こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

山本通1丁目計画 -ダルビッシュミュージアム-  

darvi11.jpg

北野坂は山本通1丁目で建設されている「ダルビッシュ・コート」。久しぶりに現地を訪れると、すでに建物外観は完成していました。

darvi09.jpg

建物はL字型に構成されており、南側が5階建。最上階が独立したペントハウスのようになっています。北側はアネックスのような3階建です。ヨーロピアンな雰囲気の中にもどこかイスラムチックなアクセントが加わっています。

darvi10.jpg

北側のアネックスのような建物の1階エントランスには「Darvish Gallery (ダルビッシュギャラリー)」の文字が取り付けられました。

darvi08.jpg

ギャラリーへのエントランスアプローチ。建物外壁と同様に石畳のタイルが敷き詰められています。

11月開館の予定ということで最終的な内装工事が進められています。北野の新たな観光名所になりそうです。

darvi13.jpg

ダルビッシュコートに近接した同じく北野坂沿いでは新たな建設工事が進行中です。(仮称)北野町3丁目計画と称されたプロジェクト。以前は駐車場になっていた土地です。低層2階建ながら、敷地が大きい為、1フロアの床面積はかなりゆとりがあるようです。

kitano01.jpg

鉄骨建方中の内部。階段の設置の様子も伺えます。中央部は開口とするのでしょうか。計画の概要は定かではありませんが、北野らしい洒落た外観の複合商業施設もしくはブライダル施設になるのではないかと推測します。

darvi12.jpg

敷地はスターバックス神戸北野異人館店の南側です。


category: ダルビッシュミュージアム

2013/09/22 Sun. 09:01 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

山本通1丁目計画 -ダルビッシュミュージアム-  

darvi06.jpg

北野坂は山本通1丁目で建設されている「ダルビッシュ・コート」の近況です。すでに建物は4階付近まで到達しているようです。

darvi07.jpg

こちらが仮囲に掲示されている「ダルビッシュ・コート」の完成予想パースです。周囲の雰囲気に合わせた洋館になるという報道でしたが、上部にドームを設置する等、なかなか洒落た外観になるようです。

当のダルビッシュ投手は4勝を挙げ、防御率も1.65だそうです。先日は完全試合があと一人で破られてしまいましたね。松井選手は引退して帰国し、国民栄誉賞を受賞。神戸にゆかりのあるイチロー選手はまだ現役で頑張っています。引退して帰国することになると、神戸での自主トレは無くなってしまうんでしょうかね。もう一度、オリックスに再入団なんて…ないですよね。そもそもオリックス自体がすでに神戸の球団ではないですし…。

JR貨物の神戸港駅跡地「みなとのもり公園」には一時、ドームスタジアム建設の構想がありました。もし実現していれば野球場としてはなかなか良い場所になっていたのかなと思いますが、そもそもグリーンスタジアムは人を集めるには立地が悪いですよね。地下鉄の利用者を増やしたいのは分かるのですが。全く同じ構図でホームズスタジアムが海岸線沿線にあります。

話がだいぶ脱線しましたが、「ダルビッシュ・コート」の完成は11月です。北野の新たな観光スポットの誕生です。1階部分の活用方法が気になりますね。


category: ダルビッシュミュージアム

thread: 神戸のイベント - janre: 地域情報

2013/05/08 Wed. 21:43 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top

山本通1丁目計画 -ダルビッシュミュージアム- 

darvi01.jpg

北野坂・山本通1丁目で新たなビルの建設工事が進められています。地上5階建ての建物になる予定で、北野の景観に相応しい洋館風のデザインとなるようです。建物の設計は一粒社ヴォーリズ建築事務所が担当。同社は創業100年を越える老舗建築事務所。明治より多くの洋館や近代ビルを手掛けてきました。神戸では旧ナショナルシティ銀行神戸支店(現大丸神戸店旧居留地38番館・1929年竣工)が有名です。従って洋館設計のプロフェッショナルです。

darvi05.jpg
※グーグル・ストリート・ビューより引用

こちらが以前の建設地。老朽化した雑居ビルが売物件として出されていました。

darvi02.jpg

現在、旧建物は解体され、新ビルの建設工事がスタートしています。基礎工事から地上躯体へ移り変わる段階にあると思いますが、地上5階建の規模の建物建設としては珍しくタワークレーンが設置されています。施工は大林組です。敷地面積が意外に広く、結構な規模の建物になるかもしれません。

実はこの建物の建設については、年初に各メディアが報じています。なんとこの建物は「ダルビッシュ・コート」 という名称が与えられる予定なのです。米大リーグ・テキサスレンジャーズのダルビッシュ・有投手の所蔵品を収めた記念館で、建築主は同投手のお父さんです。

「なぜ神戸に?しかもなぜ北野に?」と思われる方も多いでしょう。イラン人であるダルビッシュ投手のお父さんはこれまで神戸でスポーツを行ってきたり、神戸マラソンでアドバイザリースタッフを務める等、色々とゆかりがあるようで、神戸を建設地に選んでくれたそうです。外国人の方から神戸をこうした観点から評価して貰えるというのは嬉しい事ですね。

建物の3階に記念品等が展示され、5階にはイベントスペースが整備されるとのこと。他の階はペルシャ文化を紹介する事等に活用されるそうです。ぜひとも1階には多国籍料理店がひしめく北野らしくイラン料理が堪能できるレストランをオープンさせて欲しいですね。建物の竣工は今年8月、記念館の開業は今年11月です。新たな神戸の観光名所の誕生です。

darvi04.jpg

北野坂は市により歩道の再整備が行われ、歩道の幅員拡張や段差解消、電柱の地中化、街灯、花壇、ベンチの化粧直し等が行われました。ただ電線の地中化は全て完了してはいないようです。ぜひとも早期の完全地中化を実現して欲しいと思います。

darvi03.jpg

北野は南京町と等しく観光客の集中するエリアです。個人的には頻繁に行く場所ではないので、歩くだけで色々な発見があり、ワクワクする街でもあります。


category: ダルビッシュミュージアム

2013/02/03 Sun. 09:04 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top