年から始まったDUO神戸地下街浜の手の改修工事。「その1」が14年度末に完成した左右に分かれた南側の2本の通路を中心とした改修、「その2」が15年度末に行われたメインエントランスとなるエスカレーター・大階段周りのリニューアル。そしていよいよ最後の三期目となる「その3」が開始されました。

duokobe126.jpg

「その3」の改修は主にメインエントランスのエスカレーター・大階段を降りて目の前に広場とその真上に開けたデュオドームのリニューアルが目的です。

具体的な工事内容は

①デュオドーム壁改修工事
②サイン改修工事
③光柱改修工事
④上記改修工事に伴う仮囲い及び仮設足場工事

となっています。施工期間は1月10日~4月30日とされています。

duokobe125.jpg

こちらが完成予想パースです。デュオドームを囲む4本の円柱が、阪神神戸三宮駅周辺の地下通路でも採用されている光柱に改修されるようです。デュオドーム自体は大きく改修されることはないようです。

duokobe123.jpg

デュオドーム壁を改修するための足場が構築されています。今回の改修の事業費用は約2億円です。

duokobe124.jpg

恐らく照明もLEDに変更されるものと思われます。

本日、ある方から特大ビッグニュースを頂戴しました。公式に発表があるまでは当ブログでも公開できませんが、本当にこれからが非常に楽しみになってきました。年内に公表されることを期待したいと思います。

category: DUO神戸

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/01/22 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

DUO神戸浜の手改修工事第二弾 エントランスの照明演出 

duokobe118.jpg

今回は今さら感が満載ですが、まだご報告していなかったDUO神戸浜の手のエントランス改修工事の完成形とその照明演出についてのレポートです。昨年の一期工事では二つの通路をメインとした大規模改修工事が図られ、店舗構成や配置等の変更も実施された大掛かりなリニューアルでしたが、第二期の工事はほぼほぼJR神戸駅に面したエントランス部の大階段+エスカレーター部分の改修が主となりました。

duokobe116.jpg

最も大きな改修が階段上の天井パネルの刷新でした。波型のアルミパネルが吊り下げられ、日没後にはLED照明によってパネルの色が七色に変化する仕掛けが施されました。

duokobe121.jpg

昼間はあまり改修された事を気に留める感じはないのですが、夜は鮮やかな照明によってリニューアル感が高まりました。

duokobe117.jpg

さいの目の細かいタイルに改修された階段横の壁面も手摺上の壁面の中に埋め込まれたLED白色灯の間接照射で良い感じに照らされています。

duokobe119.jpg

リニューアル前はエスカレーターの中央にある階段状の滝と水の演出の行方を危ぶみましたが、杞憂に終わり、ほぼそのまま改修は行われずに復活しました。改修後の唯一の変化は装飾がライトアップされるようになったことです。

duokobe115.jpg

滝が無くならなかった事は良かったのですが、せっかくのリニューアルですから何かもう少し変化があっても良かったのではと思いました。またエスカレーターの手摺のベルトがボロボロなのが気になりました。

duokobe120.jpg

神戸市は今年度に改修工事の第三弾を予定しています。恐らく年末辺りからの工事開始かと思われますが、今回の改修対象は階段直下のイベント広場「デュオドーム」です。改修面積の大きな事業となるだけに、どんなリニューアルが図られるのか。これまでの2回の改修ではあまり完成時の様子を市が積極的に公表することはありませんでした。せめて市のホームページにはしっかりと掲載して欲しいものです。

category: DUO神戸

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/10/17 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top