こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

イオンモール神戸南 遂に第一期開業! 

ionmall272.jpg

6月30日(金)、兵庫区中之島の旧神戸中央卸本市場跡地にイオンモール神戸南が第一期開業を果たしました。当ブログでこのイオンモールの開業計画を初めて取り上げたのがほぼ5年前の7月5日。開業までに5年の歳月を要した息の長いプロジェクトでした。建築費高騰による着工延期、埋蔵文化財発掘調査による着工遅延等を経て、ようやく工事が開始されたのが昨年5月。一時はもう幻の計画と半ば諦めていました。着工の度重なる延期のみでなく、規模も縮小されました。当初の計画では地上4階建て(延床面積93,000平方メートル)の建物で、売場面積は56,000平方メートルでしたが、最終的には地上3階、売場面積39,000平方メートルとなりました。プロジェクトとしては、4年間の待ち期間を経て、実際に建築工事を追った期間は過去1年強でした。

ionmall289.jpg

地下鉄海岸線中央市場駅と直結する工事が行われたのに伴い、地下鉄駅の改札にも改良が加えられ、モールへの地下通路に面して既存の自動改札機が移設されました。

ionmall288.jpg

地下鉄駅に直結して新設されたモール直通地下通路の入口です。

ionmall287.jpg

モノトーンでまとめられたシックで落ち着いた雰囲気のある地下通路です。

ionmall286.jpg

通路を抜けると、吹き抜け空間が広がっています。モールのエントランスへと続くエスカレーターと階段及びエレベーターが整備されました。モールのハード面のコンセプトとして、「神戸れんが倉庫やウェアハウスをイメージ」という事で、随所に煉瓦タイルが採用されています。この空間も壁面に大判タイルと煉瓦タイルを交互に使っています。

ionmall285.jpg

エスカレーターを上がると、メインエントランス前の広場となります。

ionmall284.jpg

1番の番号が付けられたモールのメインエントランスです。開業日にはここに1800人が並んだそうです。この日も開店時間は行列が出来ていました。

ionmall273.jpg

市場前の道路からのアクセスにはこのアプローチを通ります。AEON MALL/AEON STYLEの外壁パネルの裏が地下鉄駅へのエスカレーターとなります。

ionmall283.jpg

店内は第一期開業という事で、まだまだ閉鎖区域の方が圧倒的に多いので、カラフルな仮囲いを使って明るい雰囲気造りが行われています。

ionmall282.jpg

「ハッピーをめしあがれ」のキャッチフレーズで開業した先行オープンエリアは1階の北側部分のみです。イオンスタイルと7店の専門店が開業しました。このモールは「食」をキーコンセプトとして開発されることを当初から発表していました。中央卸市場が隣接している事を強みとして、新鮮な食材を楽しめる空間とサービスが売りとなっています。

開業セールという事もありますが、確かに魅力的で豊富な食材が破格で提供されており、開店直後から大勢の人々が詰めかけていました。すぐ隣の市場から仕入れた新鮮なネタをその場で寿司や海鮮丼として楽しめるカウンター空間は人気を集めそうです。その他にも随所に購入した商品をすぐに食べられるイートインスペースが設けられています。鮮魚や野菜、フルーツは言うまでもなく、イオンスタイルはダイエー三宮駅前店と同様に商品の品揃えが豊富です。デリカデッセンとしても一部デバ地下のような惣菜売場、ワインも種類を多く揃えたイオンリカー、イオン独自のタスマニアンビーフをはじめとする大きな牛肉売場等、見どころは多いです。個人的には980円の生本まぐろづくしにぎり寿司10貫を購入して大満足でした。

開店セールが終わった後も常にこうした魅力的な商品の提供を是非とも継続して欲しいと思います。食のモールとしての真価が問われるのは、開店セール後になるかと思われます。開業二日目で多くの客が詰めかけた事もあって、まだ従業員の対応には課題が残る感じはありましたが、これも時間が解決する事でしょう。

