こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

パークホームズ神戸 ザレジデンス 栄町通7丁目計画 

mitsui118.jpg

旧神戸貯金事務センター跡地に完成したパークホームズ神戸 ザレジデンス。地上20階建ての3棟構成からなる総戸数357戸の大型分譲マンションです。三井不動産レジデンシャルとしては神戸で初となるビッグプロジェクトとなりました。

mitsui117.jpg

建物の周囲にはまだ三角コーンが置かれていますが、建物は竣工しており、棟内モデルルームや購入者向けの内覧会が開始されてます。

mitsui113.jpg

この建物のアイデンティティーとも呼べる低層部。御影石を外装材に使ったどっしりとした重厚感に溢れる意匠です。

mitsui111.jpg

マンションとは思えないホテルライクなシックな雰囲気のエントランス周り。

mitsui112.jpg

建物名称の案内板も雰囲気たっぷりです。

mitsui114.jpg

一般に開放された公開空地はルミナススクエアガーデンと名付けられています。

mitsui116.jpg

この低層部の重厚感はマンションとしては傑作です。できればルミナススクエアガーデンはカフェにして欲しかったですね。周囲の居住人口も急増してますし、それなりの需要は取り込めたのではないかと思います。やはり分譲マンションの敷地内に店舗を設けるのは資産価値への影響から難しい模様です。

mitsui110.jpg

この建物は居住階のコーナー部をダイレクトビューウインドーにする事は出来なかったのでしょうか。全周バルコニーを採用する必要がなかったのであれば、神戸の高層マンションでは貴重な存在になっていたはずです。

mitsui115.jpg

やはりこの場所にはパークホームズではなく、パークタワーが見たかったですね。神戸にパークタワーが建つ日は来るのか。近隣での最後の一等地はNTTが所有する神戸クリスタルタワーに隣接した住宅展示場になっている敷地です。近い将来、再開発される日も近いかもしれません。

category: 神戸貯金事務センター跡

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/07 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

パークホームズ神戸 ザレジデンス 栄町通7丁目計画 

mitsui100.jpg

神戸貯金事務センター跡地で建設中の三井不動産レジデンシャルによる大型分譲マンション「パークホームズ神戸 ザレジデンス」がいよいよ来月の竣工に向け、工事は最終段階に入っています。

mitsui108.jpg

この建物で最も特徴的な重厚感のある御影石をふんだんに採用した低層部周りがすでに姿を現しています。

mitsui101.jpg

北側のコーナー周りです。大丸神戸店のようにピロティになった空間はマンションのエントランスとは思えないゴージャス感があります。

mitsui105.jpg

ハーバーロード沿いのファサードです。

mitsui104.jpg

3棟の建物の中央は公開空地となっており、「ルミナススクエアガーデン」と名付けられます。すでに植栽が進んでいるようでした。

mitsui102.jpg

栄町通沿いのファサードです。

mitsui107.jpg

一棟の長辺にあたるため、こちらの方が重厚感により連続性があります。

mitsui106.jpg

この建物の完成により交差点付近は旧居留地並の重厚感と高密度・高完成度を有する街並みに変貌を遂げました。更に今後、ファミリア本社の再開発が終われば、神戸でも高度利用の最も進んだ代表的な交差点の1つとなることでしょう。

category: 神戸貯金事務センター跡

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/01/11 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 13

go page top

パークホームズ神戸 ザレジデンス 栄町通7丁目計画 

mitsui97.jpg

旧神戸貯金事務センター跡地に三井不動産レジデンシャルが建設中の大型分譲マンション「パークホームズ神戸 ザレジデンス」は建物完成に向けていよいよ大詰めに入りました。すでに外観の大部分が露わになっており、内装工事と含めて竣工へ突き進んでいます。

mitsui98.jpg

この建物の最も特筆すべき点が低層部のファサードです。重厚感のある御影石を二層の高さに外装材として採用しています。

mitsui96.jpg

仮囲いの背後にすでにこの低層部が姿を表しています。

mitsui95.jpg

開口部にはロートアルミやモールを使って窓を優雅に演出します。今は解体中となってしまっているファミリアホールが復元された際には栄町通を挟んで重厚な建物に囲まれるようになります。

mitsui94.jpg

北側のファサードです。建物の分かれ目で連続性を失ってしまっているのは残念です。建物間に壁を構築してエントンラス的な役割を持たせるような設計にして欲しかったですね。

mitsui93.jpg

3棟から構成される非常に大規模な建物ではありますが、周囲に高層建築が多いせいか、あまりその大きさを感じさせません。

mitsui99.jpg

3棟の中央部。共用廊下が向き合う吹き抜け空間的な役割を担っています。非常階段は格子状のルーバーで目隠しがされました。ここにはルミナスクエアガーデンと呼ばれる公開空地が整備されます。こちらは壁を構築して建物間を埋め、御影石の外壁に連続性を持たせます。この建物及びファミリア本社跡のタワーレジデンスが完成すると、交差点の完成度が高まり、昼夜を問わず落ち着きを持った美しい都市空間に生まれ変わるものと期待しています。

category: 神戸貯金事務センター跡

2016/10/05 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

パークホームズ神戸ザレジデンス 栄町通7丁目計画 



神戸貯金事務センター跡で建設中の三井不動産レジデンシャルによる大型分譲マンションプロジェクト 「パークホームズ神戸ザレジデンス(地上20階 高さ59.9m 総戸数357戸)」。竣工に向けて順調に工事が進んでおり、躯体を覆っていた大部分の養生ネットが取り払われて外観が確認できるようになりました。



外壁タイルの質感です。上質感があります。



重厚感のある低層部の一部も確認できるようになりました。



外壁のアップです。まだ低層部のメインとなる東面やコーナー部はベールに包まれたままです。



交差点から見上げるパークホームズ神戸ザ・レジデンス。大きな存在感を示しています。数年後にはこの交差点は三方を20階以上の建物が囲む谷間に変貌します。

category: 神戸貯金事務センター跡

2016/08/22 Mon. 08:03 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top