こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

明石駅前広場の再整備事業完了 

akashi132.jpg

再開発ビル「パピオス明石」が完成し、賑わいの増した明石駅前地区。同時に駅前広場の整備も完了しました。今回は美しく生まれ変わった新しい駅前空間の様子をお伝えします。

akashi130.jpg

まずは東側に再整備されたバス専用ターミナル周辺です。各乗り場は駅のコンコースを出た所から屋根が連続しているので悪天候でも傘を差さずにバスへの乗車が可能です。

akashi131.jpg

ロータリーの空中には歩行者デッキが整備されました。駅側にデッキにアクセスするエレベーターと階段が備わります。中2階には山陽電車への連絡口も設けられました。

akashi134.jpg

デッキからロータリーを見渡します。

akashi133.jpg

デッキ上の様子です。デッキも全て屋根が備わります。

akashi139.jpg

Y字型のデッキは駅とパピオス、という2つの再開発ビルを結びます。

akashi136.jpg

歩行者デッキと交差点の間に出現したポケットパーク的な空間です。

akashi135.jpg

歩行者デッキはパピオス明石の2階へと連結し、平行して中央部の吹き抜け空間へと誘います。

akashi147.jpg

東西左右の二つのロータリーに挟まれた中央のプロムナードです。

akashi146.jpg

駅市西側の広場の様子です。こちらのロータリーにはタクシーや一般車も進入が可能です。一部は路線バスの停留所にもなっています。

akashi141.jpg

南側の国道2号線側の2階にも歩行者デッキが整備されました。

akashi140.jpg

2号線を跨いでいた歩道橋は再開発ビルと連結する新たなデッキへと架け替えられました。

akashi142.jpg

駅から再開発ビルを抜けて、魚棚商店街への連絡路として機能します。デッキの屋根には今流行りの膜素材を採用し、自然光が取り入れられるようになっています。

akashi138.jpg

駅東側にあった仮設店舗街は解体撤去が進んでいます。今後、どのように活用されていくのでしょうか。

akashi144.jpg

明石市が主導してきた一連の駅前再開発及び駅前広場整備事業はこれで完了しました。しかし市は長年に渡って駅前地区を横断する国道2号線の幅員拡大を進めています。西側は片側2車線を確保できていますが・・・

akashi143.jpg

東側は拡大部にまだ多くの地権者が残っており、歯抜けの状態が続いています。

akashi145.jpg

こうした合意形成には非常に困難を極め、事業は長期化します。2号線は交通量も多く渋滞も頻発しますが、三宮では寧ろ車道を狭めて歩道を拡大する方針と真逆の都市戦略が採られています。

明石駅前の再開発と再整備に他都市との差別化や大きく秀でている特徴等はあまり見当たりません。しかし都市の性格や役割、そしてその規模に見合った開発をかなりのスピードで成し遂げた実行力や迅速性には脱帽です。今回の再開発に続く周辺エリアにおける民間投資が期待されます。

category: 明石

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/01/14 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

12月1日に開業したパピオス明石特集!  

papios018.jpg

過去約3年に渡って不定期でお伝えしてきた明石駅前南地区第1種市街地再開発事業が完成しました。地上6階地下2階の公共商業施設から構成される施設棟と地上34階の住宅棟から成る延床面積66,057.83平方メートルの大規模再開発ビルです。「パピオス明石」という施設名が公募によって決定され、晴れて12月1日に施設棟の商業フロアである1-3階が開業しました。

papios019.jpg

明石駅前に誕生した新時代明石のランドマークです。人口30万都市の中心市街地である明石駅周辺は明石港や明石城に囲まれ、古くから栄えました。しかし近年は市内郊外に進出した大型商業施設にそのお株を奪われ、名ばかり都心に成り果ててしまいました。駅前は老朽化したビルが立ち並び、駅前唯一の大型商業施設であったダイエー明石駅前店も閉店。専門店ビルとして存続していましたが、ジリ貧状態でした。

papios029.jpg

多くの地権者が集う駅前地区。神戸と姫路に挟まれた明石が今後、都市間競争に生き残っていくには移住人口を増加させる他ありません。明石市内には新快速が停車するJR明石、西明石の2駅が存在し、西明石に至っては新幹線も停車します。神戸や大阪の通勤圏としての需要が底堅い明石にとって、この2駅周辺を活性化させる事は非常に有効です。多くの地権者の意向をまとめ上げた再開発事業がスタートしました。

papios021.jpg

今回の再開発事業は明石駅前に活力を吹き込むのに大きな役割を果たしそうです。この再開発が進行するに連れ、周辺地区のリニューアルも同時に進められました。JR西日本の子会社である神戸SC開発は明石駅高架下のステーションデパートを大規模改装し、ピオレ明石として、再開発ビルの完成前に開業させました。物販からグルメまで明石やエリア初進出の高感度テナントを集め、人気を博しています。

