こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業 

suzuran80.jpg

神鉄鈴蘭台駅前で進行中の大規模再開発である「鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業」。地上7階建て 延床面積21,820.70平方メートルで商業施設と北区役所、駅コンコース、駐車場から構成される駅ビルを建設しています。施設名も公募によって「Bellst(ベルスト)」に決定しました。鈴蘭台の鈴(ベル、bell)にstation(駅)・start(出発)の“st”を組み合わせた造語とのことです。

suzuran79.jpg

先行して建設の進められていた駐車場棟はすでに完成済でした。それもそのはず。前回の訪問は10月半ば。すでに5ヵ月が経過していました。鈴蘭台はなかなか足が向きません。

suzuran87.jpg

駐車場棟の完成予想パースですが、1階部分は店舗となるようです。施設棟から統一して続く水平の複数のルーバーが確認できます。

suzuran81.jpg

すでにルーバーの取り付けも開始されていました。

suzuran82.jpg

駅前広場となる予定の既存店舗街の背後に立ち上がってきた再開発ビル。かなりのスケール感やボリューム感が出てくる気がします。

suzuran83.jpg

駅前広場の整備と共に周辺の電柱の地中化も進められる模様です。再開発完了後はかなりすっきりとするでしょうね。

suzuran84.jpg

施設棟の鉄骨建方もかなり進んできました。鉄骨造の建物の割には比較的、ゆったりとしたスピードで建設が進められています。

suzuran86.jpg

まだ橋上駅の建設は始まっていませんが、駅ビルと直結する形で構築される予定です。

suzuran85.jpg

既存駅舎と比較するといかに新しい駅ビルが大きな建物かお分かり頂けると思います。店舗フロアには地権者店舗以外にも新たなテナント誘致が期待できます。周辺地区だけでなく沿線開発を促進する拠点施設になって欲しいと願うばかりです。利便性の向上を受けて、新たな再開発やマンション開発も進むかもしれません。

suzuran77.jpg

こちらが現在の鈴蘭台駅舎です。

suzuran62.jpg

こちらが約1年前の駅舎の様子。向かって左側のホームが拡張され、それに伴って線路も再敷設されたようです。砂利の色もクッキリと異なります。

category: 鈴蘭台駅前再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/14 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業 

suzuran73.jpg

実に5ヵ月ぶりに鈴蘭台へ行ってきました。もっと早く訪れたかったのですが、なかなか機会に恵まれず、いつの間にか5ヶ月が経過していました。前回、GWに鈴蘭台を訪れた際には駐車場棟の基礎工事が完了し、いよいよ鉄骨建方開始を目前の状態でした。現地の仮囲いにはより現実に即した完成予想パースの掲示がありました。

suzuran67.jpg

敷地北側にある駐車場棟はすでに上棟していました。足場と養生ネットに覆われており、外壁工事や内装整備が進められています。駐車場棟は1階が商業・集客フロア。2-5階が立体駐車場です。高さは23.635m。

suzuran68.jpg

駐車場棟から駅側にセットバックして商業・公共施設棟の鉄骨建方が開始されています。

suzuran69.jpg

この部分はすでに最高部に達しているようです。

suzuran70.jpg

駅前を南北に抜ける鈴蘭台幹線から眺めた建設中の再開発ビル。手前にある商店や仮設建物は再開発ビルの完成後、全て解体撤去されて駅前広場となります。また幹線も幅員を拡大して、スムーズな通行が可能となります。

suzuran65.jpg

再開発ビルの商業・公共施設棟の南側部分はまだ基礎工事が進行中のようです。

suzuran66.jpg

掘削を行っているようですが、杭工事はすでに完了しているものと思われますので、基礎配筋とコンクリート打設を進めているものと思われます。これらの工事が完了後、一気に残りの敷地において鉄骨建方を行い、建物の骨格が完成します。

suzuran76.jpg

現在の駅前広場から眺めた再開発ビル。このままのスケールで仮囲いの傍まで建設が進でくると、かなり迫力がありそうです。

suzuran75.jpg

角度を変えて眺めた再開発ビルの鉄骨。周囲の建物と比べると非常にボリュームの大きな建物となります。

suzuran74.jpg

再開発ビルと同時に整備される予定の鈴蘭台駅の橋上駅の建設はまだ本格化していないようです。

suzuran71.jpg

旧鈴蘭台駅ビルの一部と建設中の新駅ビルの対比です。

suzuran64.jpg

この新駅ビルの開業及び駅前広場の整備後、鈴蘭台駅周辺で更に新たな開発案件が出てくるでしょうか。ビル内に商業フロアに魅力のあるテナントが入れば、駅周辺にある大型商業施設はダイエーのみから新駅ビルも追加されて駅周辺の集客性や近隣駅からの乗降客数の増加も期待できます。地域拠点として、鈴蘭台駅周辺地区の更なる再開発やマンション開発が進み、エリアの活性化に繋がればと思います。

