こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

神戸阪急ビル増築工事 低層部のカーテンウォール取付開始! 

hankyu277.jpg

地上階・東側の鉄骨建方が開始されていた神戸阪急ビル東館増築工事。完成すると地上29階 地下3階 高さ120m 延床面積28,500平方メートルの超高層複合ビルとなります。3階部分まで組み上げられた鉄骨にいよいよカーテンウォールの取り付けが始まりました!震災で解体された初代神戸阪急ビル東館のデザインを踏襲した新ビルの低層部がその姿を現し始めています。

hankyu275.jpg

建物の大きな特徴である北側角のシリンダー部と東面に大きく口を開けたアーチが目を引きます。

hankyu276.jpg

外壁が付くと一挙に建物の存在感が出てきます。新しい神戸阪急ビルの誕生に対する実感がこもります。神戸阪急ビル、神戸交通センタービル、市役所と三宮の都心形成に欠かせない建物が並びます。

hankyu278.jpg

これだけで以前の暫定・神戸阪急ビルが霞んでしまいました。20年も存在していたのにも関わらず異質感があったという事をまざまざと思い出します。まだ建設中の新ビルの方がこの場所に対してしっくりきます。

hankyu280.jpg

カーテンウォールのアップです。完成予想パースの色調よりも明るめの煉瓦調タイルで構成されています。

hankyu279.jpg

今秋から再びこの正面エントランスを通じて阪急駅構内へアクセスできるようになるのでしょうか。個人的にこの場所から見上げる神戸阪急ビルがとても都会的に見えて好きです。数年したら遥か上まで見上げる存在になるのが楽しみです。

hankyu281.jpg

完成予想パースと比較すると、3階はまだ初代神戸阪急ビルをモチーフとした低層部の半分の部分となる事が分かります。更にこれから低層部だけでも倍以上の高さに成長します。今秋の一部供用開始までに低層部東側は完全形まで仕上げられるでしょうか。

hankyu273.jpg

シリンダー部の塔屋や尖塔までが出来上がる事を期待しています。こうやって見ると、やはりアーチがもう一つ欲しいですね。これからの工事の進捗をウォッチングしていくのが非常に楽しみです。

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/23 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸阪急ビル増築工事 第一段階の鉄骨建方完了? 

hankyu267.jpg

先週、地上部の鉄骨建方が開始された模様をお伝えした神戸阪急ビル増築工事。低層部東側の地上4階までの鉄骨建方が完了しています。

hankyu268.jpg

南側はすでに足場と養生ネットに覆われました。この第一段階の工事は東側低層部と地下階の構築までが対象のようですが、低層部はこの初期段階でどこまで工事が進むのか気になるところです。

hankyu269.jpg

外観上では旧神戸阪急ビルのデザインを踏襲した低層部は地下3階から地上6階までですが、機能的には地下2階から地上3階までが商業施設、4階から15階までがオフィスフロアとなります。

現在の4階までだと中途半端ですので、できれば6階までの構築を完了させ、このビルのシンボルとなる北側コーナーのシリンダー部とその塔屋までを含めて完成させて欲しいと思います。その場合は恐らく建て替え中の梅田の大阪神ビルのように高層部の一部躯体が上部に見えるような形になるのではないでしょうか。

hankyu270.jpg

この第一段階は今秋完成を予定しています。部分的にライトアップの夜間演出も始まると嬉しいですね。気になるのは新たに供用開始される改札コンコースや市営地下鉄駅への連絡通路です。この動線は地下を予定しています。地下鉄駅については改札の向かいで阪急側の壁が仮囲い化されているのでここが新たな通路となるのは容易に想像できます。

hankyuTD003.jpg

予測がつきにくいのが阪急改札への動線です。阪急が示している図解では神戸三宮駅のホーム高架下を介して改札への通路が確保されるようです。地下からコンコースのある地上階までの垂直動線が作られる事になりますが、完成後の状態から考えると、今の改札向かいの階下への階段はこれからも継続利用する形になるものと思われます。

hankyu272.jpg

この動線確保の工事がすでに始まっている事は阪急改札外コンコースの通路一部が閉鎖されて仮囲いに覆われている事から判明しています。内部からは既存躯体を解体して作り替える為のドリル音が響いていました。

hankyu271.jpg

駅コンコースの床面積は現在までの1,300平方メートルから約50%アップの1,900平方メートルへと拡大されます。これにより吹き抜け空間も拡大し、現状よりも開放的な空間の創出が図られます。今後の工事の進捗に要注目です。

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/19 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸阪急ビル増築工事 地上躯体現る!鉄骨建方開始! 

hankyu258.jpg

先週、通勤途中の車窓から鉄骨建方が始まっていた様子を見つけ、記事内で速報としてお伝えしました。近日中に取材するとしましたが、毎日、車窓から工事が進捗していく様子を尻目に、週末が待ち遠しくてたまりませんでした。

