こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

イオンモール神戸南の開業が三度延期 6月末から9月末へ 


神戸市中央卸売市場本場跡地で建設中のイオンモール神戸南ですが、イオンモールが神戸市に三度となる再度の開業時期延期の申請を行ったと神戸新聞が報じました。開業時期は当初予定の6月末から3ヶ月遅れの9月末になるとの事です。


延期の理由はあろう事かテナント誘致難航による工期の遅れだそうです。140区画の内、まだ半数が埋まらず、特にアパレル系のテナント集めに苦戦を強いられているとの事。やはりumieから約2kmという至近距離では重複出店や競合を避けようとするテナントの動きがイオンの想定以上だったという結果でしょうか。当初から懸念はありましたが、まさか予定通りに開店が出来ない事態になるとは。集客力の衰えないumie内でさえも、力のないテナントは早々に撤退を余儀なくされています。

神戸市も今回ばかりは業を煮やして違約金を課すことにするようです。開業3ヶ月前にも関わらず、モール内の求人が出ない事を心配していましたが、イオンモールと言えども難しい立地のようです。


建物の建設工事は着実に進んでいます。地下鉄駅と連絡する建物北東部分の鉄骨建方も開始されました。


駐車場棟も完成形が見えてきました。


建物北側面のロゴを掲げるコーポレートカラーの看板の取り付けも完了しています。


気になる西側面の台形型の大型装飾パネルに描かれた数字は2、3、4。一体何を意味しているのでしょうか。


イオン直営の食品スーパーと、中央卸売市場と連携した生鮮食品売り場は予定通り6月に開業するようです。地産地消をテーマに「食のゾーン」と銘打ち、卸売市場の生鮮食品の購入や食事ができる「地産マルシェ(市場)」や神戸のスイーツを販売する「神戸グルメゾーン」、卸売市場との連携イベントを開く「食の交差点」を設ける予定でしたが、これらは6月に無事開業するのでしょうか。何とも出鼻をくじかれて興醒めな開業となってしまうようで、残念です。

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/23 Thu. 06:10 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

イオンモール神戸北を改めて検証 

aeon09.jpg

旧中央市場卸本場跡地に建設中の(仮称)イオンモール神戸南がいよいよあと3ヶ月(?)で開業するの前に改めて我々神戸市民にとっては現在、唯一の現代型(米国型)ショッピングモールであるイオンモール神戸北を訪問してきました。神戸は都心部の存在が大きく、それ以外の拠点にも大小数多くの既存商業施設が点在し、郊外型の大型ショッピングモールの進出を阻んできました。加えて舞子と神戸北には人気アウトレットモールもあり、唯一、このイオンモールのみが神戸市内に存在する現代型(米国型)のショッピングモールです。しかしその立地性からあまり身近な存在ではありません。

aeon14.jpg

まずは改めてこのモールの概要から。開業は2006年11月で商業施設の延床面積は60,516平方メートル。出店数は166。駐車場収容台数は4,000台。対してイオンモール神戸南は店舗棟の延床面積が約60,700平方メートルで駐車場が1,300台。モールの規模としてはほぼ互角です。

aeon10.jpg

変型L字型の建物は内部が3層吹き抜け構造になっており、現代型モールの特徴である開放的で回遊性の高い空間構成が生み出されています。1階床は光沢のある石タイル貼りで明るく華やいだ雰囲気を演出。

aeon12.jpg

2-3階の床はカーペット敷となり、落ち着きのあるムードを生み出しています。

aeon13.jpg

空間設計は非常にゆったりとしていて開放感と余裕を感じさせます。買い周りの楽しさと歩き疲れた際の休憩スペースの提供を両立させています。郊外の駅前立地の百貨店や地方都市の中規模百貨店はこうした現代人が求める高いニーズへの対応を図る事はハード面からも到底不可能です。

aeon16.jpg

イオンモール神戸北が開業した2000年代後半には阪神地区に次々と大型ショッピングモールが誕生しました。これらの開業は神戸の都心部に立地する百貨店やハーバーランドの商業施設へ深刻な影響を及ぼしました。阪急百貨店の神戸からの撤退やそごう神戸店の売上激減はこうした競争激化による結果です。

aeon17.jpg

そんな中、イオンモール神戸北も開業からすでに10年を経過し、昨年には3分の1のテナントを入れ替える大規模リニューアルを実施しました。

aeon19.jpg

このモールの優位性は高速インターに近接している点と関西最大級のアウトレットモールである神戸北三田プレミムアウトレットモールに隣接している事です。2つの巨大モールが相乗効果によって補完し合う好循環が生まれています。

