こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

FOREVER21が三宮ビブレに開業! 

forever03.jpg

米国のファストファッションブランドである「FOREVER21」が12月8日(木)、三宮ビブレ内に開業しました。同ビルの3階・1フロアを占有する形での出店となり、兵庫県内初進出となります。同ブランドでは国内で21店舗目の開業です。

forever07.jpg

正直、この開業はサプライズでした。各報道機関がこの出店を報じたのも開業日から数日前ばかり。三宮店の店舗面積は約1,045平方メートルで、「レディース」「メンズ」「アクティブウェア」の3カテゴリーを展開。

forever05.jpg

三宮ビブレは正直、ここ最近はその存在がすっかり薄くなっていました。ミント神戸開業後はタワーレコードも移転してしまい、これといった集客力のある中核テナントは皆無。その後、独自路線に走り始め、ゴスロリやパンクファッションのフロアを設けて、生き残りを図ってきました。

forever06.jpg

ここ最近もGU(ジー・ユー)を2階・1フロアに誘致。メインエントランスやエスカレーター付近を改装し、見た目を一新。そして更に今回の超目玉を隠し持っていたのは驚きです。イオンによるリーシング力は強力ですね。

forever02.jpg

3階のデッキからもアクセス可能です。

forever01.jpg

FOREVER21は三宮ゼロゲートに出店するものとばかり思っていました。同じセンター街ではありますが、集客性を考えるとビブレの立地性は魅力的です。ただビブレはセンター街に対して間口が狭く、垂直方向の動線が課題です。集客力の強いファストファッション2店を誘致できたことで見事に復活を果たすことができそうです。ただこの建物は前身がニチイ三宮店ですので、すでに築50年を迎えようとしている老朽ビルです。将来的には建て替えや周囲の建物と再開発が必要になってくることでしょう。

forever04.jpg

ルミナリエ開催中の週末とあってセンター街の通行量も増量中でした。三ノ宮駅前の再開発が今後、進行していく中でセンター街はどのように対応していくのでしょうか。通り沿いの建物は再開発ビルが多く立ち並びますが、さんセンタープラザをはじめ、老朽化が進んでおり、再々開発を必要とする状況です。フューチャープラザのように単独建て替えを実施する建物もある中、今後、どういった動きが出てくるのか。


category: New Open

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/12 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

いかりスーパー神戸三宮店が7月27日にオープン 

ikarisuper05.jpg

三宮ビル北館地下1階にいかりスーパー神戸三宮店が7月27日(水)に開業しました。神戸阪急ビル東館が1月11日に閉店して以来、約半年後の三宮での営業復帰です。阪急駅ビルの建て替えが水面下で動いていた頃から、いかりスーパーは新たな出店場所を模索していたようです。一時は旧JT神戸支社跡に計画されている分譲マンションの低層階に出店するという噂もありましたが、最終的には駅前エリアの一等地での返り咲きを果たしました。

新しい神戸三宮店はビル地下1階賃貸フロアが2区画に分かれていますが、その双方を賃借。さんちか側から入って向かって正面がメインゾーンで惣菜や生鮮品売場、ベーカリーとなっています。

ikarisuper11.jpg

さんちかから入って向かって左側の小さな区画はアルコール類を主に販売する売り場となりました。チーズの切り分け売りを行うコーナーも設けられています。

ikarisuper07.jpg

いかりスーパーが開店して一気にさんちかから人が三宮ビル北館に流れ込むようになりました。

ikarisuper08.jpg

三宮ビル北館内の通路です。この通路を南下すると南館の地下階に連絡します。更に南下すると地下鉄駅まで抜けることができます。

ikarisuper09.jpg

通路の壁にはいかりマークがずらりと取り付けられています。

ikarisuper06.jpg

時間を問わず集客を期待できるいかりスーパーの出店で三宮ビル北館の地下階に賑わいが生まれています。ただやはり狭い方の区画は個人的にはカフェやレストランの出店が望ましかったのではないかと思います。

ikarisuper10.jpg

明日8月1日(月)からはP&Gジャパンも本格的に三宮ビル北館で稼働を開始します。これでようやく同ビルが完全体となりました。このビルの建設によって約1000名の就業者が三宮に移ってきたことになります。三宮のビジネス拠点としての集積度をより高める次の再開発が続くことを期待したいですね。現状は神戸阪急ビル東館のオフィスフロアとイーライリリーの新本社屋となる磯上通7丁目計画のみが新規の業務ビルプロジェクトです。


category: New Open

2016/07/31 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top

ヤマハミュージック 神戸店が開業 

yamaha05.jpg

6月18日(土)、元町商店街で営業していたヤマハミュージック神戸店が代々木ゼミナール神戸校跡のオフィスビル「ベルビューオフィス三宮」に移転開業しました。地上8階建ての同ビルの1-2階及び4-5階の合計4フロアに入居しています。

yamaha04.jpg

1階は南側に弦楽器・ギター、北側に管打楽器売場が設けられ、2階は楽譜売場及び鍵盤楽器・防音室(アビテックス)売場、4-5階はミュージックアベニュー神戸(音楽教室)という構成です。

yamaha06.jpg

予備校のロビーや教室が店舗にコンバージョンされました。人通りという意味では元町商店街の方が多かったとは思いますが、ヤマハのような楽器店や音楽教室であれば道行く人がふらっと立ち寄るというケースは稀でむしろ目的があって訪れる人が圧倒的に多いかと思われますので、寧ろ三ノ宮駅の至近距離に移転というのは理に叶っていると思われます。

yamaha07.jpg

今回、ヤマハが3階を抑えられなかったのはすでに別のテナント入居が決まっていたからでしょうか。また同ビルの5-8階も他テナントは入るのでしょうか。やはりいずれは隣り合う大隆ビルやセブンイレブンの建物と一体的に集約して再開発を行うことが望ましいですね。

category: New Open

2016/06/19 Sun. 09:23 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 9

go page top

ヤマハミュージック神戸店が6月18日代ゼミ跡に移転開業 

yozemi12.jpg

前回、代々木ゼミナール神戸校跡は賃貸オフィスビルになるようだとお伝えしましたが、このビルには元町のヤマハミュージック神戸店が移転オープンします。開業日は6月18日。このビルの全フロアを同店が占有するのかは定かではありません。

yamaha01.jpg

ヤマハミュージック神戸店は元町商店街にありますが、なんとこの地で開業してから95年だそうです。現店舗は1970年に開業。この店舗でも約50年の歴史を持つことになる老舗中の老舗です。

yamaha03.jpg

また商店街に面した音楽楽器を販売する店舗は地下1-地上2階の3フロアのみですが、更に上層階はヤマハ音楽教室と事務所が占めるので地上7階建てのビルは丸ごとヤマハビルです。あまり気に留めていなかったのですが、結構、大きなビルだったのですね。代ゼミ跡ではビルが大きくて持て余すのではと思っていたのですが、そうでもなさそうです。

yamaha02.jpg

ヤマハと言えば神戸に先んじて大阪・心斎橋のヤマハビルも売却。インバウンド効果によって公示地価で上昇率第1位をたたき出したのが同ヤマハビル前。多額の売却益を得られたという話です。資産売却によるリストラを断行しているのでしょうか。現店舗は6月6日までの営業となります。こちらのビルも売却ということになるのではないかと思われます。さて跡地はどうなるのでしょうか。

category: New Open

2016/06/04 Sat. 07:39 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top