こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アウトレイジビヨンド 

outrage04.jpg

遅ればせながら北野武監督の最新作である「アウトレイジビヨンド」を見てきました。前作に続いて神戸ロケを各地で敢行したようですが、この前情報を全く耳に入れずに劇場に足を運びました。すると冒頭から見覚えのある景色がスクリーンに映し出された事からビックリ仰天!

冒頭は車(日産ティアナ)ごと海に沈められていたマル暴の刑事の遺体をクレーンで吊り上げるというシーン。波止場で吊り上げられる車の背後に広がる高層ビル群や山の稜線は紛れもなく神戸のものでした。左にメリケンパークオリエンタルホテルやハーバーのビル群、中央に三宮、右端に建設中のシティタワー神戸三宮が確認できます。

outrage12.jpg

撮影場所は位置関係から摩耶埠頭であることが分かります。

冒頭から神戸ロケだったので、その後もどんなシーンで神戸が出てくるのかを楽しみに映画を拝見しました(内容よりも寧ろそれをメインに見ている自分が・・・)。

この次に出てきたのがこれまた「ザ・神戸」的な場所。中尾彬扮する山王会古参幹部・富田が大阪の花菱会を訪れに行くというシーンで、富田の乗る車(トヨタクラウンマジェスタ)が高架道路を走行しているのがまさに浜手バイパス。恐らく神戸税関の屋上から撮影していただろうと思われますが、東向きに車が走行しているのを引きからパン+クロースアップしていきます。背後にNTTのビル群やベリスタ神戸旧居留地がはっきりと確認できます。

outrage01.jpg

山王会が花菱会のヒットマン達に次々と襲われていくシーンでも神戸のロケ現場が満載でした。

outrage02.jpg

とあるビル屋上での銃撃戦の様子です。どこかお分かりになりますでしょうか。

outrage13.jpg

答えはポーアイにある神戸国際交流会館です。背景にポートピアプラザや港島クリーンセタンターの煙突が確認できます。この建物には今回の神戸ロケも全てアレンジした神戸フィルムオフィスが入居しています。

outrage03.jpg

高橋克典が扮する花菱会のヒットマンが山王会の幹部をカーチェイスの末、追い詰めるシーン。トヨタアリストがカーブを曲がりきれずに横転してしまいます。背後に六甲の山々が見えるのでポーアイ二期のどこかと思っていましたが、ガントリークレーンの見え方がポーアイにしては遠過ぎます。

outrage08.jpg

答えはこの場所。神戸空港島です。

outrage10.jpg

航空写真で見るとこの辺りになります。

outrage09.jpg

映画のシーンを再現してみました(流石に横転はできませんが・・・)。

outrage05.jpg

次は夜のシーン。山王会・若頭石原(加瀬亮)が花菱会と対峙して拉致されるシーンです。なかなか格好良いロケーションですが、場所を特定するのは難しかったです。が、嫁さんが背後にポートライナーが走っていたという助言でヒントを得、どこかを探り当てました。

outrage11.jpg

場所はポーアイ二期の東端岸壁沿いです。

outrage07.jpg

駐車場スペースのようなラインに混乱させられましたが、実際に現地を訪れてみると走行禁止の斜線でした。

outrage06.jpg

中野英雄扮する木村の養子達の遺体を小日向文世扮する刑事が発見するシーン。この場所がどこか分かりません。二段式の高架道路とその道路への入口のようなカーブが鍵となりそうです。ハーバーウェイかと思ったのですが、高架の色が異なります。湾岸線が濃厚ですが、もし分かったという方がいらしたらコメントをお願い致します。他、名古屋等でもロケを行っているので必ずしも神戸とは限りませんが、神戸の可能性が高いと思います。

神戸フィルムオフィスによると、ロケ地は「相楽園会館、摩耶埠頭、旧居留地、ポートアイランド、株式会社シマブン(東ヤード、中ヤード)、舞子ホテルほか」とあります。

室内のシーン等も含めて上で取り上げていませんが、まだまだ複数のシーンが神戸で撮影されたようです。

もはや日本の映画界で神戸ロケは無くてはならない存在になっている感があります。井筒監督の最新作「黄金を抱いて翔べ」、海猿の最新作「BRAVE HEARTS 海猿」等、最近でも話題作が続々と神戸で撮影されました。今や神戸で撮影する如何に関わらず、とりあえず神戸に相談すれば何とかなるといった認識が映画関係者に浸透しているようです。神戸フィルムオフィスが築き上げてきた実績・功績が実を結んだと言えます。

こうした実績の積み重ねによってゆくゆくは神戸に映画スタジオ等ができる可能性もあります。日本一映画の撮影がし易い街として、そして海外の映画にも神戸ロケが浸透していくことで、神戸の認知度がより高まっていって欲しいと思います。

