こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業 

suzuran115.jpg

今夏の完成を目指して着々と建設工事の進む鈴蘭台駅前の再開発ビルです。10月以来、3ヶ月ぶりに現地を訪れました。

suzuran116.jpg

再開発ビルの外観は低層部を除き、ほぼ全面が完成したようです。

suzuran117.jpg

低層部の水平ルーバーで覆われた部分は隣接する駐車場棟と共通のデザインです。駅コンコースとロータリーの一部が駅ビル1階に取り込まれる形で整備されますので、低層部の階高は非常に大きいです。

suzuran114.jpg

駅側から見た再開発ビルです。まだタワークレーンは健在です。

suzuran113.jpg

橋上駅舎の建設も着々と進行しています。鉄骨工事は完了しているようです。

suzuran119.jpg

ホームから見た橋上駅舎です。階段やエスカレーターの躯体構築も進んでいます。

suzuran120.jpg

これまでは改札へ向かって下っていましたが、今後は上るようになります。

suzuran121.jpg

駅舎は再開発ビルの2階部分へ接続します。

suzuran118.jpg

再開発ビルの建設地向かいの建物が建て替えられています。ファミリーマートが開業するようです。この場所には以前もファミマがありました。再開発と呼応した開発行為でしょうか。

suzuran123.jpg

再開発ビルの完成後にはいよいよ駅前広場の整備に着手します。現在はまだ店舗や雑居ビルが複数存在していますが、解体が始まると景色は一変するものと思われます。

suzuran122.jpg

鈴蘭台の再開発ビルは完成すると、神戸でも希少な本格的駅ビルとなります。本格的な駅ビルのある駅は市内には他に三ノ宮駅、住吉駅のみです。兵庫県内に対象範囲を広げても芦屋、姫路、三田でしょうか。関西一円でも意外と駅ビルという存在は実は貴重です。

category: 鈴蘭台駅前再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/01/25 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業  

suzuran105.jpg

鈴蘭台駅前の再開発事業も来年のビル完成を前に工事は佳境に入って来たようです。すでに駐車場棟は完成し、施設棟も鉄骨建方は完了済。外壁や内装工事も進んでいます。

suzuran104.jpg

線路に面した再開発ビル西側はすでにほぼ全面的に足場と養生ネットが撤去されて、完成した外観がお披露目されています。

suzuran106.jpg

また現駅前広場に面した南側の中層から上部も足場と養生ネットが撤去されています。

suzuran107.jpg

下から順次完成していくタワー型の建物であればまだ鉄骨剥き出しの部分と外壁が完成している部分が存在しているのが通例ですが、こうした建物で面によって外壁が完成している部分と鉄骨のままの部分が残されているというパターンは珍しいのではないかと思います。

suzuran109.jpg

想像していたよりも色調が明るく、あっさりとしてプレーンな外観です。

suzuran103.jpg

鈴蘭台の橋上駅舎の鉄骨建方も進んでいます。

suzuran110.jpg

ほぼ駅舎の骨格が出来上がりつつあります。

suzuran111.jpg

今回はホームにまで足を伸ばしてみました。デッキプレートの取り付けも始まっています。

suzuran112.jpg

この階段は非常用でしょうか。駅ビルに面した鉄骨の柱や梁はビルの躯体と連結しているようです。駅舎内から直接、駅ビル内コンコースへ連絡します。この再開発も着工までが長かったですが、いよいよ来年に完成を迎えます。その後は駅前広場の整備へと工事の軸足が移る事になります。

category: 鈴蘭台駅前再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/10/17 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業 

suzuran101.jpg

三ヶ月ぶりに鈴蘭台駅前を訪れました。再開発ビルが着工して1年半が経過しましたが、なかなかゆっくり工事が進行しています。駐車場棟はすでに完成しているようです。工事の主軸は駅ビルとなる施設棟です。

suzuran98.jpg

その施設棟も鉄骨建方がだいぶ進み、もう完了寸前の一歩手前までようやく来ました。

suzuran99.jpg

駅前に聳え立つ再開発ビル。まだ駅前広場の整備予定地には既存建物が並んでいるので、圧迫感が凄いです。

suzuran102.jpg

この段階でタワークレーンが登場しています。手前の既存店舗は再開発ビルの完成後、全て解体撤去されて駅前広場が整備されます。

suzuran97.jpg

橋上駅舎の建設に備えて仮設ホームの整備も完了し、これからいよいよ橋上駅の躯体工事も本格化しそうです。

suzuran95.jpg

すでに橋上駅舎の基礎工事は一部完了し、鉄骨建方が開始されていました。

suzuran96.jpg

現地仮囲いに掲示されている橋上駅の完成予想パースです。完成後には神鉄沿線では最も都会的な駅となる事でしょう。

suzuran100.jpg

駅前に面してあった店舗ビルが解体されていました。駅前再開発に関連しているのでしょうか。周囲の建物も建て替えが進むと活気が出そうです。

suzuran94.jpg

再開発ビルの全体像です。橋上駅舎も出来ると、周囲は一変する事でしょう。三宮でこれから起きる事のミニスケール版と言っても過言ではない鈴蘭台の再開発。駅前広場とのセットで整備が進む段階が楽しみです。

category: 鈴蘭台駅前再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/08/07 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業 

suzuran89.jpg

神鉄鈴蘭台駅前で進行中の鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業。駐車場棟はほぼ完成し、施設棟の躯体工事も順調に進められています。駅前通りの交差点から眺めても、この通り。

suzuran90.jpg

施設棟の鉄骨立方は半分まで完了した感じでしょうか。一気に全体の鉄骨建方を終えて、他躯体工事を進めるのではなく、鉄骨立方が完了した部分から床構築のデッキプレート設置や配筋、コンクリート打設を行なっているようです。

suzuran91.jpg

確かに基礎工事の段階からまず敷地北側を先行して開始していました。現駅前広場に面して、建物が立ち上がってくるとかなり迫力がありそうです。

suzuran92.jpg

再開発ビルと仮設店舗街の間の仮囲いにはミニギャラリーが展示されています。建設中のビルと既存店舗のカオス的な様相はいかにも再開発中の情景です。再開発完了時にはこの場所は駅前広場になります。

suzuran93.jpg

まだ橋上駅舎の建設は本格的に始まっていません。駅構内には入っていないので分かりませんが、駅舎の改造工事はこれまでも進められてきているようです。来夏にビルと橋上駅舎を同時共用開始予定なので、実際に橋上駅の姿を拝め始められるのは今年後半から来年初頭に掛けてかもしれません。

suzuran88.jpg

神鉄沿線では鈴蘭台駅前の他に北鈴蘭台駅前約0.5ヘクタールで新たに再開発事業が動き出しそうです。

category: 鈴蘭台駅前再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/09 Tue. 07:34 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top