aeon18.jpg

全く同じ環境ではありませんが、イオンモール神戸南は同じくイオンモールが運営するハーバーランドumieから2kmという距離に立地し、二つのモールが相互に機能し合えれば、地域の活性化にも大きく寄与することが期待できます。写真は3階にあるフードコートです。開口部が大きくとられた明るい空間です。神戸南のフードコートも運河を眺められる3階に立地していますので、同様に明るい場所になるものと思われます。ただ神戸北は少し空間が手狭に感じられました。umieのように席を確保するのが困難という程の混雑ではなかったので、神戸南の開業後はこうした混雑の緩和も期待できるでしょうか。

aeon15.jpg

神戸南は着工までに何度も延期を経験しており、規模も縮小されてきました。コスト削減によって設計も見直され、当初、計画されていた神戸北同様の複層吹き抜け空間を多用した構造を取り止め、写真のように各層を完全に独立させる設計に変更されています。それでも各フロアをぐるっと一周できる回遊性のある構成にはなっているようです。3ヶ月後に神戸南のレポートを書くのが非常に楽しみです。

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/03/17 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)イオンモール神戸南新築工事 

ionmall178.jpg

旧中央卸本場跡で建設が進む大型商業施設「イオンモール神戸南」。新川沿いの外装が遂にここまで顕わとなりました!AEON MALLのロゴも出てきました。

ionmall179.jpg

養生ネットや足場に覆われている部分も残りあと僅かのみとなりました。

ionmall180.jpg

壁面3ヵ所に設けられた三角形(台形?)の装飾パネルの完成形はこれです。数字の「3」は何を意味するのでしょうか。

ionmall182.jpg

南側から見た全景です。周辺の住民の皆さんは開業を心待ちにしているでしょうね。

ionmall183.jpg

運河プロムナード越しに見るイオンモール神戸南。3の文字が見えるようになって、まるで急に機動戦士ガンダムやパトレイバー等のアニメに出てくる格納庫や戦艦のようにも見えてきました。モールの開業後は今は静かなこのエリアも賑やかになるのでしょうか。やはりこの辺りに歩行者専用の橋が架橋されると回遊性が向上すると思われます。

ionmall185.jpg

プロムナードの柵の欄干に集う海鳥達はイオンモールの開業をどう見ているのでしょうか。

ionmall187.jpg

駐車場棟の鉄骨建方も大詰めを迎えています。ただ東側は西側と比較するとまだ工事の進捗は遅いようです。

ionmall186.jpg

モール建設地の南側にあるII期地区。冷蔵棟がまだ機能しています。II期地区の開発方針はいつ頃決まるのでしょうか。歴史資料館も良いですが、沿線人口が増え、エリアの価値を向上させるような優良で憧れを抱かせるような住宅開発を目的としたコンペも実施するべきかと思います。昨日のOPA2、このイオンモール、umieのNorth Mall改装と今年はイオン攻勢が重なります。

category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/28 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)イオンモール神戸南 新築工事  



中央卸売市場本場跡地で建設中のイオンモール神戸南。新川沿いに面した外観が徐々に顕になっていますが、更に養生ネットと足場が取り払われた部分が拡大しました。



中央部から始まったネット撤去は南側に拡大してきています。



南側最上階のフードコート開業予定部分も姿を現しています。



水平に開口部を大きくとり、ガラス張りとした3階部分。眼下に運河、背景にJR兵庫駅前周辺の高層マンションを見渡せる眺望の良いフードコートが誕生します。

3kaiheimenzu.jpg

モールの3階平面図です。青い部分がフードコートになります。

ionmall175.jpg

次週にはもっと完成形に近づいた姿をレポートできるのではないかと思います。モールの開業効果が周辺地域の活性化にどれだけ貢献するのか。期待値は未知数です。非常に気になる出店テナントですが、まだ求人等も解禁されておらず、ベールに包まれている状態です。同時期に開業予定のumieのイオンスタイルはすでに人材募集を開始しています。売り手市場の昨今、新規開業の大型商業施設も人集めは簡単ではありません。

ionmall176.jpg

運河に面したテラスへ開ける1階のエントランス周りです。モール開業予定時期までもう5ヶ月を切りました。周囲ではまだ新たに分譲マンション等の建設が活発化している訳ではありません。しかし大規模な工場跡地も点在し、再開発による今後のポテンシャルは高いと思われます。

ionmall177.jpg

運河の護岸もプロムナードの構築に向けて工事が始まっています。思ったよりもプロムナードの幅員は大きくとられている感じです。地下鉄海岸線のみならず、JR兵庫駅南側にもどういった効果が出てくるのかを検証するのが楽しみです。



category: 中央卸市場跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/02/22 Wed. 06:30 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top