神戸の観光案内ガイドブックにも積極的にロケ地の紹介を掲載して、映画の街・神戸を印象付けるのも一つの手です。

-追記-

上記のロケ不明地はブログ読者の方からの情報で、御影浜町にあるシマブン社の屑鉄置き場という事が判明しました。
情報提供ありがとうございました。

高架道路はやはりハーバーウェイでした。


大きな地図で見る

皆さんもロケ地巡りをしてみてはどうでしょうか。


category: 映画の中の神戸

2012/11/18 Sun. 11:33 [edit]   トラックバック: 1 | コメント: 6

go page top

GANZ+阪急電車 

映画と言えば、先日、5月1日の映画の日に「GANTZ」の続編である「Perfect Answer」と「阪急電車」をハシゴしてきました。ミントで鑑賞しましたが、GWで更に映画の日とあって、両映画とも満席でした。

この二作品の共通点は、両作品とも神戸ロケを敢行したことです。

「GANTZ」に関しては以前、前作にて劇場鑑賞中、1シーンでキャナルタウン兵庫のトリプルタワーの航空障害灯の明滅によって神戸ロケが行われたことに気付き、エンドロールで神戸フィルムオフィスの名を見て確証を得たことについて触れました。

gantz01

帰宅後にネットで調べると、旧中央卸売市場本場を使用した5週間の大規模ロケを敢行したとのこと。二宮和也扮する玄野が二度目の作戦で転送された先は夜間の立体駐車場の屋上。私が玄野の背後で航空灯を明滅させている3棟の超高層ビルがキャナルタウンだと気付くのに数秒も掛かりませんでした(こんなことに気付く自分にもビックリですが・・・)。

gantz02

最初は北側の高台から撮影されたのかと思っていましたが、キャナルタウン中央とおぼしき建物の三角点の先の位置が逆方向を向いているので、キャナルタウンではない?とも思いましたが、中央卸売市場がロケ場所と知って合点がいきました。

神戸ロケのシーンは一作目は田中星人との死闘のみでした。二作目ではより多くが神戸ロケで行われたシーンに割かれています。

gantz04

グーグルの航空写真はまだ更新されていないので、現在はすでに解体されて更地となった旧市場跡の様子をまだ確認することができます。ここからは私の予想ですが主だった撮影はピンクの枠で囲ったエリアで行われたものと思われます。

gantz03

各シーンはこのようなロケーションで撮影されたようです。とにかく解体される予定の建物だったので容赦なく爆破が次々と行われました。日本映画史上、街中でこれだけの爆破シーンが行われる機会はそうあるものではないと思います。これもやはり神戸フィルムオフィスと神戸市の協力無しの実現は不可能であったでしょう。

gantz05

ストリートビューでもまだ旧市場を見ることができます。まさに撮影が行われたその場所も確認できます。こんな間近でこんな大規模ロケが行われていたとは思ってもみませんでした。

hankyu01

「阪急電車」はその名の通り、阪急沿線のストーリーですが、主には西北と宝塚を結ぶ今津線の話なので、神戸の出番はないはずでしたが、この映画でも神戸ロケがふんだんに行われています。いきなり冒頭から神戸でした。中谷美紀扮する翔子が恋人に婚約破棄されて、街中に立ち尽くしているシーン。これは三宮中央通りで撮影されました。

hankyu02

三宮セントラルビルの前(トゥモローランド前)に中谷美紀が立ち尽くし、エキストラの通行人が歩きぬけていくというシーンでした。実は私は偶然このロケに出くわしたことがきっかけでこの映画を見に行くことにしたのでした。よく晴れた12月4日の土曜日の午前中、中央通りを通りかかると、多くの人の列が目に飛び込んできたので、何事かと思ったのですが、カメラ等が確認できたのですぐに映画撮影だと分かりました。一緒にいた嫁さんが中谷美紀に気付き、「阪急電車」のロケだということが分かりました。

chuodori

三宮中央通りは歩道の幅員も広く、都会的なストリートロケには最適な場所だと言えます。京町筋でも良かったとは思いますが。この他の神戸ロケとしては戸田恵理香や相武紗希の登場するシーンがモザイクやメリケンパーク、ポーアイ北公園等のてっぱん的な場所にて撮影が行われました。

私はロサンゼルスに住んでいたことがあるのですが、街中で映画撮影に出くわす機会が頻繁にありました。ロス程ではありませんが、神戸でもそうした機会がかなり増えています。神戸が映画の都として、世界中からロケを誘致できるようになれば更に神戸の活性化に繋がるものと期待しています。かつてリドリースコット監督が「ブラックレイン」を撮影した際、二度と日本でのロケはしたくないと言わせてしまった程、当時の日本では規制が厳しく撮影に困難を極めたようです。同映画では実は神戸の元町でもロケが行われていたことはあまり知られていません。

環境はかなり改善され、日本各地にフィルムコミッションが設立されていますが、神戸フィルムオフィスはその中でも群を抜いた実績を納めています。神戸は日本における映画発祥の地です。神戸市の都市戦略はチグハグな面があることも否めませんが、こうした取り組みは非常に評価されるべきかと思います。これまでは東京や大阪を舞台として、神戸ロケが行われてきましたが、今後は神戸が神戸として登場するような映画の撮影も行われて欲しいものですね。

映画の出来映え云々は抜きにして、神戸市民としてはロケシーンを見るだけでも両作品を見る価値はあるかと思います。


category: 映画の中の神戸

2011/05/11 Wed. 18:57 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top