papios004.jpg

ピオレの開業に伴い明石駅周辺には賑わいが生まれましたが、パピオス明石のオープンは更なる活性感を増幅させていました。

papios023.jpg

国道2号線側のパピオス明石の様子です。2階に連絡デッキが整備されました。

papios002.jpg

施設棟と住宅棟の連結中央部に施設のシンボルとなる大階段とエスカレーターが設けられました。

papios003.jpg

階段とエスカレーターは2階のエントランス部へと通じており、ここを上がると右手に3層吹き抜けの市民広場があります。

papios005.jpg

1階に備え付けられたインフォメーションボードです。1-3階の商業フロアのレイアウトとテナント紹介が表示されています。テナント構成は6-7割が飲食店、3-2割がサービス、1割が物販といった感じです。地権者の飲食店が多いこともありますが、主だった物販店は駅ビルに出店しています。しかし物販テナントは継続性が難しく、飲食店で固めるのは施設の方向性としては正解かもしれません。

papios027.jpg

4-6階は明石市の公共施設となりますが、まだこれらのフロアは未開業です。来年1月27日にオープン予定です。子育て世代の支援に力を入れている明石市らしく、駅前に子育て関連施設を充実させて若い世代の人口増を図ろうとしています。

papios015.jpg

以前も駅前広場と2号線を貫くように「あけぼの商店街」が存在していましたが、新たに「ときめき横丁」が施設1階に誕生しました。

papios017.jpg

仮設店舗に移転していた飲食店がまた同じ場所に戻ってきたようです。

papios025.jpg

以前と同様に駅前広場から国道へ通り抜けができます。

papios026.jpg

こちらが2号線側の入り口付近の様子です。

papios013.jpg

1階フロアには施設内へと連絡するエントランスが複数存在するようでしたが、エレベーターホールのあるこのエリアがメインとなるようです。

papios014.jpg

エレベーターホールを抜けると、エスカレーターホールに出ます。施設内は新しく非常に綺麗なのですが、この建物が商業施設なのか公共施設なのか業務施設なのかよく分からない妙な違和感というか閉塞感を覚えたのは気のせいでしょうか。内部は壁が多い気がします。新長田の再開発ビルを思い起こさせました。

papios006.jpg

そんな懸念は三層吹き抜けの市民広場を見たら吹き飛びました。駅に面した北面を全面ガラスとした開放感溢れる室内空間が広がっています。

papios007.jpg

取材日もイベントが開催され、多くの市民で賑わっていました。天候や気温に左右されない開放的な大室内空間は魅力的です。

papios008.jpg

3階から市民広場を見下ろします。

papios009.jpg

3階の吹き抜けに面したホールの様子です。

papios011.jpg

ガラス越しに市民広場の様子を眺める事が出来ます。

papios028.jpg

美しい空間ですが、3階は非常に静かでした。奥にはクリニックが集まる区間や学習塾が開校しています。

papios016.jpg

ダイエーに出店していたマクドナルドもパピオスに戻ってきました。市民広場に面した一等地の出店です。

papios010.jpg

来年1月には2階に商業フロア最大の中核テナントとなるジュンク堂とナガサワ文具か開業します。ここがオープンするとまた集客性は体感的に大きく変わってくるかと思います。

papios012.jpg

施設棟7階には屋上広場があります。ウッドデッキも設けられ、イベントも開催できる空間です。眺望は明石城方面に開けていますが、厳ついフレームが割と細かく入っているので、景色を楽しむといった感じはあまりありません。海側にも視界が開けていたら明石港や明石大橋が望める空間にもなっていただけに、少し残念な感じです。

papios022.jpg

発売開始と共に即日完売した超人気タワーマンションのプラウドタワー明石。地上34階、高さ120mのタワーは明石市内最高層を誇るランドマークです。上層階からは明石市街や明石海峡、淡路島等の絶景が広がっている事でしょう。

papios020.jpg

1月末には4-6階の公共施設フロアが開業します。4階には市民図書館がオープンしますので、多くの人々が集う事でしょう。駅前に商業と公共施設を組み合わせた再開発ビルにタワーマンションを併設する手法自体には特に目新しさはありません。

papios030.jpg

しかし多くの市民が訪れることが出来る仕掛けを工夫し、特に子育てファミリーに主眼を置いた施設構成や背伸びをしない商業フロアのテナント構成は行政主体の再開発ビルである堅実さを感じられます。フロア内の回遊性やレイアウト構成の評価は少し疑問も残る感もありますが、その評価は施設の全面開業後に現れてくる事でしょう。これだけの大規模再開発ビルが規模の割には短期間に完成したのは地権者の合意形成がスムーズに進んだ事が非常に大きいのではないかと思います。この新ランドマークの誕生により、駅周辺部の更なる再開発や建て替え効果が波及して行けば、明石はまだまだ発展する可能性に余地を残しています。パパオスの全面開業後にまた再訪したいと思います。

category: 明石

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/12/21 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

