こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

さんちか50周年リニューアル完了 新装開業 

sanchika65.jpg

3月3日。50周年リニューアルの改装工事の総仕上げのために11日間休業していた神戸最大の地下街「さんちか」が華々しくオープンしました。当初報じられていた今回のリニューアルに投じられる費用は10億円でしたが、最終的な投資額は25億円まで増額されました。

sanchika77.jpg

今回のリニューアルによって通路内の天井は全面的に変更されました。金属板を吊り下げていた天井をアルミパネルに変更して軽量化。耐震性も高めつつ、照明をLEDに変更したことでこれまでのうす暗いイメージを一新。

sanchika74.jpg

天井については先行して進められた阪神神戸三宮駅構内や周辺通路に採用された波をイメージとしたデザインやグレーのアルミパネルを踏襲し、三宮の地下通路、地下街全体に一体感・統一感を持たせることができました。

sanchika69.jpg

通路も店舗内も非常に明るくなりました。各交差点の中央に存在する円形照明はゴージャスなシャンデリア風にリニューアルされました。

sanchika75.jpg

また今回のリニューアルによって店舗の入れ替えも実施。全店舗119店の内、19店が新規開業しました。

sanchika78.jpg

インフォメーションデスクの隣には有馬温泉の神戸さんちか案内所も開業。

sanchika70.jpg

さんちかホールではリニューアルを記念して開業当時の昭和40年代を写真などで振り返る「タイムトリップ神戸さんちか展」が開かれています。

sanchika66.jpg

地下街内の各エントンラスも大きく手が入りました。JR駅・阪神駅を繋ぐ通路と連絡するゲート部は左右の柱をリニューアル。

sanchika67.jpg

柱正面の壁面の中にLED照明が埋め込まれて色が定期的に変わるようになっている他、細かな空気の泡が絶え間なく浮上する水の演出が施されています。

sanchika68.jpg

柱の他の面は周囲の柱と同様に波型の壁面装飾をライトアップしつつ、ガラスで覆う演出となっています。また足元にも照明を埋め込んで上下左右を光に囲まれたゲートに生まれ変わりました。

sanchika62.jpg

交通センタービル1階からさんちかへアクセスするメインエントランス周りも大きく改装されました。10年前の40周年のリニューアルでも大きく手の入れられた部分ではありましたが、今回は50周年ということで更に気合の入った改修となっています。

sanchika64.jpg

支柱周りの天井パネルや照明が一新されています。

sanchika63.jpg

Santicaのロゴサイン周りも地下ゲートに採用されている柱と同様にガラスの中に泡と水を閉じ込めた演出が施されました。

sanchika61.jpg

今回の改修はそれだけに留まらず、JR駅西口から交通センタービルへと連絡するエントランス部分もさんちかと共通のデザインを採用した改装が実施されました。

sanchika59.jpg

面白いのは階段上の天井部分にさんちか通路内交差点と同じ円形照明が取り付けられた点です。

sanchika60.jpg

しかし真下からよく見ると、実は照明は半円のみで、残りは鏡の反射を利用して円形に見せています。

sanchika72.jpg

フラワーロード沿いにある地上部のエントランスも改修されました。

sanchika73.jpg

階段両側の壁、手摺、照明等の改修が実施されました。

sanchika76.jpg

さんちかの改装が終わったことで、阪神神戸三宮駅の東口改札開設から開始された一連の三宮地下空間の10年に渡る大規模改修工事がようやく完了を迎えたことになります。しかしながら化粧直しや開発が先行する地下空間に対し、地上の状態は不釣り合いになりつつあります。次に地下空間で大幅に手が入るとすればJRの三宮ターミナルビル地下エントランス周辺や大階段・エスカレーター広場でしょうか。これらは今後、ターミナルビル建て替えと共に大規模な改装が進められるものと思われます。

