こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

地域間・都市間競争激化の中で ~姫路で起きた淘汰~ 

himeji103.jpg

神戸に先行して駅ビルや駅前広場の整備、駅前ビル群の再開発を実行している姫路。次々に新しい商業ビルが完成し、姫路城のリニューアルと重なって活性化に勢いが増しています。つい数日前にもキュエル姫路が開業し、姫路の玄関口に更に華やかさが加わりました。そんな明るい話題の続く姫路ですが、地域間競争に勝ち残ることができない商業施設も出始めています。

himeji92.jpg

姫路随一のファッションビルであった姫路フォーラスは1月に閉店。ジャスコ時代を合わせた45年の歴史に幕を閉じました。売上はピーク時の半減となり、赤字ではなかったものの今以上の売上増は見込めず、耐震的にも問題な老朽化した建物では改修投資も膨大にのぼるため、撤退となりました。建物と土地は大阪の不動産会社「都市環境開発」に売却され、現在は既存建物の解体撤去工事が始まっています。跡地にはマンションが建設される可能性が高いようです。商業地の一等地でかなりの敷地面積があるので、低層部は店舗、高層部はマンションの複合開発ビルになるのではないかと思いますが、一部はホテルになる可能性もあるかもしれません。

himeji93.jpg

競争激化による淘汰は市街地の新陳代謝を促進します。再開発によって古い建物は新しく生まれ変わり、その場所にその時代に必要な建物が立ちます。

himeji94.jpg

老舗百貨店であるヤマトヤシキもこの競争の中で民事再生の道を選ばざるを得ませんでした。投資ファンドのマイルストーンターンアラウンドマネジメントの力を借りて7億円を投じた改装を実施。4月21日にリニューアルオープンしました。地下1階から地上2階までの3フロアを第一弾として改装。3階以上も順次改装を行っていくそうです。

himeji95.jpg

写真はリニューアル前に撮影しました。大手前通りに面した1階(シャッターの閉まっている部分)にはオープンカフェ「ザ・ファーマーズドーター」が開業。今回の改装の目玉となるカフェです。姫路城と姫路駅の動線上に位置するヤマトヤシキ。駅前に集中する新商業施設に対抗してその立地上のハンデを一連の改装で跳ね返すことができるのか。どうせ改装するのなら大型物流倉庫と見まがう外観にも手を入れるべきではないでしょうか。改装効果によって巻き返しを図れないのであれば次に待つのはフォーラスと同様の閉店の二文字。

himeji99.jpg

観光都市としての姫路は絶好調です。姫路城の年間入城者数は286万人と全国の城郭でダントツの1位。歴代の入城数記録も塗り替える勢いです。昨今の日本観光ブームも手伝って姫路城は近畿圏における最大のアトラクションの一つです。生粋オリジナルの木造天守である為、その貴重性に揺るぎはありません。

himeji100.jpg

しかし姫路の弱点は逆に姫路城が強過ぎて他の観光要素が弱く、姫路を訪れた観光客の大半は姫路城を見て周辺を散策したら日帰りで宿泊拠点である他都市に戻ってしまいます。

himeji102.jpg

2009-10年頃は液晶テレビ用パネルの新工場の稼働に伴ったビジネスホテルの進出が相次いでいましたが、近年は落ち着きを見せ始めています。そのような中、姫路駅前に誕生するホテルモントレは都市型ホテルとしてホテル日航と真っ向勝負することになります。姫路のホテル業界も戦国時代に突入しています。

himeji97.jpg

大手前通りの角地にとてもデザイン性の高いビルが立っています。美樹ビルです。ビルの2-5階は三木美術館となっています。美樹工業株式会社の創業者である故三木茂克氏の50余年の長年にわたるコレクションを文化財として展示しているそうです。

himeji98.jpg

美樹ビルと風格のある大手前通り。

himeji101.jpg

再開発と駅前整備で一歩リードした姫路はこれまで神戸や大阪、あるいは岡山に流出していた買い物人口に一定の歯止めを掛けることに成功しましたが、今後、遅れに遅れていた神戸の再開発のスピードが加速していく可能性が出てきました。都市間競争が更に激化していく中、競争力のない商業施設には容赦なく淘汰の風が吹き荒れます。姫路ではすぐにその影響が現れました。神戸でもJR・阪急の両駅ビルや今後の再開発によって進出する商業ビルの登場により、既存の商業施設の中で競争についていけずに淘汰されてしまう施設も出てくることでしょう。姫路はこれから本格的に再開発が進む神戸で起きてくるであろう現象とその光と影の存在をいち早く示している状況です。

category: 姫路

2016/05/07 Sat. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

姫路駅前Aブロックの状況 

himeji85.jpg

姫路駅前の再開発プロジェクト「キャスティ21コアゾーン」で最も開発面積の大きなAブロック。この用地は大阪のデベロッパーであるマルイトが同社のホテルブランド「ホテルモントレ」を開業すべくこの一等地を購入。当初は地上21階 高さ99.9mの超高層ホテルを計画していましたが、その後、地上14階 高さ64mに規模を縮小。着工時期も予定から大幅に遅れています。

