こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

新港第1突堤再開発が完了 

pier178.jpg

10年に渡る開発がここに完了した新港第1突堤再開発事業計画。リーマンショックによるプロジェクト頓挫を経て、計画と事業者を変更した上でようやく完成まで漕ぎつくことができました。去る12月17日にホテル棟の「神戸みなと温泉 蓮」とコンベンション棟の「ラスイートオーシャンズガーデン」が開業。神戸市が同時に進めた周囲の新港第1突堤緑地の整備事業も完了し、供用開始となりました。

pier179.jpg

和モダンをコンセプトとした温泉旅館である蓮の北側敷地内ガーデンは松の木を多く植えて日本庭園風に演出されています。

pier180.jpg

突堤外周部の緑地。緑地と言われてもあまりピンと来ませんね。

pier181.jpg

ポーアイのしおさい公園を彷彿とさせる緑地。防潮も兼ねた植栽。照明も多く設置され、夜間の賑いも期待できるよう整備されています。

pier183.jpg

柵の内側は蓮-オーシャンズガーデン間を結ぶ敷地内道路+広場です。

pier198.jpg

ラスイートのテイストが盛り込まれた敷地内から眺める神戸港。神戸らしい名風景が誕生したんではないでしょうか。ガイドブックの表紙をも飾れる景観なのではないかと思います。

pier184.jpg

蓮を間近で見上げます。

pier185.jpg

ホテル前に整備された天然温泉プール。小規模ですが、温水ですので真冬でも楽しめるようです。

pier187.jpg

開放的な空間が広がり、とても気持ちが良い場所です。

pier188.jpg

ラスイートオーシャンズガーデンはラスイートホテルまんまな感じですね。

pier189.jpg

敷地最南端にガラス張りのチャペルが備わります。

pier193.jpg

第1突堤のロケーションには素晴らしい環境が整っていることを改めて感じました。

pier190.jpg

突堤先端には大きな空間が広がります。色々なイベントが今後も開催されるのではないかと思われます。

pier191.jpg

突堤先端から眺める中突堤方面。青い海、空、神戸港を囲む個性的な建物群。ザ・神戸の名景。

pier196.jpg

完成直前時は正直、この場所には小粒で不釣り合いな規模の建物だと思っていました。今もその印象は変わっていませんが、全体的な計画としては現状のベストが尽くされたのではないかと思います。

pier195.jpg

第1突堤の開発が完了し、自ずと次の視点は第2突堤に移ります。先端の上屋は全て撤去されましたが基部周辺にはまだ建物が稼働中です。

category: 新港第1突堤

2015/12/21 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

新港第1突堤再開発 神戸みなと温泉「蓮」+ラスイートオーシャンズガーデンの夜景  

pier170.jpg

新港第1突堤の再開発として建設が進められてきた宿泊施設とコンベンション施設である神戸みなと温泉「蓮」とラスイートオーシャンズガーデン。建物は竣工し、周辺整備も完了して、あとは開業を待つばかりと思っていましたが、なんと建物と突堤全体の照明がすでに点灯されている事を発見。急遽、緊急取材を行ってきました。

pier169.jpg

神戸みなと温泉「蓮」。昼間は正直あまりパッとしない印象ですが、夜の雰囲気はなかなかどうして期待以上の出来でした。塔屋部分のライトアップはあるかなと思っていましたが、光量もなかなかでかなり目立っています。また各客室にもメリケンパークオリエンタルのように照明が付いたことで建物全体が闇に浮かび上がっているように見えます。

pier171.jpg

ラスイートオーシャンズガーデンも煌々とその存在感をアピールしています。音楽が流れていたので、もしかしたら関係者を集めての竣工パーティが開かれていたのかもしれません。

