こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

神戸阪急ビル東館解体工事と神戸阪急ビル増築工事 

hankyu235.jpg

7月4日に神戸阪急ビルが着工された事を当ブログで報じてからもう少しで2ヵ月が経過しようとしています。何とも月日の経つのは早いものですね。

hankyu-1.jpg

既存ビルの解体工事及び新築ビルの建設工事は二段階に分けられて進められていく事が公式に発表されましたが、現在はフェーズ1として、既存ビルの東側解体を完了し、新築ビルの低層部東側の建設が始まっています。と言っても、地上29階 地下3階 高さ120mの超高層複合ビルで、尚且つ営業中の鉄道高架や地下鉄駅に隣接した現場での工事です。基礎工事だけでも相当な時間を要する難工事が慎重に進行中です。

hankyu234.jpg

朗報として今回の「神戸阪急ビル東館建替及び西館リニューアル計画」が、都市再生特別措置法第 20 条第1項の規定に基づき、国土交通省によって民間都市再生事業計画に認定されました。計画の認定を受けた民間事業者に対しては、都市再生特別措置法に基づく特例(金融支援等)、租税特別措置法・地方税法に基づく税制上の支援措置等が設けられています。

hankyu233.jpg

仮囲いの中では三点式パイルドライバとクローラークレーンが入れ替わり立ち替わりで所狭しと動き回って作業を進めています。H形鋼が並べられているのが確認できます。これらの鉄骨は建物を構築する部材ではなく、地下躯体の工事を進める為に山留壁を構築する芯材として使われるものです。鉄骨の柱と柱の間は、セメントミルク柱列が連続して壁(SMW)を構築し、土や水が崩れないように留めます。

これまでの工事は既成杭の建て込みが行われていたものと思われますが、山留壁の構築が始まったという事は少なくとも東側部分について杭工事が完了した事を意味しています。いよいよ地下躯体の工事が始まるので、仮囲いの中の進捗がこれまで以上に気になり始めます。

hankyu236.jpg

締めはいつもの高架下横断歩道から眺めた現場です。駅前大規模再開発感がぷんぷんするこの景色が好きです。2-3年後には駅前のそこらかしこにこの風景が広がっているはずです。

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/28 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

神戸阪急ビル増築工事が遂に着工! 

hankyu174.jpg

つい昨日、阪急神戸三宮駅の駅ビルである神戸阪急ビル東館の一期解体が完了し、地上29階 地下3階 高さ120mの超高層複合ビルとなる新・神戸阪急ビルの建設工事が開始された模様とお伝えするレポートを掲載したばかりでしたが、阪急電鉄からもタイムリーに着工の公式発表がありました。

http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5184.pdf

以前よりずっとに気になっていた既存ビルの解体方法と新ビルの建設方法がようやく明らかになりました。二期に分けて両工事を進める予定である事は明らかでしたが、問題は阪急の改札口と地下鉄三宮駅や駅北側への連絡通路の確保方法でした。

hankyu-1.jpg

やはりまずは既存ビルが解体された東側から基礎、地下階、そして更には地上階の低層部までを建設するようです。加えて高架下にも手を入れて、ここに改札口までやJR駅西口への新たな連絡動線を確保。この工事が第一期として、来年の秋までの約1年数ヶ月間で進められます。

hankyu-2.jpg

第一期建設工事の完了後、既存ビル西側を解体した上で、新ビルの基礎、地下階、低層部の残りを構築。この時点に到達するまでにまだ2年は掛かるのでしょうね。そしてその後、いよいよ中高層部を建設していくことになります。

高層部の構築が始まる段階位から、高架下店舗のリニューアルや西口の美装化も開始される事でしょう。

hankyu232.jpg

立地上、絶対の安全性を確保した難工事となるため、施工期間は解体と建設を含めて5年という長期に渡っています。この長期工事期間の中で、途中に全くご褒美のない状態が続くと、こちらも痺れを切らしてしまいますし、ブログ運営ににおいても記事を書きやすいので、この二期に分けられた工事はなかなかおいしく楽しくプロジェクトを追い掛けて行けそうです。まずは来秋の一期完了を目先の目標と楽しみとして取り上げていきたいと思います。