category: 鈴蘭台駅前再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2016/10/15 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業 

suzuran61.jpg

神戸電鉄鈴蘭台駅前で進行中の鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業。竹中工務店の設計・施工によって地上7階建て・延床面積21,820.70平方メートルの再開発ビルが建設されています。駅ビルとなり、低層部にはピロティ空間を設けた駅コンコース機能、商業施設、高層階には北区役所が移転します。また建物としては一体化されてはいますが、敷地北側には下層階を店舗フロアとした駐車場棟も併設します。この他、駅ビル建設に伴って鈴蘭台駅も橋上化されて、再開発ビルと連絡します。

suzuran56.jpg

再開発ビルの建設工事は本格化しており、現在、駐車場棟の基礎躯体工事が先行して進められています。

suzuran57.jpg

現地の状況を見る限り、もうすでに杭打ち、掘削、基礎配筋までが終わり、型枠が組まれてこれからコンクリート打設に入るという段階まで工事が完了しています。

suzuran58.jpg

オレンジのカバーが掛けられている部分が鉄骨の支柱と連結する柱脚部です。敷地内を確認する限り、この基礎工事が進んでいるのは敷地北側のL字型ビルの短い辺の部分である北棟と南棟の北側の一部のみのようです。コンクリート打設が終わればいよいよ鉄骨建方が始まります。

suzuran60.jpg

高台から見ても工事の進んでいるのは敷地北側のみであることが分かります。

suzuran59.jpg

南側はと言うと、山留壁の構築と掘削は一部進んでいるようですが、全体的に荒れた状態です。まだ以前の舗装道路も一部敷地内に残っているようです。

suzuran62.jpg

橋上駅の建設についてはまだ表面上は目立った動きはありません。

category: 鈴蘭台駅前再開発

2016/05/09 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 7

go page top

遂に着工した鈴蘭台駅前第二種市街地再開発事業 

suzuran49.jpg

11月にいよいよ鈴蘭台駅前の再開発ビルが着工を目前に控えた様子をお伝えしてから早3ヶ月が経過。この計画を当ブログで初めてお伝えしてから早3年。ようやく、本当にようやく再開発ビルの建設工事が開始されました。

suzuran53.jpg

すでに解体された旧駅ビルの跡地を含む鈴蘭台駅前の4,469平方メートルの敷地が仮囲いによって仕切られました。実際に仮囲いが出来たことで再開発ビルのスケール感が分かるようになりました。

suzuran52.jpg

既存駅舎は新橋上駅舎が完成するまで継続利用されるようです。解体は新駅舎の供用開始後でしょう。

suzuran45.jpg

このホーム2本の上空に橋上駅が建設されます。橋上駅は再開発ビルの駅ビルと直結する構造です。駅舎の設計は阪急設計コンサルタントが担当。施工は西松建設に決定したようです。橋上駅舎の供用開始は平成30年夏頃を予定しています。

suzuran46.jpg

駅ビルとなる再開発ビルは竹中工務店が設計・施工を担います。着工はしましたが、まだ敷地全体が正規の仮囲い設置を完了しているわけではないので、敷地内の様子を確認することができました。

suzuran47.jpg

線路沿いから駅前と続く道路がまだ残されていました。セメントミルクプラントが敷地中央に設置されています。工事予定は今後、基礎構築に向けて暫くは山留工事が続きます。

suzuran50.jpg

敷地を北側から見た様子です。奥に三点式パイルドライバ1基が稼働中でした。

suzuran54.jpg

パイルドライバが稼働している場所は再開発ビルの北側となる駐車場棟の建築予定地です。

suzuran51.jpg

再開発ビル建設地と駅前広場の整備予定地を区切る仮囲いです。再開発工事は二期に分けて進められます。前期で再開発ビルを完成させ、工期で駅前広場を整備します。地区全体の完成は平成32年3月末と4年後となります。

suzuran55.jpg

従って駅前広場の整備予定地は仮設店舗や既存店舗が営業中です。奥が再開発ビルの建設地です。

suzuran36.jpg

来夏の再開発ビル及び新駅舎の完成に向けていよいよ工事が始まりました。神戸市内でも本格的な駅ビルの存在する駅は意外に少なく、思いつくのはJR住吉駅、三ノ宮駅位でしょうか。今後は工事の進捗に合わせてもっと頻繁に取材に行き、その様子をお知らせしたいと思います。

category: 鈴蘭台駅前再開発

2016/02/16 Tue. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top