明石駅前広場の再整備 

akashi118.jpg

JR・山陽明石駅前の大規模再開発と合わせて明石市が進めているのが、駅前広場の再整備事業です。東西に分かれた二つのロータリーを東をバスターミナル、西をタクシーと一般車用としてリニューアルし、駅と再開発ビルをYの字で結ぶ歩行者デッキも整備します。

akashi119.jpg

駅前通りや広場の上に新たに建設されている歩行者デッキです。現状は足場や養生ネット等がごたごたとくっついているので非常に重々しく見えますが、完成時にはもっとすっきりとした印象になります。

akashi120.jpg

Y字デッキの中央連結部です。デッキには屋根が取り付けられる予定でそれを支える鉄骨の支柱や梁が組まれています。連結部は丸形のフレームになっています。屋根は採光と景観を考えて強化ガラス製でしょうか。

akashi121.jpg

再開発ビルの「パピオス明石」と連結する部分の歩行者デッキです。

akashi122.jpg

バスターミナルの外周も屋根が整備されました。

akashi123.jpg

丸みを帯びたデザイン性に優れた屋根を採用しています。バスを待つ間も雨や日差しを避けることができます。

akashi125.jpg

駅前広場はすっきりして整然とした雰囲気なりました。

akashi126.jpg

タクシー・一般車用のロータリーは完成しています。こちら側にもバスの停留所が設けられています。

akashi127.jpg

国道2号線を跨ぎ、再開発ビルと連絡する歩行者デッキも順調に工事が進んでいます。

akashi128.jpg

12月の完成を目指して再開発ビルと共に周辺整備も着々と進行中です。尼崎、明石、姫路と兵庫県内の主要都市の中心駅前は劇的な変化と進化を遂げています。県都の神戸は置いてけぼり気味です。

category: 明石

2016/08/06 Sat. 06:52 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 12

go page top

明石駅前南地区第一種市街地再開発事業の進捗 

akashi106.jpg

JR・山陽明石駅前南側一帯で進められている明石駅前南地区第一種市街地再開発事業。地上34階・地下1階建ての超高層住宅棟と地上6階・地下2階建ての複合商業施設から構成される大規模再開発ビルの建設プロジェクトです。

akashi115.jpg

野村不動産ブランドのプラウドタワー明石となったタワーマンションはすでに全199戸即日完売した人気ぶりです。建物もすでに上棟、塔屋階の構築も完了し、外観はほぼ完成形です。高さ124mの明石一の超高層ビルとなりました。

akashi108.jpg

北面の見上げです。低層階は複合施設棟と共有構造になっています。

akashi109.jpg

国道2号線と駅前通りの交差点から望む再開発ビル全体の様子です。明石駅前の景観における都会度が一気に上がった感じがします。

akashi117.jpg

駅前広場側から見渡す再開発ビルの様子です。

akashi116.jpg

複合施設棟は「パピオス明石」という名称が正式に決まっています。パピオスの中央部にはエントンラスホールを兼ねた3層吹き抜け+ガラス張りの大空間が広がっています。早くこの内部の様子を見てみたいですね。

akashi114.jpg

パピオス明石の西側の様子です。とても風格のある施設外観で見た目には百貨店と言われても違和感がない程です。

akashi124.jpg

明石駅前はこの再開発ビルの誕生でその表情を一変させました。JR西日本のグループ会社である西日本SC開発は駅高架下の明石ステーションデパートを「Piole明石」にリニューアルさせましたが、この効果によって明石駅周辺に賑わいが生まれています。再開発ビルが開業すると、更に駅前の活性化が期待されます。

akashi111.jpg

国道2号線側の様子です。正面となる駅面と比べると建物の裏側感が否めませんが、こちらも百貨店然としています。建物上部にはソーラーパネルが複数取り付けられています。

akashi112.jpg

完成形が見え始めた明石駅前南地区第一種市街地再開発事業。プロジェクトの進行中、この施設に明石の都心復権を担う力がどれ位あるのだろうかと多少懐疑的に思っていたこともありますが、ベールを脱いだ再開発ビルを目の当たりにして、非常に頼もしい存在に思えました。明石の玄関口として非常に風格のある景観が整いつつあります。

category: 明石

2016/07/30 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top