maruito001.jpg

しかしようやく今年7月には着工するようです。建築計画のお知らせも現地に掲示されています。新規開業するホテルは「ホテルモントレ姫路」になる予定です。低層部には商業施設も入り、ホテル棟はセットバックさせて東西に長い板状の建物になります。北側の高層階の部屋からは姫路城が望めるので人気が出そうです。

himeji87.jpg

現在、Aブロックではマルイトビルの代わりに別の工事が進んでいます。『コアゾーンA-Bブロック連絡デッキ建設工事」。

himeji88.jpg

すでに完成している東側Bブロックにある商業施設「テラッソ姫路」の2階部分とAブロックのマルイトビルを連結し、最終的には姫路駅ビルにも繋がる予定の空中歩行者デッキが整備中です。中央に新たに構築されたデッキの支柱が見えます。

himeji84.jpg

敷地内にはこれから架橋されるデッキの組み立てが行われていました。

himeji90.jpg

テラッソ2階にすでに整備されている歩行者デッキ。この先端部に新たに構築中のデッキを連結します。

himeji89.jpg

姫路駅のデッキはその色調をシックなダークグレーで統一されています。駅前に西側にすでに整備済みの展望デッキやそれと姫路ターミナルスクエアや山陽姫路駅を結ぶ歩行者デッキも同じ色です。

himeji86.jpg

姫路駅まで連結すると、その長さは300m近くになります。三宮の十八番である3層ネットワークが姫路でも整備されています。

himeji91.jpg

おまけですが、姫路でもレンタル自転車のサービスが始まるようです。その名も「姫ちゃり」。姫路城までは歩くと駅から結構な距離があるので、観光客には重宝されそうです。

category: 姫路

2016/04/24 Sun. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

姫路駅前にQ-WELL(キュエル)姫路が開業 

qwell06.jpg

JR・山陽姫路駅前に新たなランドマークが誕生します。「Q-WELL(キュエル)姫路」は地上7階建ての商業施設で、神姫バスが旧バスターミナル用地に建設しました。

qwell02.jpg

L字型の山陽百貨店の角部を覆い隠すように建設された「Q-WELL(キュエル)姫路」。全体をアルミカーテンウォールで覆い、一部を曲線状のパネルを被せたようなファサードは生まれ変わった姫路駅前においても違和感の無いデザインと仕上がりになっています。

qwell01.jpg

建物の用途は1階にバスターミナルの機能を持つ以外は全て飲食店を誘致するグルメビルとなります。大きなガラス窓の外には昼夜を問わず、開放感溢れる姫路駅前の様子を楽しみながら、舌鼓を打つことができる構造です。

qwell04.jpg

テナント構成は以下の通り。

7F 未定
6F 焼酎・黒豚 芋蔵
5F 天ぷら海鮮 神福
4F あなご料理 柊
3F Grill&Beer ソライロキッチン
2F サルヴァトーレクオモ&バール
1F なごみカフェ

qwell05.jpg

こちらが正面になるのでしょうか。敷地が東西に長い為、この角度からは細い建物に見えます。

qwell07.jpg

3-4階のコーナー部は吹き抜け空間となり、シンボルツリーが植えられています。この部分はテラスとなり気候の良い季節には気持ちの良い屋外空間となることでしょう。

qwell11.jpg

足元周りは広めの広場空間が設けられています。

qwell10.jpg

Q-WELL(キュエル)の前はバスターミナルです。

qwell08.jpg

Q-WELL(キュエル)姫路は4月29日に開業予定です。姫路駅前に新たな賑わいを生み出すことでしょう。このまま神戸に欲しいくらいですね。大丸前・元町商店街のエントランスにこんなビルがあると映えると思います。神姫バスは近接してオフィスと商業施設の複合ビルである「姫路ターミナルスクエア」を開業させましたが、更なる追加投資を姫路駅前で実施しました。神姫バスといい、山陽電鉄といい、交通インフラの有力な民間企業が地場にあるとこういった駅前再開発の原動力になります。神戸の場合は神鉄は心許なく、三宮はJRや阪急、阪神といった在阪企業に頼るところが大きくなかなか思うように再開発が進んでいませんでした。

qwell09.jpg

Q-WELL(キュエル)が完成したことで姫路駅前が今まで以上に華やかで風格を増した感が出てきました。これでAブロックのマルイトビルが竣工すると姫路は人口53万の地方都市とは思えない顔を手に入れました。

category: 姫路

2016/04/19 Tue. 07:43 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

姫路 -既存商業施設・周辺地域への波及- 

himeji64.jpg

姫路市の都心再開発・再整備計画であるキャスティ21の進捗に伴い、姫路駅の高架化、旧駅ビルの解体、新駅ビルの新設、駅前広場の再構築と大手前通りのトランジットモール化、コアゾーンに複数の再開発ビル建設等が続き、姫路駅周辺は劇的な変化を遂げました。この大きな流れは周辺エリアの商業施設や商店街をも飲み込みました。これを勝機と捉えて積極投資を行う施設、煽りを受けて閉店に追い込まれる施設とその対応・状況は一様ではありません。

