こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)神戸アイセンター新築工事 鉄骨建方進む 

eyecenter48.jpg

iPS細胞を活用した目の再生医療の研究と治療を目的とした神戸アイセンター。建設工程は鉄骨立方に移行しました。すでにデッキの前まで鉄骨が組まれ始めています。

eyecenter51.jpg

建物のスケール感が分かるようになってきました。奥行きがある建物です。目の前にデッキとポートライナーの高架軌道が立ちはだかるので建物の全体像を収めるのは困難です。

eyecenter52.jpg

すてに6階部分の鉄骨が姿を現しています。建物は7階建てです。予定では鉄骨立方作業は5月末までとされていますが、そんなに掛からないのではないかと思います。ゴールデンウィークの作業予定次第ですが。

eyecenter53.jpg

敷地西側は各種鉄骨の準備加工と資材置場として使われています。L字型の建物の下横棒の飛び出た部分です。まずは縦棒の部分の鉄骨立方を完了させ、その後、この部分の作業を行う2段階工程となる模様です。

eyecenter50.jpg

キメックセンタービルから眺めると全体像を捉える事が出来ます。5-6階の側面の鉄骨はブレス状に組まれています。筋交いとして、耐震構造補強の役割を担っているものと思われます。

eyecenter49.jpg

iPS細胞を活用した網膜再生治療は理研が世界をリードして神戸で研究成果を生み出しています。神戸アイセンターはこの研究成果を活かして、治療の実用化を担う先端医療機関となる事でしょう。

eyecenter55.jpg

建設中のアイセンターからポートライナーの軌道を挟んで正面にある旧KIFMEC神戸国際フロンティアメディカルセンター。昨年の病院破綻以降、閉鎖状態にありました。期待値の高かった施設だけに残念な形で閉鎖されましたが、この建屋を新たに有効活用する術が予想以上に早期に決まりました。神戸大学医学部病院の「国際がん医療研究センター」として開院。

eyecenter54.jpg

シスメックスが同院に寄付を行うようです。がんの先進的外科的治療を実施する他、次世代医療や医療機器の研究開発、国際的な医療研究・教育の拠点としても活用される予定とのことです。医療産業都市の中心エリアに真新しい幽霊ビルがあるというのは今後の企業や医療機関誘致や進出にも水を差しかねない可能性があっただけに、早期に解決した事は幸いでした。

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/23 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)神戸アイセンター新築工事 鉄骨建方始まる 

eyecenter41.jpg

iPS細胞を活用した目の再生医療研究が特に突出して進んでいる神戸医療産業都市において、目の専門研究医療施設の誕生は今後の発展に大きく寄与する事が期待されます。神戸アイセンターはその任を遂行する為に計画されています。建物の建設工事は順調でいよいよ鉄骨建方が開始されました。

eyecenter44.jpg

この現場では毎回訪れる度に何か新たな発見があるので楽しみです。

eyecenter43.jpg

今回は院内の様子を描いた完成予想パースが、隣接する歩行者デッキに設置された仮囲いに掲示されました。病院内には見えないサロンのような空間です。すでにこの仮囲いには外観を描いたパースが2種類掲示されています。

eyecenter47.jpg

更に仮囲いの一部を透明アクリル板に置き換え、内部の様子を見れるようにしています。最近、こうした現場が増えています。

eyecenter46.jpg

加えて鉄骨建方開始についてのお知らせまで掲示。周囲への理解を得ようという姿勢は素晴らしいですね。私的にも工事の進捗や予定が分かってありがたいです。鉄骨建方の作業は5月末までを予定しているようです。

eyecenter45.jpg

敷地内の一部はまだコンクリートの打ち込みが終わっていません。

eyecenter42.jpg

このまま鉄骨建方が進むと、この建物の撮影が難しくなりそうです。全体をうまく捉えられる撮影ポイントを見つけなければなりません。何にせよ目は大事ですね。これからの10年で神戸は大きく変化していくはずです。これを目撃するにも、目の健康が保たなければ、それも叶いません。このセンターでの治療が進み、多くの人々に生まれ変わる神戸を見て欲しいと思います。

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/04/05 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

KCMI神戸医療イノベーションセンターが竣工 

pilot66.jpg

ポートライナー「京コンピューター前駅」の駅前で建設の進められていた「KCMI神戸医療イノベーションセンター」が竣工しました。進出企業が増加し、賃貸ラボスペースの不足から新たな床が必要とされており、この建物が計画されました。当初はこのビルの建設と運用を民間企業に託す予定でしたが、残念ながら公募に名乗りを上げた企業はいませんでした。結果的に市の外郭団体であるOMこうべが受け皿となりました。

pilot67.jpg

ビル敷地内に設置された「KCMI」の名称掲示板。KCMIはKobe Center for Medical Innovaitonの頭文字です。

pilot68.jpg

安井建築設計が手掛けたが外観デザインはさすがといった感じです。様々な形状のパーツを巧みに組み込んで1つの建物を構成しています。

pilot69.jpg

1階エントランス周りの様子です。

pilot72.jpg

歩道と敷地の境界です。

pilot70.jpg

駐車場と歩道の間に植栽が行われました。

pilot71.jpg

ファサードの造形も非常に凝った造りになっています。

pilot73.jpg

イノベーションと先進性を感じさせる2階のメインエントランス。京コンピュータ前駅とデッキで接続しています。

pilot74.jpg

建物内には次期スーパーコンピューターの開発を行う研究スペースも設けられています。

神戸医療産業都市を巡っては今週も世界初の快挙を成し遂げたニュースが報じられました。他人のiPS細胞で作られた網膜の移植手術に成功したそうです。こうした具体的な成果が次々と生まれる最先端医療都市としての神戸が認知されれば、日本のみならず世界中から医療関連産業の進出が期待できます。現在のポーアイ二期地区のみならず、再開発の進む三宮地区でも企業誘致に弾みがつき、先日のバスターミナルビル案のような大型再開発にも追い風が吹くでしょう。この新しいビルからもそうした研究成果とビジネスが生まれる事を願います。

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/31 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)神戸アイセンター新築工事 

eyecenter37.jpg

順調に基礎工事が進んでいる(仮称)神戸アイセンター新築工事。東側の仮囲いにこれまで未公開だった完成予想パースが掲示されました。

eyecenter35.jpg

建物を真正面から捉えて描かれたパースです。接続する歩行者デッキとの間に吹き抜け空間が設けられます。

eyecenter39.jpg

現場では基礎工事の最終工程が行われていました。1階床のコンクリート打設です。

eyecenter40.jpg

コンクリートの表面を綺麗にならしています。

eyecenter38.jpg

一部の床がまだ完成していませんが、近々、鉄骨建方の準備が開始されるものと思われます。東京をはじめとする大都市にて再開発ラッシュが起きており、鉄骨の需要が旺盛なようです。オフィスビルのみならず、工期の短縮が図れる為、ホテルや住宅も鉄骨造が増えているとのこと。首都圏を中心にマンション価格の高騰に嫌気をさしてか、マンションの着工数も減り、鉄筋やコンクリートの需要は減っているようです。

eyecenter36.jpg

コスト削減のせいかファサードが簡素化されて少し地味になってしました。以前のデザインでは4階部分のテラスが緑化されていたり、柱がマリオンのように連なったりしていましたが、大分とノッペリとした印象になってしまいました。もう少し色気が欲しいところですね。

category: ポートアイランドII期

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/16 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top