こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

阿波銀行神戸支店が開店 

awa118.jpg

昨夏から建替え工事が進んでいた神戸市中央区小野柄通6の阿波銀行神戸支店ですが新しい建物は昨年内に竣工していました。そしてようやく先週2月22日に元の場所に再開業した旨を神戸新聞が報じました。

awa120.jpg

新店舗ビルの1階部分はアール部が開口部の少ない構造になっています。外壁には特殊な外装材が使われているようです。

awa119.jpg

新店舗ビルは鉄骨造の地上5階建て、延床面積は1,029.49平方メートルで、鹿島建設の設計・施工で建設されました。4階には徳島の魅力を発信する応接コーナーおよびセミナールームが設置されているそうです。

awa117.jpg

旧同行神戸支店ビルは昭和47年築と竣工から40年以上を経過した建物でした。旧支店ビルの曲面デザインを継承した新ビルはガラスと石をうまく融合させた新しい神戸支店に相応しい外観を纏いました。上部の曲面部は夜間にはライトアップされています。いずれ夜間の様子も取材してきたいと思います。

category: 阿波銀行神戸支店

2016/02/28 Sun. 09:23 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

阿波銀行神戸支店建替計画 

awa110.jpg

複数の方からすでに阿波銀行神戸支店を覆う養生ネットがすでに取り外されているという連絡を頂いていたのですが、多忙の為なかなか現地取材ができませんでした。ようやく現地に行ってその姿を拝むことができました。

awa111.jpg

デザインはなかなか良いと聞いていましたが、これは想像より遥かに良い出来だと個人的に思いました。アール部分は外装材の取り付け時にレンガ調であることは判明していましたが、透明ガラスと不透明ガラスとの組み合わせが良い感じです。また塔屋部の格子状のアルミパネルが良いアクセントになっています。

awa112.jpg

北側半分のファサードはアルミカーテンウォールを採用。この部分はエントンラスにもなっています。

awa116.jpg

旧支店ビルから受け継いだアール部。同行支店がある限りは次の建替時にも継承されることでしょう。

awa113.jpg

恐らく夜間は塔屋部がライトアップされるのではないかと思われます。また阿波銀行のロゴも抜きで闇に浮かび上がることでしょう。

awa115.jpg

デザインが良いだけに高さが足りなかった事がやはりより悔やまれます。倍の高さがあれば非常に素晴らしい建物になったことでしょう。今回のプロジェクトはデザインも規模も全く分からない目隠し状態で取材を続けてきた初めてのケースでした。不安と期待が入り混じる中でプロジェクトを追ってきましたが、規模は不安が的中して×、デザインは期待以上の◎という結果でした。

category: 阿波銀行神戸支店

2015/11/17 Tue. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

阿波銀行神戸支店建替計画 

awa109.jpg

JR三ノ宮駅前で進む阿波銀行神戸支店の建替計画の現況です。

awa105.jpg

建物全体がグレーで中の透けない養生ネットと足場に覆われていますが、頂部のみは薄いネットなので中が透けて見えます。

awa106.jpg

アールを描いた白い装飾のような庇が外周に取り付けられています。

awa107.jpg

庇の下の空白部には外壁パネルが嵌め込まれるのかそれともデザインとしての装飾部としてこの部分は空白になるのか。

awa108.jpg

恐らく年内にはベールを脱いで全貌が明らかになるものと思われます。小粒でも神戸に相応しいクラシカルモダンな建物の誕生を期待したいと思います。

話は変わりますが、神戸市が「都心三宮推進本部」設置と「三宮再整備事業推進担当係長」の新設を発表しました。推進本部は本部長、副本部長、本部員をもって組織し、本部長には市長、副本部長は副市長が着任するとのこと。また本部は「都心の戦略実行部会」、「都心のデザイン推進部会」、「都心の公共空間活用部会」、「新バスターミナル整備部会」の4つの部会から構成されるそうです。日経新聞によると三宮再整備事業推進担当係長はJR西日本と阪急の駅ビル建替えに関する調整を行う役回りのようです。

迅速かつ着実に推進する・スピード感を持って進めていくことが求められている

まさにその通りなので、今回の組織編成が単なるパフォーマンスでなく、実動し、機能していくのかを見守りたいと思います。

category: 阿波銀行神戸支店

2015/10/30 Fri. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

阿波銀行神戸支店建替計画 

awa100.jpg

阿波銀行神戸支店の建設状況です。鉄骨立方が完了して建物全体が養生ネットと足場に覆われた状態です。通常この状態になると外観工事が完了するまでベールに包まれて作業の進捗状況は全く分からなくなってしまいます。

awa101.jpg

阿波銀行神戸支店の場合もその例に漏れず同様の状態が続いていくと思われますが、上部のみはまだ完全には鉄骨立方の作業が完了していなかったようです。

awa102.jpg

R部を含めて重量鉄骨の建物躯体部分の上に軽量鉄骨の外壁が構築されています。

awa103.jpg

重量鉄骨部分の建方が完了した時点での建物の最高部だと思っていましたが、この軽量鉄骨の外周部が付いた分(恐らく半階分)、建物の高さが少し上がりました。

awa104.jpg

規模は小さいなれど、R部が美しいクラシックモダン系の建物になるのではないかと期待しています。年内にはベールを脱ぐのではないかと思いますがどうでしょうか。

category: 阿波銀行神戸支店

2015/10/11 Sun. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top