駅前から姫路城を結び550mを南北に貫くみゆき通りは姫路一の賑わいを誇る商店街です。駅前整備に伴い、商店街もリニューアルが行われました。

himeji83.jpg

十二所前線以南のみゆき通りの160mに渡り、老朽化が目立ったアーケードや路面を完全に改装しました。姫路城をモチーフとした和のデザインで統一。正面には姫路城大手門をイメージしたエントランスゲートも設置。

himeji72.jpg

国道2号線の上にも和風の屋根が掛けられた他、エントランスもリニューアル。

himeji80.jpg

改装によって姫路城への参道のような雰囲気に生まれ変わりました。また通り沿いでは一部のビルは建替えを進めており、商店街にも再開発が熱気が波及しているようです。

himeji79.jpg

駅や新駅ビル、新しく整備された駅前広場と直結している地下街も大規模リニューアルと再編が行われ、「グランフェスタ」として生まれ変わりました。

festa07.jpg

約7,000平方メートルに51店が集う複合商業施設として地下街としてもかなりの規模です。

himeji82.jpg

駅ビルに新設に伴って高架下の商業施設も改装。駅エントランスの一番目立つ場所に観光案内所が設けられています。

himeji62.jpg

高架下も駅ビル「piole(ピオレ)姫路」の一部「ヤング館」として稼働。

駅に直結する地下街、商店街は駅前再開発に連動して一新されたことにより、新たに姫路を訪れる観光客に与える印象も大きく異なることでしょう。

himeji59.jpg

一連の大型開発に対して既存の商業施設はどう対応しているのでしょうか。姫路市中心部では最大の商業施設である山陽百貨店。5億円を投じて昨年から大規模改装と増床を実施し、この荒波を乗り切ろうとしています。

himeji73.jpg

以前から業績不振に喘いでいたヤマトヤシキ姫路本店。「piole(ピオレ)姫路」の開業の煽りをまともに受け、今や会社自体が債務超過に陥り、私的整理の一種である「事業再生ADR」による経営再建の真っただ中にあります。今後、投資ファンドの下で老朽化した姫路店を大幅改装し、巻き返しを図る予定です。

himeji25.jpg

ジャスコの起源となり、1987年から現在まで姫路フォーラスとして稼働中の商業ビルについては親会社のイオンリテールが閉店を決定しました。同店は東館と西館に分かれていますが、西館の建物を所有するエミス(旧・山陽企業)はビル内に映画館を運営しています。同社は駅前に関西初の4DXを採用したシネコンを中核とする大型商業施設「テラッソ姫路」を開業したばかり。西館の映画館の閉鎖も検討している他、老朽化した同ビルの活用についても方針は未定です。

himeji74.jpg

大手前通り沿いには姫路OSビルがあり、ここにも3スクリーンを備えた映画館があります。テラッソに開業したシネコンの影響がどれくらいのインパクトを与えているのかは分かりませんが、古い劇場はシネコンには太刀打ちできません。

himeji75.jpg

駅周辺の大規模な再開発と平成の大修理によって生まれ変わった姫路城を擁し、姫路の街はまさに過渡期にあると言えます。まだこれから新たな再開発ビルの建設も予定されており、更に商業床も増えます。新駅ビルや再開発ビルの誕生は周辺地域を巻き込んで新たな再開発や既存施設の改装を誘発し、競争力のない施設は閉鎖に追い込まれ、跡地が更に再開発されるという開発循環期を生み出します。姫路はまさにそのシナリオ通りの状況へと移行していると言えるでしょう。古い街が失われてしまう事に異を唱える意見もあるかとは思いますが、再開発の連鎖によって街には活気が生まれ、人が集まるようになり、街に勢いが出ると更に開発が進むという好循環ができます。街とは常に動いていないと衰退していく生き物のようです。姫路は姫路城修理と再開発の時期がシンクロしたことで相乗効果を得た他、外国人観光客の増加も背景に街の再生を図る最大で最後の機会をうまく捉えていると言えます。岡山と神戸・大阪に挟まれ、県都でもない地方都市の姫路が生き残っていくには世界遺産・姫路城を活用して外から人を呼び込みつつ、域外への流出を最小限に留めるしか方法はありません。魅力的な中心部への改造は姫路にとって必至であり、明確な危機感と目的を持って、開発に取り組んでいる姿勢が見えます。

姫路で起こっている事は将来的にそのまま神戸に置き換える事が可能な気がします。ただ神戸には姫路城のように明確なシンボルがありません。海、山、異国情緒等、的を絞り切れていないので市の開発の方向性も総花的でぼんやりとして結局、市自身も何がしたいのか分からなくなっているのが現実です。姫路の開発手法に全く問題がないとは言いませんが、神戸よりは遥かに何をすべきかをはっきり認識しているという差が表れているのはではないかと思います。


category: 姫路

2015/08/22 Sat. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top