2週間後に開店を控えるイオンスタイルウミエはどう差別化が行われているのかにも興味が湧きます。

ionmall291.jpg

北側のエントランスはイオンスタイルへ直通しています。

ionmall275.jpg

このイオンモールが新川沿いにあるというロケーションも他のイオンモールと異なる点の一つです。運河に沿ってプロムナードが整備されました。

ionmall277.jpg

緑と季節の花に彩られたキャナルプロムナード。水辺のショッピングモールとして憩いの空間は寂れた運河の再生に大きく貢献します。

ionmall278.jpg

運河に面したエントランス周りにはオープンカフェも開業予定です。

ionmall280.jpg

すでに憩いの場としての活用も始まっていました。近所の人々が散歩がてらにプロムナードを散策して、モール内のカフェで一服し、夕飯の食材を買って帰るというような生活も今後増えていく事でしょう。

ionmall293.jpg

気候の良い季節のイベントには最高のロケーションです。オクトーバーフェストなんかにも良い感じです。今後、浮桟橋の設置もお予定されており、新川運河の活性化が期待されます。

ionmall279.jpg

4番のエントランス以南は仮囲いが設置されてまだ閉鎖中とされていました。

ionmall290.jpg

屋上パーキングもまだ供用開始には至っておらず、現在は立体駐車場のみが稼働中です。

ionmall281.jpg

モール周囲の道路は再整備されており、歩道の拡大や植樹、路面の美装化が行われました。

ionmall274.jpg

2.5ヵ月後の9月中旬には全面開業を迎えます。大型専門店2店、書籍、家電、スポーツ店、レストラン街、フードコート、その各専門店の合計140店集結する大型商業施設がいよいよオープンします。すでに周辺道路の交通量は増え、人通りも増加して賑わいが生まれています。静かだった以前から比べると、まるで嘘のようです。地域開発における今後の波及効果も期待されます。再び9月にレポートできる事を楽しみにしています。

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/02 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

6月30日(金)に第1期開業予定のイオンモール神戸南 

ionmall259.jpg

いよいよ今週金曜日に第1期部分の開業が予定されているイオンモール神戸南の様子です。開業1週間を切っている状況でまだ一部、外構工事が進行中でした。かなりギリギリのスケジュールだったということでしょうか。

ionmall260.jpg

完成したキャナルプロムナードです。歩くのが楽しくなる小道です。面する新川は魚影が濃く、魚を見つけてはしゃぐ家族連れやカップルの姿が目に浮かびます。実際、この日も複数の大きなチヌの成魚が浅瀬で群れていました。

ionmall261.jpg

パラソル付きのベンチも置かれています。モザイクに整備されたキャナルプロムナードを思い起こさせますね。夜もいい感じになるのではないかと思われます。

ionmall262.jpg

北側にあるエントランスアプローチです。今回の先行開業に限ってはその位置からメインエントランスにもなり得るでしょう。

ionmall263.jpg

アプローチ側から市場方向を見ています。

ionmall264.jpg

屋上パーキングへアクセスするスロープ前です。スロープ下の看板に掲示があひます。

ionmall268.jpg

東側のメインエントランス周りの様子です。

ionmall270.jpg

メインエントランスへのアプローチです。この地下にも地下鉄駅からモール内へと続く通路があります。

ionmall269.jpg

東側のモール前は一般車の乗り入れは禁止されており、タクシーや観光バスのアプローチや待機スペースとなっています。

ionmall271.jpg

メインエントランス前はタクシー乗り場も設けられています。

ionmall267.jpg

モール敷地と第二期開発区を隔てる直線道路も整備されました。

ionmall266.jpg

さあいよいよ今週末に迫った先行オープン。このプロジェクトも計画が公表されてから複数回に渡った着工延期と紆余曲折を経て、ようやくここまで来ました。中央卸売市場とコラボした食のマルシェゾーンが楽しみです。この週末は付近は大渋滞でしょうか。オープンが2回に分けられている分、2度のワクワク感を楽しめます。結果的にはウミエのリニューアルオープンと絡めて、この夏から秋の話題と注目をイオンモールが集め続ける事になります。考えれば4年前のウミエの開業時も全てを一度にオープンさせずに、一部のエリアは開業を遅らせて、時間差でのオープンによる話題提供の継続が図られました。したたかなイオンの戦略と捉えても過言ではないかもしれません。