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/04 Tue. 00:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

神戸阪急ビル増築工事 いよいよ本格着工か!? 

hankyu229.jpg

神戸阪急ビル東館を建て替え、新たに超高層複合ビルへ生まれ変わらせる神戸阪急ビル増築工事。昨年6月にサンキタアモーレ広場の閉鎖されてから1年強が経過しました。建設工事の敷地内に大型の三点式パイルドライバが登場しました。今年の4月にも三点式パイルドライバが投入されたと記事を書きました。その際は今回の重機よりも遥かに小振りでした。

hankyu220.jpg

いよいよ解体工事が終わって、新ビルの基礎工事が始まったのではと早まった内容で記事をまとめましたが、やはり誤りだったようです。前回の重機はBG掘削機と呼ばれ、ドイツバウアー社製の自走式掘削機です。この掘削機は主に地中障害物の撤去を主な用途として活用されるようです。

hankyu227.jpg

しかし今回はいよいよ着工が濃厚です。この工事にはなぜか「今週の作業予定」が掲示されていません。同じ大林組が施工している「神戸市中央区相生町1丁目計画/ザ・パークハウス神戸タワー」の建設現場では、デジタル掲示が行われています。

hankyu226.jpg

敷地の西側にはセメントミルクプラントが設置されました。山留工事が始まったのではないかと思われます(また間違っていたらゴメンなさい)。

hankyu230.jpg

以前、ここに掲示されていたのは大林組と解体工事業者でしたが、今は解体工事業者の標識は撤去され、建築基準法による確認済票や鉄骨の製作工場社名が掲示されました。

hankyu231.jpg

重機が投入されると、いつもその重機の大きさや高さが建設される建物と比較してどの位の位置になるのか想像しています。今回のパイルドライバのリーダの先端となる最高部は約25-30m位かと思われます。解体された旧初代神戸阪急ビル東館のデザインを踏襲した低層部の6階辺りがその高さに相当するのではないでしょうか。

hankyu228.jpg

想像してみて下さい。三点式パイルドライバがある場所に新ビル低層部のシリンダー部が立っている姿を。ワクワクしてきませんか?

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/03 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

神戸阪急ビル東館解体工事と神戸阪急ビル増築工事 

hankyu225.jpg

久しぶりのレポートとなりますが、現在唯一、具体的に進行している三宮地区再開発プロジェクトである神戸阪急ビル増築工事。具体的には神戸阪急ビル東館の建て替え計画です。まず既存建物の東側半分のみを解体し、西側は改札や地下鉄駅への連絡通路として暫定的に残す形を採っています。解体された東側には4月から三点式パイルドライバーが稼働していましたが、今はその姿はありません。

hankyu224.jpg

個人的にJR三ノ宮駅に連絡する高架下の信号から見るこの現場が好きです。いかにも駅前再開発といった感じが出ています。

hankyu223.jpg

パイルドライバーの代わりに敷地内では今度はクローラークレーンが稼働しています。先端にオールケーシング掘削機を取り付けて作業を進めていました。対象は旧神戸阪急ビルではなく、サンキタアモーレ広場のあった場所です。恐らく地下鉄三宮駅と連絡していた5番出口があった場所だと思われます。地中障害物の撤去を行っているようです。並んでいる太い鋼管はケーシングチューブです。このチューブを回転させて地面に圧入し、ショベルカーの横に転がっているハンマーグラブをクレーンで吊り上げ、ケーシング内部を掘削、排土します。隣接して地下鉄三宮駅があるので慎重な作業が必要です。

hankyu222.jpg

地下部は3階まで存在し、機械室や阪急オアシスが出店予定の商業施設、地上階コンコースへのアクセス路等が構築されます。また地下階は鉄筋鉄骨コンクリート造の強固な造りとなっています。地上部躯体の鉄骨建方が拝めるようになるまでまだあと2年位は待たなければならないかもしれませんね。それでもゆっくりですが、工事は着実に進んでいます。

category: 阪急三宮ビル

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/05 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top