建物本体工事の着工から約8ヶ月、既存建物の解体着手から約1年9ヶ月。ようやくこの時を迎える事が出来ました。

hankyu259.jpg

解体された旧神戸阪急ビル東館の東側部分に新しい神戸阪急ビルの低層部が姿を現し始めました!初代神戸阪急ビルの姿を踏襲する新ビルのシリンダー部となる鉄骨もしっかりと確認できます。現状、4階まで鉄骨建方が進んでいます。

hankyu255.jpg

北側から見ると、新ビルはまだ未解体の既存ビルと比べてかなりせり出して建設されているのが確認できます。

hankyu256.jpg

3-4mは出ているでしょうか。このまま建設が進むとほぼ歩道を覆うように建物が立つ事になります。歩道はピロティとしてビル内部に取り込まれる事になるものと思われます。今後、三宮クロススクエアの整備方法にもよりますが、高架沿いのサンキタロードも車道が廃止される可能性があります。

hankyu262.jpg

仮囲いの上端のすぐ上に見える鉄骨梁が2階の天井となる部分かと思われます。

hankyu264.jpg

通常、これ程の規模の建物を建設する際は特に1-2階は階高を大きくとってシンボリックで開放感のある吹き抜け空間を設けますが、今回の建物は高架下にある既存の駅コンコースとレベルを合わせなければならない為、この部分の階高は変えられません。しかし吹き抜け空間は以前よりも拡大する事で開放感のあるコンコースを演出する予定です。

hankyu263.jpg

低層部はまだあと2フロア分の鉄骨建方が進められ、6階に達する予定です。用途としては、1-3階がコンコースと商業施設、4階から上はオフィスフロアとなります。

hankyu-1.jpg
hankyu-2.jpg

現在はI期工事として上図の状態です。今秋にはI期部が完成して、阪急東口改札コンコース・JR駅西口改札及び市営地下鉄への連絡は既存経路から新ビルを経由する新しい通路へと変更されます。これに伴い、既存経路は閉鎖されて旧ビルの西側の解体が開始されます。

hankyu261.jpg

鉄骨建方が始まると建物のスケール感がハッキリするので完成時のイメージをより明確にする事が可能になります。カーテンウォールの取り付けが開始されるのが楽しみですね。パースと比べて外装の色調はどうでしょうか。I期部分の供用開始も非常に期待しています。残り西側低層部の構築後には本格的に高層化が進みます。

hankyu265.jpg

おまけですが、阪急阪神グループ傘下のそごう神戸店の壁面アール部の一部が養生ネットに覆われています。

hankyu266.jpg

阪神電鉄三宮駅になっていたので、現在の正式名称である神戸三宮駅とは相違していました。これを修正するついでにリニューアルを図るのか、それとも撤去してしまうのか。少なくとも新しい神戸阪急ビルが完成する2021年まではそごう神戸店の建て替え着手はないものと予想しています。

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/12 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

神戸阪急ビル増築工事 

hankyu251.jpg

約2年前の2015年12月。神戸阪急ビル東館の閉館を伝える掲示が出されました。年明けて2016年1月11日に同ビルは閉館しました。その後、4月末にビルの概要について阪急から正式発表がありました。6月には隣接するさんきたアモーレ広場が閉鎖となり、既存ビルの解体工事が開始されました。

hankyu252.jpg

約1年に渡る解体工事の末、今年7月にようやく新ビルの建設工事に着手。解体工事開始から、代わる代わる様々な大型重機が登場してきましたが、今や仮囲いの外から確認できる重機は皆無となりました。

hankyu253.jpg

12月2日時点に敷地内に確認できた重機はショベルカー1台のみです。ビルの北側部分の土を掘削してダンプカーに積載し、排土を搬出していました。手前の南側には打設されたコンクリートから突き出たH型鋼の柱やそれらを繋ぐ梁が確認できます。新築ビルの地下躯体です。見えた瞬間、おお〜!!っと感動してしまいました。

hankyu231.jpg

この部分は完成予想パース上では高架横のアーチのある建物南側です。ショベルカーが掘削を進めている部分が北側のシリンダー部となります。

hankyu-1.jpg

計画では来秋までにこの部分の建物低層部が完成し、JR、阪急、市営地下鉄を連絡する新設地下通路の供用が開始される予定となっています。

hankyu254.jpg

まだ外見上は解体の進んでいない旧東館の西側ですが、東口改札外コンコースのビルに面した一部の通路が仮囲いの中に取り込まれてしまい、更に狭くなりました。内部ではドリルの解体音が響いていたので、内部の解体はかなり進んでいる模様です。

難工事のため、既存建物解体から新築建物の基礎及び地下躯体の建設までかなりの時間を要しており、なかなか工事の進捗が分かり難いプロジェクトですが、ようやく地上部一部の建設が始まる兆しが見えてきました。

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/12/08 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top