category: さんちか

2016/03/08 Tue. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

さんちか50周年リニューアル工事 

sanchika49.jpg

開業50周年を記念して10億円を投じ、昨夏から工事が進められてきたさんちかの大規模リニューアルプロジェクトがいよいよ大詰めを迎えています。3月3日のオープンを控え、3月2日まで味ののれん街を除く全店舗を閉店して店舗内の改装が行われています。

sanchika50.jpg

交通センタービルから下りてきたメインエントランス広場付近の改修も完成間近に迫っています。

sanchika51.jpg

この場所で最も人目を惹くのが円形の照明です。さんちか及び周囲の地下通路の十字路天井には必ず設置されている円形照明とフロアのブロックパネルが上下対称になって交差点のアクセントになっています。前回の40周年のリニューアルでもこの円形照明に手が入りましたが、今回は抜本的にデザインから変更されるようです。しかしながら、円形照明の周りの長方形照明パネルは以前の物がそのまま戻ってきてしまいました。天井パネルが全て取り外されていたので、どう変わるのかと期待していたのですが、エントンラス広場のこの場所が今回の改装では最も変化のない場所になってしまったのは残念です。

sanchika52.jpg

店舗のショーウィンドーは全て内側からシートが貼られて内部が見えない状態となりました。白の壁に光が反射するようになり、以前よりかなり明るい通路となりました。明るさ度合いから言えば、梅田の地下街であるディアモールのような落ち着いた明るさです。

sanchika53.jpg

メインエントランス広場以外の十字路の天井に設置中の円形照明です。外部パネルまでの取付が終わっています。

sanchika55.jpg

最も南側の国際会館と市役所方面に分かれるT字路にある円形照明はすでに点灯していました。これが他とも共通の完成形でしょうか。

sanchika54.jpg

各名店街のエントランスの梁には西側の阪神駅前通路に面して取り付けられた物と共通のデザイン・仕様のサインが完成しました。波型の壁の前にフロアのカテゴリー名が照明で浮き上がるようになっています。

sanchika56.jpg

今回の大規模改装は単に外観のリニューアルを行うだけでなく、一部の店舗の入れ替えも行われる予定で、通路各所にComing SoonやNew Openの文字が見受けられます。

sanchika58.jpg

阪急三宮駅ビルで営業していたコスメ雑貨のカラーフィールドもさんちかに新たな居場所を見つけたようです。

sanchika57.jpg

ただでさえ通路としても通常から混雑しているさんちかですが、3月3日のオープン時には大変な混みようになることでしょう。どれだけの店が入れ替わり、どういった形で店内の様子が変更になるのでしょうか。開店まであと10日です。

category: さんちか

2016/02/23 Tue. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

さんちか50周年リニューアル工事・11日間の休業へ 

sanchika45.jpg

開業50周年を記念して進められている神戸最大の地下街「さんちか」のリニューアル工事。天井パネルの改修が着々と進められています。

sanchika46.jpg

この改装工事の最終仕上げとしてさんちかは2月21日(日)から3月2日(水)の11日間に渡って休業を予定し、改装工事前のセールを開催中です。

sanchika47.jpg

前回の2006年に行われた開業40周年の改装時には記憶が正しければ休業してまでのリニューアルはされなかったもしくは休業期間はもっと短かったと思います。前回は重々しかった照明のカバーを軽量の透明樹脂パネルに交換した他、交通センタービルへ連絡するメインエントンラス付近、トイレ等の改修のみに留まりました。

sanchika48.jpg

これまでの工事はあくまでもさんちか内の通路の改修でしたが、11日間休業することで店舗内フロアを一体的にリニューアルすることになります。どこまで本格的に改装を実施するのか期待と不安が入り混じります。さんちかは、現在の地下街やショッピングモールでは主流である各店舗が通路に向けて開かれた構造にはなっておらず、各街区ブロックによって編成されるデパ地下型です。従って通路はウィンドーショッピングを楽しめる造りにはなっていますが、あくまでも通路として機能しており、人が足を止めることはあまりありません。恐らくこうした根本的な構造部分に手が入る事はないでしょうが、将来的には動線や回遊性も考慮した大規模改修が必要になるのではないかと思われます。

category: さんちか

2016/02/09 Tue. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

さんちか50周年リニューアル工事 

sanchika32.jpg

今年10月に開業50周年を迎えたさんちか。神戸市内最初で最大の地下街です。50年を記念して約10億円を投じる大規模改装が予定されています。日経新聞が2年前に報じたスケジュールでは2016年の2~3月に工事を実施するというものでした。

