こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2017 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

波止場町のプロムナード整備 

promnard03.jpg

メリケンパークと第一突堤基部を結ぶ波止場町のプロムナード整備が開始されました。この整備によってもたらされる効果を疑問視するコメントも沢山頂いています。この整備はどちらかと言えば、実際の成果創出よりも国に地方合同庁舎の撤去移転を進めさせる為の外堀を埋めて既成事実を固めている作業と認識した方が近いかもしれません。

merikenpark055.jpg

個人的にはこのプロムナード整備よりも、港都グランドデザインが示しているメリケンパークと第一突堤を結ぶ桟橋の整備を優先して進める事で2つのウォーターフロント拠点を一体化し、今後予定される第一突堤基部再開発のコンペで開発事業者により大きな投資をして貰えるようアクセス性を高めるべきなのではないかと思います。

merikenpark053.jpg

既存の防潮堤に鉄筋が打ち込まれています。高さを増すのでしょうか。

merikenpark054.jpg

型枠も設置されていました。コンクリートを打設するようです。神戸港では2004年の台風と高潮による影響で三宮南地区が冠水しました。以来、神戸市は防潮堤の包囲網やポンプ場と排水管の整備を進めてきました。

merikenpark056.jpg

しかしその代償として親水地区には延々と壁ができてしまい、景観的にはマイナスな要素になってしまったのです。

やはりプロムナードを魅力的にするには周囲の景観に手を加えなければなりません。大阪は中之島を参考にして、阪神高速の高架下をライトアップする等、沿道に潤いを与えなければ積極的にここを歩く気にはなりません。やはり究極論は阪神高速の地下化でしょうか。


category: ウォーターフロント

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/03 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

波止場町プロムナード整備 

minatokoen04.jpg

神戸市が波止場町の南側にてプロムナードの整備を今年2月から開始する事が判明しました。新港突堤西地区とメリケンパークエリアをつなぐプロムナードは神戸みなと温泉「連」や今後、再開発が予定されている新港突堤の基部エリアと今春、再整備されて生まれ変わるメリケンパークを結ぶことでウォーターフロント地区の回遊性創出が期待されています。

promnard00.jpg

こちらがその完成予想図。路面タイルの導入と街灯整備が主な工事内容のようです。しかしこの道中には雰囲気を損なう景観が左右に広がっており、プロムナード化されても好んでここを散策コースに選ぶ人がどれ位いるのかといった点が懸念されます。神戸新聞にも記事が掲載されていましたが、プロムナードの北側には神戸地方第2合同庁舎が連なっています。1枚目の写真でもお分かりの通り、庁舎のみだけでなく沿道には電線と電信柱が続きます。南側には阪神高速が覆いかぶさるように平行しています。

park16.jpg

そしてひっそりと佇む神戸地方第2合同庁舎別館。耐震性に問題が発覚。より規模の大きな本庁舎は耐震化改修工事が実施されましたが、別館には手をつけず閉鎖。

promnard02.jpg

神戸新聞によると解体撤去の費用が国によって予算編成されず、事実上放置状態に陥っているようです。建物を管理する第5管区海上保安本部は来年度には方針を示したいとしています。

promnard01.jpg

合同庁舎本館は巨大な壁のように聳えます。同じく耐震改修が実施された第1庁舎を高層化して建て替え、合同庁舎を集約してくれればと思います。

police12.jpg

市が中期的に描いた構想は水上警察署と合同庁舎別館を撤去して緑地化し、沿道はプロムナード化することです。別館の撤去が進めば一応、この予想図は実現が可能になります。10年以上前、昔のように海岸通りから海が望めるように2号線の南側の建物を全て撤去する構想が神戸新聞に掲載された際は、阪神高速湾岸線の西伸部実現と同じ位、非実現的と思いましたが、少なくとも計画の半分はもう間もなく実現しそうです。湾岸線も事業化が決定しましたし、三宮の駅ビル群やそごう建て替え、さんぱる/サンシティの再々開発等、これまでは妄想でしかなかった計画が次々と実現に向けて動き出しています。夢物語のような阪神高速神戸線の地下化でさえも将来的には実現するのでしょうか。

category: ウォーターフロント

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/01/18 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

2018年 新港突堤西地区で複合開発始動! 