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/27 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)イオンモール神戸南新築工事 

ionmall241.jpg

6/30(金)に第一期として、「イオンスタイル神戸南」と7つの飲食店が連なる「神戸うまいち」と呼ばれる1階フロアの北側の開業が決定し、全面オープンは9月中旬とされたイオンモール神戸南。開業まで1ヶ月を切り、外構工事も最終工程に向けて仕上げに掛かっています。

ionmall240.jpg

運河プロムナードも完成が近づいています。煉瓦を多用し、神戸の港の歴史を表現しています。煉瓦調の街灯台がなかなか良い感じです。

ionmall243.jpg

運河プロムナードはモールの北側にも廻り込んで、北エントランスに繋がっています。

ionmall242.jpg

大通りとの連絡用に高低差を克服する手摺付の傾斜の緩やかな階段が整備されています。

ionmall245.jpg

モールの先行開業は北側のこの部分に限定されます。

ionmall252.jpg

東側のメインエントランスとその周辺の整備も急ピッチで進められています。

ionmall247.jpg

シンボルツリーのあるメインエントランスです。

ionmall251.jpg

立体駐車場前の広場はどういった用途を想定しているのでしょうか。一時は観光バスの駐停車場も整備される旨の報道もありました。

ionmall248.jpg

立体駐車場付近の仮囲いはほぼ撤去されています。

ionmall249.jpg

南側の道路整備も進んでいます。I期地区とII期地区を分ける道路となります。

ionmall255.jpg

地下鉄駅から直結する連絡通路もすでに完成しているようです。

ionmall253.jpg

連絡通路前には改札がありますが、モールの開業に合わせて改札機を増設します。

ionmall250.jpg

「食」をテーマとしているモールだけに、中央卸売市場との連携は欠かせません。新鮮な食材を楽しめるモールの誕生が楽しみです。

ionmall256.jpg

運河プロムナードは新川を挟んだ反対側も照明設備の新設が行われています。フラワーロードやメリケンパークでもお馴染みのポール型街灯が、ここにも登場しました。

ionmall244.jpg

テナント集めに苦戦していると報道されてから、そう時間が経過していませんでしたが、イオンモールからは9月中旬の全面オープンが発表されました。7月中旬にはumieの北館がリニューアルオープンしますので、結果的にはイオンモール神戸南が二段階方式での開業となった事で、双方のモールの新規話題性を長く保つのに寄与しそうです。これも実は戦略だったとすれば、イオンの強かさには脱帽です。


category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/06/09 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top

イオンモール神戸南新築工事 6月30日マルシェゾーンが先行部分開業 

ionmall236.jpg

いよいよ先行開業まで1ヶ月に迫ったイオンモール神戸南。紆余曲折あってここまでの道程も平坦ではありませんでした。更には開業を二期に分けて行わなければならない苦渋の選択も迫られています。しかし建物の完成についてはもうゴールが見えてきました。

イオンモールからも公式に開業概要が発表されました。

http://www.aeonmall.com/files/management_news/946/pdf.pdf

イオンスタイル神戸南を核店舗とした1階のマルシェゾーンが来月末に先行オープンします。

ionmall239.jpg

敷地東側の正面エントランス前広場の整備も開始されています。まだ砂利だらけの殺風景状態ですが整地が行われています。

ionmall238.jpg

エントランス前にはシンボルツリー「ヤマボウシ」も植樹されました。これから緑豊かな広場の造成が行われていくものと思われます。木の前には何やら屋根の付いた構造物が構築されています。

ionmall237.jpg

結局、台形型の大きなパネルはどうやらエントランスの番号を表しているようです。1はメインエントランスに充てられた番号ですね。この装飾パネルはコンテナや帆をイメージしているそうです。

ionmall232.jpg

西側の運河プロムナード沿いの入口3箇所の位置もパネルの真下にあります。

ionmall233.jpg

プロムナードもブロック敷設と植栽が進み、かなりらしくなってきました。奥側にはなぜか仮囲いが新たに設置されました。

ionmall234.jpg

季節の良い時季には夜風に吹かれて運河沿いの散策も楽しそうです。レストラン街は夜10:00まで営業しているようなので、夜の賑わいも生まれそうです。モールの入り口には折りたたみが可能なロール式の庇が取り付けられています。

ionmall231.jpg

早く全面開業に見切りを付けて華々しくオープンして欲しいですね。全面オープンは9月中旬になる模様です。今後、このモール並みもしくはそれ以上の床面積を誇る商業施設の登場はJR三ノ宮駅のターミナルビル建て替えまで無いものと思われます。あれだけ広大な敷地と思っていた場所もいざ建物が立ってみると、狭く感じますね。建物内部は広いのでしょうが。

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/05/31 Wed. 07:57 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top