以下が日経新聞記事の抜粋です。

『神戸市の第三セクター、神戸地下街(神戸市)は運営する市中心部の三宮地下街「さんちか」を全面改装する。天井や壁面などを改修するほか、全照明を発光ダイオード(LED)に切り替える。2016年2月に着工し、同年3月にも完成予定。老朽化が進む施設の耐震性能を高めるほか、明るい雰囲気づくりで集客力の向上にもつなげる。

さんちかは1965年に開業した。店舗と通路の合計面積は約1万3300平方メートルで、通行者は1日約14万〜15万人。全面改装は06年2月以来となる。15年10月に迎える開業50周年プロジェクトの一環で、12月までに取りまとめる事業計画に改装概要を盛り込む。

15年12月までの2年間をかけ、各テナントにさんちか全体のメーンデザインなど具体的な改装内容の提案を進めていく。総投資額は約10億円。テナントには通行客の利用状況などに応じて、順次入れ替えも促す方針だ。』

sanchika43.jpg

2016年2月の着工ということで正直完全にノーマークでした。この過去1年、ほとんど地下には足を踏み入れず地上ばかりを歩いていたのですが、なんとすでに工事が始まっていました。しかも工事開始は6月。半年も工事の進捗を放置してしまいました。

sanchika33.jpg

すでに天井パネルは撤去されて配線類が見える殺風景なさんちかになっています。

sanchika39.jpg

元々あまり明るい雰囲気の地下街ではありませんでしたが、天井が黒くなると更にかなり暗い感じです。ルミナリエの開催時期の今、神戸を訪問される人々への印象は良くないですね。改装中なので仕方がない事ではありますが。

sanchika36.jpg

と、思いきや歩を進めていくと、すでにパネルの設置が完了している場所がかなりあります。

sanchika40.jpg

グレー基調で中央や両端に波を象ったパネルが取り付けられています。阪神の神戸三宮駅や西口地下通路と共通のデザインを採用しています。

sanchika37.jpg

一番南奥の国際会館への接続路付近はすでに照明も点灯しており、天井パネルの付け替えとしてはこれが完成形のようです。

sanchika01.jpg
sanchika41_.jpg

ほぼ同じ場所の新旧比較です。以前は天井が重々しかったのに比べると付け替え後は若々しい雰囲気になりました。ただ以前は中央部が内側にくぼんでいたので天井がより高く感じられました。改修後はパネルが中央に向かって両端から緩やかに弧を描いていますが、少し圧迫感が出た気がします。ただなぜか西口通路のリニューアル時に感じた程の新鮮さがないのはなぜでしょう。

sanchika35.jpg

そごう前の味ののれん街部分も天井パネルの改修が終わっています。この他の東西方向の軸もほぼ工事が完了しているようです。

sanchika34.jpg

阪神駅西口前通路。こちらは天井パネルの改修だけでなく柱や天井際の壁も改装された事がよりインパクトのある印象を与えたのかもしれません。

sanchika42.jpg

まだ明らかになっていないさんちか内のエントランス広場や交差点頭上の円形天井パネルですが、西口通路のようなメカチックな円形パネルが登場するのか、はたまたもっと驚きのあるものに変わるのか。工事は来年2月までということで、あと3ヶ月を残すところとなりました。今回のリニューアル工事における外観上の変更は天井パネルの改修だけに留まってしまうのでしょうか。

category: さんちか

2015/12/07 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top