2nd hb03

神戸新聞が驚くべきスクープ報道を行いました。同紙面によると、「神戸市は新港突堤西地区(中央区)の約1.7ヘクタールにマンションや商業、文化、集客の複合施設の民間開発を導入する方針を固めた。神戸・三宮のウオーターフロント再開発の一環。2016年度内にも事業提案の公募手続きを始め、17年度に事業者が選定されるとともに事業計画が固まる見通し。」とのこと。

2nd hb02

対象用地は第一突堤の基部にあたる場所で京町筋を直線に南下し、海岸通りから数百メートルの距離にあり、旧居留地からも徒歩でアクセスが可能なエリアです。その先には一昨年末に開業した神戸みなと温泉「蓮」が立地します。基部にあった倉庫はかなり前に解体されて更地化されていましたが、国有地で、それを神戸市が買い取った模様です。L字型の用地内にはすでに解体済の旧みなとクリニックや建設中の神戸ポートオアシスに集約される中央港湾労働者福祉センター等の市有施設や用地が点在し、比較的、先行開発を進めやすい条件が整っていました。ポートオアシスの建設はこの地区の再開発を進めるための布石だったと言えます。

2nd hb01

この再開発によって現在は孤立して陸の孤島状態だった第一突堤に旧居留地方面と連続した賑わいが生まれるかもしれません。今後のスケジュールとしては17年度中に既存建物の撤去工事が始まり、18年度にも新施設の建設が始まる見通しということで、かなり早いスピードで開発が進むことが期待されます。

開発手法としては事業提案の公募による事業者選定ということで、恐らく事業者に用地を定期借地による賃貸方式で提供した上で再開発を進めるものと思われます。さて一体どんな施設が計画されることでしょう。マンション開発も可能という事から地域の用途変更を実施するものと思われます。現在、同じく港町の横浜のウォーターフロントで「北仲通北再開発等促進地区地区計画」が進行中です。三井不動産レジデンシャルと丸紅が地上58階、高さ約200mの「ミクストユースタワー」と名付けられた分譲マンション+ホテル+展望台を一体化した超高層複合ビルとその足元に商業施設を併設した複合開発を行っています。この計画の敷地が約1.3ヘクタールですので、今回の第一突堤基部の用地は更に大きな敷地となります。

神戸市はこの他、将来的に新港第二突堤の開発や、水際を東西につなぐプロムナードの整備にも乗り出すとのことで、三宮再開発と同時進行でウォーターフロントも変貌を開始します。

category: ウォーターフロント

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/01/05 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

メリケンパーク再整備 

merikenpark001.jpg

開港150年を迎える神戸港の記念プロジェクトとして神戸市は5億円を投じて本年度、メリケンパークの初改修に踏み切ります。

merikenpark007.jpg

改修内容としては芝生広場を現在の2倍近い1万2千平方メートルに広げ、遊歩道の改善、夜間のライトアップ、商業施設の誘致等になっています。メリケンパーク自体も来年には1987年の開園から30年を迎える節目の年です。

merikenpark006.jpg

約30年を経過したメリケンパークはやはり老朽化によってくたびれた感が出始めていることは否めません。神戸港のウォーターフロントの代表的な存在であるだけにリフレッシュによって美しく生まれ変わって欲しいですね。

merikenpark004.jpg

開放感は高いですが、どちらかと言えば堅いコンクリートで覆われてしまってあまり木陰もなく少し殺風景な公園というイメージがあります。芝生広場が増えればもっと憩いの空間としての役割を増すかもしれません。商業施設の誘致という点も非常に気になります。

merikenpark002.jpg

飲食店が誘致されればよりメリケンパークを目的として訪れる人の数も増えることでしょう。パーク内への動線改善も必要です。

merikenpark003.jpg

夜間の照明演出も改善されるようです。ウォーターフロントは個性的な建物が集い、神戸の夜景の名所でもあります。

merikenpark005.jpg

メリケンパークの改修と共に着手して欲しいのは中突堤中央ビルの改修です。昭和の建物のまんまで老朽化感が激しくとても神戸のウォーターフロントの中心にある建物として相応しくありません。加えて完成したばかりの第1突堤とメリケンパーク間を結んで回遊性向上を図る連結橋の建設も必要です。

category: ウォーターフロント

2016/04/22 Fri. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top