pier172.jpg

ルミナリエの開催と重ねて開業記念の全館点灯と開業パーティーのイベントを実施していたのだと推測します。

pier173.jpg

これは嬉しい誤算でした。照明演出についてはかなり綿密に計算されたのかもしれません。

pier174.jpg

ただ今回は全館点灯なので、開業後の通常稼働時もいつもこの光量を放っている訳ではないでしょう。

pier175.jpg

メリケンパークから見た第1突堤。煌々と輝く蓮とラスイートオーシャンズガーデン。神戸ウォーターフロントの夜景の新名所が誕生しました。

pier176.jpg

今回の冒頭の撮影場所は中突堤の東側の岸壁です。メリケンパークオリエンタルの足元であり、神戸港の美しい夜景を360°堪能できます。

pier177.jpg

最後のおまけは岸壁から見た三宮方面の高層ビル群です。

category: 新港第1突堤

2015/12/10 Thu. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 9

go page top

神戸みなと温泉 蓮 

pier163.jpg

新港第1突堤の再開発によって来月17日に開業予定の和モダン温泉旅館「神戸みなと温泉 蓮」。すでに建物本体は竣工しており、周辺整備やオープンに向けての最終準備が着々と進められているようです。

pier164.jpg

「和モダン」をコンセプトとした宿泊施設だけに周辺部も和のテイストがふんだんにちりばめられています。

pier165.jpg

突堤基部からホテルのエントンラス方面に向かうアプローチ沿いには松が植樹され、敷地内の庭園も多くの松が並ぶ日本庭園となっています。

pier167.jpg

エントランス周りも完全に和の雰囲気を醸し出しています。都会のウォーターフロントに出現した完全な天然温泉旅館。ある意味、新鮮で新しいコンセプトです。かと言って典型的な温泉旅館に留まらず、全室オーシャンビューのモダンテイストな客室やフィットネス、プール、岩盤浴等もあり、シティリゾートと旅館の融合体のような宿泊施設になります。

pier166.jpg

建物は竣工しましたが、まだ突堤内には立入ができません。もう数週間の辛抱です。温泉は宿泊客以外でも日帰りプランを利用することで楽しめますが、土日は2700円掛かります。また日帰りの場合は中学生未満は利用できないので、大人がゆっくり寛げる空間を維持できる環境が整っています。

pier168.jpg

建築事務所が立っていた北側は整地されていました。恐らく駐車場が整備されるのではないかと思われます。大阪、京都に比べてまだ外国人観光客の数は少ない神戸ですが、この施設はかなり魅力的な存在になるのではないでしょうか。

category: 新港第1突堤

2015/11/25 Wed. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 5

go page top

新港第1突堤再開発 神戸みなと温泉「蓮」+ラスイートオーシャンズガーデン  

pier160.jpg

神戸みなと温泉「蓮」+ラスイートオーシャンズガーデンが建設中の新港第1突堤に今年も大型練習帆船「海洋丸II世」が寄港しています。

pier162.jpg

ラスイートオーシャンズガーデンの周りで植栽が始められました。殺風景なコンクリートの突堤に潤いの緑が登場する姿には感動を覚えますね。

pier154.jpg

海王丸の見物客が多く突堤を歩いていたので一時的に突堤内が開放されているようだったので、現地まで足を運びました。以前にもお伝えしていましたが、殺風景なアスファルトだった突堤が明るいレンガ調ブロックが敷き詰められて大幅に生まれ変わっていました。

pier161.jpg

突堤内には新たな防潮壁と扉が設けられており、高潮等いざという際には都心部への水の浸入を防ぐ防波堤として機能します。

pier157.jpg

まだまだ突堤内は造成工事の真っ只中でした。フラワーロードに設置されたのと同じデザインのLED街灯が備えられています。勿論、電線は地中化されており、無粋な電信柱は存在しません。

pier158.jpg

内装工事が進められている宿泊棟・神戸みなと温泉「蓮」。近くで見ると意外に大きいです。

pier156.jpg

停泊中の帆船海王丸。今後もこれらの練習船は第1突堤の寄港を継続するのでしょうか。

pier155.jpg

実はこの日は一般人の立ち入りは禁止でした。一部の許可を得た人々のみが立ち入りを許されていたようです。海保の方に注意されてしまいました。同じく注意されていた人が沢山いました。皆さん私同様に勘違いされていたみたいです。ですので、当記事を見られて突堤に行かれてもまだ中には入れませんのでご注意下さい。我々が出た後にしっかりとゲートが閉じられてしまいました・・・。それでも少しだけ突堤内の様子をいち早く見ることができたので役得役得。

category: 新港第1突堤

2015/09/07 Mon. 07:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top